『パニック!』ジェフ・アボット ヴィレッジブックス

2017-06-28

☆☆☆

それはある朝、一本の電話から始まった—。新進気鋭の映像作家エヴァンは母からの電話で起こされた。帰ってきてほしいという母の切迫した口調に驚いた彼は実家へ急ぐが、そこには変わりはてた母の姿が……。だが、エヴァンを待っていたのはそればかりではなかった。銃を持った連中に襲われ、死を覚悟した瞬間,謎の男に間一髪で救出される。訳がわからぬまま、身の危険を感じてひたすら逃亡するエヴァン。誰が味方で誰が敵か?謎が謎を呼び、死が死を呼ぶ……。エヴァンはこの危地を乗り越え、真相にたどりつくことができるのか?人気ミステリー作家が初めて挑んだ、超ハイスピード・サスペンス! 内容紹介より



〈図書館長ジョーダン・ポティート〉シリーズと〈モーズリー判事〉シリーズで知られる作者ですけれど、ノン・シリーズの本書の主人公のイメージがその二つのシリーズの若者のそれに重なりました。モラトリアムな感じを受けるところは、デイヴィッド・ハンドラーの主人公たちにどことなく似ている気もします。さて精神的な未熟さを感じさせる主人公が母親の死を機に、CIA、フリーランスのスパイたちが暗躍する陰謀の渦中に放り込まれ、逃亡劇、母親の死の真相究明と行方不明の父親探しが、プロ対アマテュアという冒険小説の一つの定番の形で繰り広げらていきます。展開はややもたつくところがありますが、それなりにスピーディーといっても良いでしょうし、ぎりぎり高校生までにはウケるかもしれない娯楽小説には仕上がっています。しかしながら、悪役コンビの行動がドタバタし過ぎです。衆目に晒されている状況での派手な銃撃戦や追跡を二度も行うなんて、極力他人の注目を引かないように心がけるスパイの行動とはかけ離れて、プロがプロらしくないまるでギャグにしか思えませんでした。プロットも旧態依然な感があって,まるで幽霊のごとくソ連の話が出てくるし、いっそのこと時代設定を古めにしたらどうかとも思いましたが、それだと現代ミステリにおける魔法の小箱であるパソコンとネットが使えなくなりますね。

ユーザータグ:ジェフ・アボット




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『海賊岬の死体』ジェフ・アボット ハヤカワ文庫

2009-11-04

☆☆☆☆

Tシャツ、チノパン、サンダル姿のお気楽判事モーズリー。恋人もできて順風満帆だったが、その矢先、彼女のおじが殺されてしまった。そのおじが所有する土地に、海賊の秘宝が埋まっているという魅惑的な噂があったのだが……。頭のきれるトレジャー・ハンター、狂信的な海賊フリーク、考えのない絶倫男。ひとくせもふたくせもある人間たちが、熾烈なお宝争奪戦を繰り広げる。海賊たちも仰天の奇想天外な騙し合いの行方は? 内容紹介より



モーズリー判事・シリーズ三作品のなかで一番面白かったです。
主人公たちが殺人事件の調査を行っている場面に、警官とその友人が乗ったヨットが何者かにシージャックされる場面が挟み込まれていて、だれることなく非常にさくさく読めました。ミステリ小説のなかで関係者に聞き込みをしてまわる部分が長々と続くとかなり退屈してしまうものですが、そこに現在進行形の事件を挿入することで読者の興味を結果的に高める効果がでてます。ストーリーのなかの静と動といいますか、強弱のアクセントが付いています。しかし、後半、グーチが事件に係わりだしてから人物と出来事が錯綜し始めてリズムが乱れました。
それから、この主人公のお気楽ぶりというかモラトリアム人間さはもっと強調して描いても良いのではないでしょうか。作者が徐々に成長させていくつもりなのかもしれないけれど、若くて善い人だからどうしても印象がぼんやりしてる感じにとれるんですよね。
海賊にまつわる宝物の話は平凡過ぎて興味を惹かれませんでした。

『さよならの接吻』ジェフ・アボット ハヤカワ文庫
『逃げる悪女』ジェフ・アボット ハヤカワ文庫




海賊岬の死体 -モーズリー判事シリーズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)海賊岬の死体 -モーズリー判事シリーズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2004/07/08)
ジェフ・アボット

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『逃げる悪女』ジェフ・アボット ハヤカワ文庫

2009-09-18

☆☆☆

お気楽判事モーズリーは燃えていた。何年も前に自分を捨てた母を見つけたい!あの手この手で行方を追い、ついに見つけたのはいいけれど、母はギャングになっていた!しかも麻薬取引の金を組織から盗んで逃走中。さらに金を狙い、シェイクスピア・マニア、自己啓発マニア、オタクなストリッパーなど変な奴らが跡を追う。逃げる母親、追う判事。銃弾飛び交う街中を母を求めてモーズリーがゆく。ハイテンション逃亡小説 内容紹介より



ややネタバレしています!ご注意下さい。

シリーズ三作目。
コカインの取引で勢力を盛り返したいギャングの若きボス、コカインを餌に大金を狙うフロリダの麻薬組織、そして、もうひとつの勢力。これらが三つ巴になって騙し合い、殺し合う渦中に巻き込まれた母親を捜す主人公モーズリー判事。今回は主人公の管轄外の街で起きた抗争にかかわり合いになってしまった話なので、ミステリよりクライム・ノベル風な雰囲気で話が展開していきます。拉致され監禁されるエピソードが二回も挿入されるところとか、やや後半にかけての流れが長くてくどいような気がしました。それから、もうひとつの勢力のカードゲームにおけるジョーカーみたいな存在*がちょっと都合が良すぎて、ギャングと麻薬組織の二大勢力のガチバトルを想像していたら横からかっさらって行って(殺し回って)肩透かしを食らったみたいな。彼らの殺しを決行する場所とタイミングがどうも説明不足に感じました。
全体的にもっと短くしたほうが疾走感というか硝煙のなかを駆け抜ける感じが出て来て良かったのではないかと思いました。

*彼らは、モーズリーも含めて家族愛というテーマに括られているのかもしれませんが、ほとんどそれについての言及はなくて復讐というテーマがより目立っています。

『さよならの接吻』ジェフ・アボット ハヤカワ文庫




逃げる悪女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)逃げる悪女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2005/01)
ジェフ アボット

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「殺しのグレイテスト・ヒッツ」ロバート・J・ランディージ 編 ハヤカワ文庫

2008-08-11

☆☆☆

【ころしや 殺し屋】主に金銭の報酬と引き換えに、他人の生命を奪うことを職業としている人—ミステリの世界では欠かすことの出来ない存在である殺し屋だが、彼ら彼女らが主役となることは滅多にない。いつの世にも殺し屋たちは脇役であり、敵役だった。だが本書では、殺し屋たちはその立場に甘んじてはいない。ここでは殺し屋が堂々の主役なのだ! アンソロジーの名手がオールスターキャストで送る、殺しの旋律15篇! 内容紹介より



ヘミングウェイでさえ「殺し屋」という作品を書いているくらいだから、ミステリに登場する機会は多いけれど、殺し屋が主役になっている作品はたしかに少ないですね。本書にも収録されているローレンス・ブロックの〈ケラー・シリーズ〉、フォーサイス『ジャッカルの日』、ノエル『長く孤独な狙撃』、ヒギンズ『死にゆく者への祈り』、イーヴリン・スミスの〈ミス・メルヴィル・シリーズ〉、ざっと思い付くのはこれくらい。本書の収録作品には頭抜けたものはないけれど、さすがにどれもレベルが高いと思います。タイトル『GREATEST HITS』の”Hits"を命中とかhit manに掛けたのはややオヤジギャグぽいです。

『殺し屋』に収録されている「ケラーのカルマ」
ケラーが犬を飼い始め、仕事で出張するためにペットシッターを雇ったころの話。あまり描かれない殺し屋の普通な日常とスリリングな仕事との対比が異様な雰囲気をかもし出す。

「隠れた条件」ジェイムズ・W・ホール
格安の値段のお得な殺し屋。でも殺すべき理由に納得がいかないと仕事はしないよ。殺し屋の職域を超えてます。孫ガキがギャーギャー騒ぎまわる住居環境と部屋の壁についた血や骨片。生活感ありすぎ。

「クォリーの運」マックス・アラン・コリンズ
リタイヤした殺し屋の回想。結局、懐古するところはそこなのかと突っ込みたい。

「怒りの帰郷」エド・ゴーマン
別れた息子の葬式に帰ってきた殺し屋の話。ウェット&クール。

「ミスディレクション」バーバラ・セラネラ
なかなか見られない女殺し屋の話。このトリックはありえない。

「スノウ、スノウ、スノウ」ジョン・ハーヴェイ
長編の冒頭を切り取ったみたいな作品。続きが読みたいものです。しかし、どうして強盗の犯行に見せかけないのでしょうね。

「おれの魂に」ロバート・J・ランディージ
雇い主から姿を消した元殺し屋と元警官の友情がなかなか良いです。腕の良い職人はどこも手放したくない。

「カルマはドグマを撃つ」ジェフ・アボット
ジョニーはドッグを轢く、マシーニはエームズを雇う、殺し屋は標的の意外な正体を知る。

「最高に秀逸な計略」リー・チャイルド
こんな小賢しいことをしていたら仕事の依頼が来なくなりそうですけど。

「ドクター・サリヴァンの図書室」クリスティーン・マシューズ
クレージーユーモア系でユニークな作品。このような作風は貴重だし、好みです。

「回顧展」ケヴィン・ウィグノール
一転してしみじみ系。ちょっと簡単に納得し過ぎる気もしますが。

「仕事に適った道具」マーカス・ペレグリマス
バイオレンス系。山口さんや住吉さんそれから稲川さん、適材適所という言葉を組長さんに教えるときはこれをテキストに使いましょう。

「売出中」ジェニー・サイラー
男女の違いと言いますか、考え思い込み過ぎる男と合理的現実的な女。要するにやるかやられるかというのをいまいち男というのは分かっていない。頭では分かっているけど。

「契約完了」ポール・ギーヨ
アイデアが変わっていてプロットも良くできている。

「章と節」ジェフリー・ディーヴァー
いかにもディーヴァ—らしい。このひと、こんなことばかり考えて頭疲れないんだろうか。長編むきな作家ですよね。




殺しのグレイテスト・ヒッツ―アメリカ探偵作家クラブ賞受賞 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 332-1))殺しのグレイテスト・ヒッツ―アメリカ探偵作家クラブ賞受賞 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 332-1))
(2007/01)
エド・ゴーマンロバート・J.ランディージ

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「さよならの接吻」ジェフ・アボット ハヤカワ文庫

2008-07-05

Tag : ジェフ・アボット

☆☆

犯罪のない町ポートレオでは、判事の仕事も気楽なもの。だから最近までアルバイトを転々としていた青年モーズリーが判事になっても、なんの問題もなかった。でも男の惨殺死体が発見され、状況は一変。しかも男が上院議員の息子でアダルト・ビデオ男優だったとわかり、大スキャンダルに発展する。満を持してモーズリーが難事件を解決に導く……か? 型破りなほどフレンドリーな判事が活躍する、話題の新シリーズ第一作。 内容紹介より



図書館長シリーズはそうでもなかったのに、これは無駄に長くて、途中でどうでもよくなりました。最後まで読めば、明らかになる真相はなかなか上手くできていることがわかるのですが、そこに至るまでの進行がダレダレでめげます。自殺か他殺かひっぱりすぎ、読者にはご丁寧に内容紹介で「惨殺死体」と知らされていて、他殺なのは分かってしまっているのですから登場人物にも早く分からせろよと言いたい。カットバック手法にシリアルキラーの視点を挿入する工夫はしていますが…。元アルバイト青年の判事の設定は物珍しさがありますし、大岡裁きみたいな判決は面白いと思います。しかし、その他大勢に魅力がないような、余計な存在のようなのが多い気がします。魅力的なのはグーチくらいですが、この謎の助っ人の存在も取って付けたような都合の良さを感じます。
こういうコージー系ミステリにはとくに脇役の描き方が重要ですよね。

amazonで本書に付いている“モースリー博士の事件メモ”というサブタイトルはいったいどこからきたのだろう?モーズリー判事の事件メモならわかるけど。



さよならの接吻 (ハヤカワ・ミステリ文庫 モースリー博士の事件メモ)さよならの接吻 (ハヤカワ・ミステリ文庫 モースリー博士の事件メモ)
(2004/03/24)
ジェフ・アボット

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー アーロン・エルキンズ ルース・レンデル スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョー・R・ランズデール ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ジョージ・P・ペレケーノス ドン・ウィンズロウ ポーラ・ゴズリング ジェームズ・パターソン エド・マクベイン ジェイムズ・パタースン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル C・J・ボックス ローレンス・ブロック リチャード・マシスン D・M・ディヴァイン レジナルド・ヒル スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン ジャネット・イヴァノヴィッチ ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール アリス・キンバリー レックス・スタウト S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ カール・ハイアセン ウィリアム・カッツ クレオ・コイル マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ カーター・ディクスン ジェフ・アボット マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ヒラリー・ウォー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフリー・ディーヴァー アイザック・アシモフ ジョン・ディクスン・カー イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン ローラ・リップマン ポール・ドハティー フレッド・ヴァルガス G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント