FC2ブログ

『ターミナル・マン』マイクル・クライトン ハヤカワ文庫

2008-11-22

☆☆☆

ロサンジェルスの大学病院に一人の男が収容された。彼の名はベンスン。精神性の発作で暴力をふるう危険な男だった。病院当局は彼の発作を制御するためコンピュータを埋めこむことを決定する。手術は成功したかに見えたが、ある夜、患者つき精神科医のロスが病室を訪れるとベンスンは姿を消していた。しかも不測の事態が発生し、彼は六時間後に制御不能の発作を起こすという。闇に消えた男を追って必死の捜索が始まった! 内容紹介より



11月4日、マイクル・クライトン氏がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

恐竜好きなわたしにとって『ジュラシック・パーク』の衝撃がすごかったせいか、この人の作品に精通している気でいましたが、訃報に接し、実はほとんど読んでいないことに今さらながら気が付いた次第です。
そこで故人を偲びつつ、本書から読んでみることにしました。

著者のテーマのひとつである、人間と科学技術との関係、進歩するテクノロジーと生命や心との問題や課題が取り上げられています。あの傑作『ジュラシック・パーク』でも恐竜を復活させる遺伝子工学と生命倫理の問題がありましたが、本書では人間の脳をコンピューターによって制御する精神制御が取り上げられています。この二つの作品はプロットも似通っていて、最先端科学技術の人・生物への応用実験、それに反対ないし批判的人物の存在、計画の成功、なんらかの理由による齟齬の発生、厄災という流れです。
本書は、いかにコンピューターを使って発作をコントロールするのかという部分が興味深く、ベンスンの手術から失踪までは読みごたえがあります。しかし、その後の事件と捜査の部分になると少し盛り上がりに欠ける気がします。

医学やコンピューターについての複雑で難しい事柄を分かりやすく、ストーリーのテンポを落とさず読ませる作者の才能には改めて感心させられました。文中において時代劣化を起こしやすいコンピューターの記述部分がそうなっていないこともすごいですね。



ターミナル・マン (ハヤカワ文庫NV)ターミナル・マン (ハヤカワ文庫NV)
(1993/04)
マイクル クライトン

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

てんちゃん1号さんのコメント

ゴーダイさん、初めまして。


コメントありがとうございます。

HP覗かせていただきました。
わたしも恐竜とくに小型肉食竜が好きです。
クライトンという作家は、ほら話というと語弊がありますが、
フィクションに科学的裏付けを与えるのがとんでもなく上手だと思います。
本書のアイデアも将来ありそうな気がします。

ゴーダイさんのコメント

はじめまして

私もクライトンと恐竜が大好きです!

「心臓のペースメーカーと同じ」という簡単な発想でとりつけた精神制御装置が患者の振る舞いを支配してしまうというアイディアはぞっとしましたよね。

ただベンスン氏は『ジュラシックパーク』のヴェロキラプトルのように虐殺の限りを尽くすのかな?と思ったら、けっこう速く警察が動いてくれて、ラストの落とし方はやや急ピッチだと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ C・J・ボックス ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ヘニング・マンケル ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン S・J・ローザン カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン スチュアート・ウッズ パーネル・ホール ピーター・ラヴゼイ ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ クレオ・コイル ヒラリー・ウォー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフ・アボット イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン G・M・フォード ポール・ドハティー ジャン=クリストフ・グランジェ リン・S・ハイタワー ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ウイリアム・P・マッギヴァーン サイモン・カーニック スタンリイ・エリン クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ ジョアン・ハリス ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ ジョン・クリード レニー・エアース デイヴィッド・マレル コニス・リトル オーサ・ラーソン ファーン・マイケルズ レイ・ハリスン エヴァン・マーシャル ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ビリー・レッツ サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー イーサン・ブラック リック・ボイヤー エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント