FC2ブログ

『異国に死す』ドナ・レオン 文春文庫

2019-07-21

Tag : ダナ・レオン

☆☆☆

死体は運河のくすんだ水にうつぶせに浮いていた—被害者はアメリカ人青年。単なる物取りの犯行と決めつける上司にさからい、ブルネッティ警視は執拗に事件を追うが、その背後には巨大な闇の力が存在していた!サントリーミステリー大賞受賞作家が、観光都市ヴェネツィアの素顔と多彩な人間模様を丹念に描きこんだ異色作。 内容紹介より



著者は、グイード・ブルネッティ警視 シリーズの第一作目である『死のフェニーチェ劇場』(文藝春秋)でサントリーミステリー大賞、『ヴェネツィア殺人事件』(講談社文庫、著者の表記はダナ・レオン)でCWA賞を受賞しています。本書は1993年に発表されたシリーズ第二作目にあたります。イタリア在住の作者による、部外者のフィルターがかかったヴェネツィアという華やかで賑やかな世界的観光地の観光客の目に触れない裏側や影の部分、風土や住人気質が良く描かれているように感じます。家庭においては思いかけず手に入った大金の使い道(娘のパソコンや家族旅行)をあれこれ悩んだり、思春期の息子の初恋にうろたえたりと、どこにでもいる夫であり父親で、仕事では地道な捜査を続ける公務員タイプの主人公ですが一本芯が通った正義感の持ち主です。そんな彼が手がける事件は、イタリアにある米軍基地に所属するアメリカ兵刺殺事件です。手がけるうちにイタリア社会に存在する暗部に足を踏み入れてしまうことになります。巨大な闇の力、隠然たる勢力に対して、主人公はどのように立ち向かうのか。諦観と義憤のなか、力の及ぶ限り筋を通そうと努める姿が印象に残る作品です。深く大きな闇を背景にした普通の家庭(人)を描くのが本シリーズの基本テーマなのでしょう。

『ヴェネツィア殺人事件』講談社文庫
『ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する』講談社文庫




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ヴェネツィア殺人事件』ダナ・レオン 講談社文庫

2009-02-24

Tag : ダナ・レオン

☆☆☆☆

「お宅のアパートは未承認で違法です」 のどかな週末、警視ブルネッティを突然、生真面目そうな役人が訪ねてきた。だが男は数カ月後、謎の転落死を遂げる。一方、署では上司の息子の不祥事に巻き込まれ・・・。ヴェネツィア警察の、家庭を愛する中年伊達刑事登場。サントリーミステリー大賞作家レオンのCWA賞受賞作。 内容紹介より



『ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する』の前の作品。CWA賞を獲っているから言うわけではないけれど、二作目より本作のほうが出来がいいですね。警察組織の中に漂うマンネリ感を感じていながら、そういうことに怒らなくなり丸くなってしまった主人公が、自宅を訪れた役人の生真面目さや誠実そうな物腰に、後々好感を覚える。その感情を主人公が事件に積極的に関わる心理的要因に設定し、なぜ事故ではなく殺人事件と思ったのかという現実的な要件には、被害者のテラスでの行動を設定して物語の導入部分に無理がなく上手く組み立てられていると思いました。

『ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する』でも書きましたが、やはりヴェネツィアのような古い都というところは上辺は水に覆われ美しいけれど、その下には時代とともに澱が何層にも溜まってやがて腐敗し始めるのかもしれません。本書は、アウトサイダー*としての作者からヴェネツィア社会とそこの住人気質への警鐘としても読めるような気がします。その「闇」に対して主人公夫婦の「明」が、微妙にバランスをとっていて、過剰に暗くならない配慮がしてあるのと、作者の「澱」の掘り下げ方が良い意味でも悪い意味でも絶妙な気がします。つまりマフィア系のアンタッチャブルな存在をどの程度描くのかという問題を、今のところはスルーしている印象を受けました。まだ主人公をそれらに係わらせたくないのだろうなって。

*作者はヴェネツィア在住のアメリカ人。



ヴェネツィア殺人事件 (講談社文庫)ヴェネツィア殺人事件 (講談社文庫)
(2003/03)
ダナ レオン

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する』ダナ・レオン 講談社文庫

2008-10-24

☆☆

イタリア刑事はひと味違う。昼は妻のパスタを楽しむ中年警視ブルネッティ。コネ社会ヴェネツィアで、美人秘書と組み独自の手法で犯罪を追う。「祖父の過去の汚名を晴らしたい」と相談にきた女子大生が殺された。遺された口座への不審な巨額入金、略奪美術品の謎とは。CWA賞作家が贈る街の魅力満載の快作。 内容紹介より



『ヴェネツィア殺人事件』に続く二作目です。もちろん、わたしは前作は未読です。すみません。作者はヴェネツィア在住のアメリカ人だそうです。わたしの数少ないイタリアン・ミステリ読書歴(ここで言うイタリアン・ミステリとはイタリアを舞台にし、イタリア人が主人公のミステリの意味です。)イギリス人作家マイクル・デュブディンの「ゼン・シリーズ」とイタリア人作家アンドレア・カミッレーリの「モンタルバーノ警部シリーズ」に照らし合わせてみますと、主人公が美食家で自宅で昼食をとるところはモンタルバーノ警部に似ていますし、コネ社会に現されるイタリアに古くから溜まっている澱を描いているところはデュブディンの『血と影』を思わせます。後者の部分では、イタリアの戦争責任について触れているところが興味深いです。

ただ、ゼンに比べてもダナ・レオンが描く主人公はイタリア人らしくなく、世間(官僚組織や闇社会からの圧力とか)のしがらみのなかで苦悩するとかはなくて、どちらかといえば第三者的立場で物事を見ているみたいな印象があり、この影のなさや妻との会話などはなんだかアメリカ人のような気がしました。事件もそういう方向には向かいませんでしたし。

それにしても、事件に係わりのある過去の出来事や人物のことは何でも知っている伯爵である義父に、美術品のことに関しては友人の画家に、その他の事柄については副署長の秘書がインターネットでと、この主人公は情報収集を手近でお手軽にすませて調子が良すぎるんじゃないですかねえ。



ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する (講談社文庫)ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する (講談社文庫)
(2005/04)
ダナ レオン

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ヘニング・マンケル ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ ジェフリー・ディーヴァー リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジョルジュ・シムノン ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント