『野兎を悼む春』アン・クリーヴス 創元推理文庫

2018-02-25

☆☆☆☆

シェトランド署の刑事サンディ・ウィルソンは、実家のあるウォルセイ島にいた。祖母のミマから電話で請われ、久しぶりに彼女の小農場を訪ねたサンディは、こともあろうにその祖母の死体の第一発見者となってしまう。ミマは一見、ウサギ狩りの銃弾に誤って撃たれたように見えた。親族間に潜む長年のわだかまりや、本土から来た調査班が小農場の敷地でおこなっている遺跡の発掘とは無関係の、単なる事故のはずだった。だが……。島に渡ったペレス警部がえぐり出す、事件の真相とは。現代英国ミステリの最高峰〈シェトランド四重奏〉、圧巻の第三章。 内容紹介より



原題の“RED BONES”のとおり、被害者が一人暮らしていた農場敷地内の、ハンザ同盟に関係すると思われる遺跡から発掘された骨から事件は端を発します。第二次世界大戦中、島民は英海軍とともに、ノルウェーによる対ドイツへの抵抗運動に協力していた歴史もあります。そういう時代背景を据えて、作者はこれまで同様に、被害者の家族、親戚、発掘作業に携わる大学関係者、捜査を指揮する警部、これらの人物たちの視点をその時々に移しながら、彼らの心の機微を緻密に描写し、人間関係に潜む心理をあらわにして見せます。悲惨な物語にもかかわらず、こういう物語を織り上げるデリケートな手際が読んでいてとても味わい深く、読み心地が良い感じがしました。遺跡を発掘するみたいに、事件の全容が断片からじわじわと形を採りはじめていく進み方も雰囲気を盛り上げていると思います。また、これまで頼りなかったサンディ刑事の人間的な成長の一面も描かれているのも一興です。

『大鴉の啼く冬』
『白夜に惑う夏』




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『白夜に惑う夏』アン・クリーヴス 創元推理文庫

2010-05-03

☆☆☆☆

シェトランド島に夏がやってきた。人びとを浮き足立たせる白夜の季節が。地元警察のペレス警部が絵画展で出会った男は、次の日、桟橋近くの小屋で道化師の仮面をつけた首吊り死体となって発見された。身元不明の男を、だれがなぜ殺したのか。ペレスとテイラー主任警部の、島と本土をまたにかけた捜査行の果てに待つ真実とは?現代英国ミステリの精華〈シェトランド四重奏〉第二章。 内容紹介より



古代から人々が暮らし、地面を掘れば古い頭蓋骨がごろごろ出てきそうな島にある小さな町。当然、そこに暮らす人たちの人間関係も緊密にならざるを得ない。白夜が秘められた過去の出来事を浮かび上がらせて、新たな事件が起きる、ジャジャーンみたいな。
というか、白夜って体験したことがないからどんなものなのか、夜でも明るいとどういう感覚になるのか想像できません。たぶん、ハイテンションになるのでしょうけど、それが幾日も続いたらどうなるのでしょうか。
ということで、人物や自然描写に秀でているのはもちろん、視点の受け渡しが丁寧で繊細な作者のテクニックは、前作同様に感心します。しかし、内容の出来自体はやや落ちるような。前作の感想でも言いましたけれど、前回の「映画」、今回の「写真」といい、この作者はストーリーのキーポイントととなるものを読者に提出するのが遅いですね。しかも本書では「一枚の写真」で事件解決への道筋がつくというのもあっけなくて芸がない気がしました。

『大鴉の啼く冬』アン・クリーヴス 創元推理文庫




白夜に惑う夏 (創元推理文庫)白夜に惑う夏 (創元推理文庫)
(2009/07/30)
アン・クリーヴス

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『大鴉の啼く冬』アン・クリーヴス 創元推理文庫

2009-12-16

☆☆☆☆

新年を迎えたシェトランド島。孤独な老人を夜に訪れた黒髪の少女は、四日後の朝、雪原で死んでいた。真っ赤なマフラーで首を絞められて。顔見知りばかりの小さな町で、誰が、なぜ彼女を殺したのか。ペレス警部の捜査で浮かびあがる、八年前の少女失踪事件との奇妙な共通項とは?現代英国本格派の旗手が緻密な伏線と大胆なトリックで読者に挑戦する、CWA最優秀長篇賞受賞作。 内容紹介より



まあ、行ったことはないんですけど、冬のシェトランド島が舞台ということもあって、読み進むにつれ、静ひつな空気の中、雪のように作者の言葉が深々と舞い降り、降り積もって作品を形作っていくような雰囲気を感じました。三人称多視点は多くの場合、動きを伴う場面転換として用いられると思いますが、本書においては、ハンディカメラじゃなく、四つの定点カメラの画像を切り替えるみたいに動きが少ない印象です。四人の視点のうち一人を除いて感情のトーンが同じくらい低いために、落ち着いた物静かなイメージを作品に与えているのかもしれません。しかし、一方では、そのせいで全体的に平板さを感じてしまうのも否めないわけです。
それと事件の謎を解くひとつのキーワードである「映画」という言葉が登場するのがやや遅いかなと思います。二人の警部の容疑者に対する考え方が対立せずに同じ意見なのも気になりました。進行上、その部分はキャラが被ってても意味がないような。 
細かいことを言いましたが、何はともあれ優れた作品であることは間違いないです。




大鴉の啼く冬 (創元推理文庫)大鴉の啼く冬 (創元推理文庫)
(2007/07)
アン・クリーヴス

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー ローラ・チャイルズ ジョアン・フルーク キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ドン・ウィンズロウ ジョー・R・ランズデール ポーラ・ゴズリング C・J・ボックス エド・マクベイン ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン ヘニング・マンケル ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン レジナルド・ヒル スチュアート・ウッズ アリス・キンバリー レックス・スタウト パーネル・ホール ジョルジュ・シムノン S・J・ローザン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ レスリー・メイヤー クレオ・コイル カーター・ディクスン ジェフ・アボット ジャック・カーリイ ヒラリー・ウォー ジェフリー・ディーヴァー アイザック・アシモフ コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン マイケル・ボンド イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ G・M・フォード ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ポール・ドハティー ウイリアム・P・マッギヴァーン ケイト・ロス レニー・エアース サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ジョアン・ハリス ドナ・アンドリューズ クリスチアナ・ブランド オーサ・ラーソン アン・クリーヴス アンドレア・カミッレーリ デイヴィッド・マレル アンソニー・ホロヴィッツ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル ジャン=クリストフ・グランジェ コニス・リトル スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ジョン・クリード ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ダナ・レオン ジェーン・ラングトン ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウォルター・サタスウェイト エーリヒ・ケストナー イーサン・ブラック ユージン・イジー サキ スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント