『運命のボタン』リチャード・マシスン ハヤカワ文庫NV

2017-02-26

☆☆☆☆

訪ねてきた見知らぬ小男は、夫婦に奇妙な申し出をする。届けておいた装置のボタンを押せば、大金を無償でご提供します。そのかわり、世界のどこかで、あなたがたの知らない誰かが死ぬのです。押すも押さないも、それはご自由です……究極の選択を描く表題作をはじめ、短篇の名手ぶりを発揮する13篇を収録。スピルバーグ、キング,クーンツら世界中のクリエイターたちに影響を与え、彼らに崇拝される巨匠中の巨匠の傑作集 内容紹介より



収録作品、「運命のボタン」「針」「魔女戦線」「わらが匂う」「チャンネル・ゼロ」「戸口に立つ少女」「ショック・ウェーヴ」「帰還」「死の部屋のなかで」「小犬」「四角い墓場」「声なき叫び」「二万フィートの悪夢」。

ふしだらで傲慢なある女性を殺したいほど憎んでいる“わたし”はヴードゥーの呪い(これがマシスンの得意ネタらしい)を用いて目的を果たそうとする「針」、世俗とか常識を受け入れてしまうと純真な心にあったものを失ってしまうことの過酷さを伴う悲劇を描いた「声なき叫び」、純粋であるからこそ持つことのできる能力と、その心のななかに潜む残酷さを描いた「魔女戦線」、この二つの作品は大人たちの利己的な動機によって犠牲になる子供たちの姿も現わしていると思います。匂いと怪談を組み合わせた「わらが匂う」、「戸口に立つ少女」、追い払っても始末しても舞戻ってくる白い犬「小犬」、処分されることに気づいたパイプオルガンの最期の咆哮、ブラドベリ風な「ショック・ウェーヴ」、タイムトラベルとホラーの組み合わせ「帰還」、砂漠地帯の田舎町のはずれに建つ喫茶店を舞台にした蒸発失踪もの。短篇であるため紙数に制限があること、地元の保安官が被害者よりであることで、サスペンス性と登場人物たちとの駆け引きがもう一つに感じられる「死の部屋のなかで」、コナン・ドイルの短篇「大空の恐怖」と同様に空に棲む怪物が登場する非常に印象に残る作品、オムニバス映画『トワイライト・ゾーン』の「2万フィートの戦慄」の原作ですが、主人公が精神的な問題を抱えている設定が効いています。短篇集『リアル・スティール』に収録されている「リアル・スティール」と同じ作品です。編者の尾ノ上浩司氏によると「リアル・スティール」のほうは、「四角い墓場」に手を入れているそうです。取り調べを録音した形式で綴られたモンスター系の作品でジャンク・ホラーっぽい「チャンネル・ゼロ」。あり得ない状況設定の流れのなかで、オチが実に現実的なものが意外に感じた「運命のボタン」。

ユーザータグ:リチャード・マシスン




商品詳細を見る





テーマ : 海外ファンタジー
ジャンル : 本・雑誌

『リアル・スティール』リチャード・マシスン ハヤカワ文庫NV

2017-02-20

☆☆☆☆

人間同士のボクシングが禁止された近未来、リングで闘うのは人間ではなく精巧なロボットたちになった。しかし変わらないものもある。華やかな勝利とは裏腹の負け犬は今でも存在する。旧式のロボットを抱え、落ちぶれて金もなく窮地に追いつめられた元ボクサーの男は、起死回生の手段に打って出る……名作「四角い墓場」(『運命のボタン』所収)を改題した表題作をはじめ、ホラーからユーモアまでを網羅した、巨匠の傑作集 内容紹介より



50年代から70年代に発表された作品を集めたものです。
「リアル・スティール」「白絹のドレス」「予約客のみ」「指文字」「世界を創った男」「秘密」「象徴」「おま★★」「心の山脈」「最後の仕上げ」

「リアル・スティール」小型ロボット同士を格闘させる競技会は日本でも催されているようですが、この作品は六十年前に時代を先取りしていた作品で、しかも、人間そっくりの人型ロボットが登場しています。ロボットの格闘シーンにリアルに迫力があります。

「白絹のドレス」有名なあの母親と息子の話ではなく、母親と少女のパターンをとったサイコスリラー。少女のこどもっぽい独白で構成されるストーリーがじわじわと恐い。

「予約客のみ」金銭欲、魔術、意外な舞台設定、この三要素を見事に絡めてまとめあげたショートショートのお手本のような作品に感じました。

「指文字」日常と異界の境界線、もしくはグレーゾーンに踏み入ってしまった異様な体験を描いたような作品。

「世界を創った男」フレドリック・ブラウンの短篇にもありそうな小話。自分が世界を創り出したのだ、と言う男が精神科医のもとを訪れ診察を受ける様子を台本形式で描いた作品。

「秘密」サスペンスを徐々に高め、なにやら悲劇的な様相も盛り上げ、若い男女のメロドラマぽいものも取り入れ、ピークに達したところでどすんと落とす作品ですが、注釈がなかったらわたしにはオチが理解できなかったでしょう。

「象徴」食べ物や嗜好品がタブー視され、不変であることが規範となっている統制社会に住む家族を描いた作品。科学的合理性にそわない物事は排除される社会に疑問を抱いた人々が隠れて受け継いでいるアンチパターンを象徴する品物とは……。

「おま★★」これまた食べ物が忌諱されている未来世界が舞台。タイムマシンに乗ってその世界に研究にやってきた科学者が食べ物を所持していたために引き起こしたドタバタ劇。

「心の山脈」中庸で良いのですけれど、もうちょっと捻ったラストが用意されているのかと思っていました。ブラッドベリの感傷、あるいはマキャモンの奇想が欲しいところ

「最後の仕上げ」ホラー要素を絡めているが、さすがにスタイルが古めかしい。

ユーザータグ:リチャード・マシスン




商品詳細を見る




テーマ : 海外ファンタジー
ジャンル : 本・雑誌

『深夜の逃亡者』リチャード・マシスン 扶桑社ミステリー

2016-06-30

☆☆☆

深夜、隔離された病室で、元ピアニストのヴィンスは、頭のなかの声と戦いながら、機械をうかがっていた。ここから脱出し、愛するルースを救いに行くのだ。自分を閉じこめた連中に復讐するのだ!こうして、ヴィンスの危険な逃亡がはじまる。やがて物語は、ニューヨークのある一室へ収束していく。ヴィンスの関係者がすべてそろい、いま、恐怖の密室劇の幕が開く……若き日のマシスンが、一夜の出来事を緊密に描きあげたサイコ・スリラー。〈解説・佐竹裕〉 内容紹介より



本書は1953年に発表された、マシスンの長篇第二作にあたる作品だそうです。当時はまだクリスティ、クイーン、カーなどによる本格探偵小説が主流の頃でしょうから、人格障害者を主人公にした、さらにその原因を父親からの精神的な虐待と洗脳にしたサスペンスは珍しかったのではないかと思います。ただし、内容紹介文には“サイコ・スリラー”とありますが、主人公の行為はストーキングであって、これはサイコパスによる行動ではありません。 物語は、殺人を犯して施設に収容されていた元ピアニストの男が、一方的に愛情をいだいている女性を“救う”ために、彼女の夫を殺そうと企てて脱走し、犯罪を重ねながら、以前のマネージャーだった夫婦のアパートの一室に押し入り、電話で女性の夫を呼び出させる、というふうに進み、事件の顛末が午前一時から午前五時にかけて描かれています。展開はスピーディーですが、サスペンス性についてはさすがに経年劣化を避けられていないように感じました。

ユーザータグ:リチャード・マシスン




商品詳細を見る





テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『縮みゆく男』リチャード・マシスン 扶桑社ミステリー

2014-10-06

☆☆☆☆☆

スコット・ケアリーは、放射能汚染と殺虫剤の相互作用で、一日に7分の1インチずつ身長が縮んでゆく奇病に冒されてしまう。世間から好奇の目、家庭の不和。昆虫なみの大きさになってなお、孤独と絶望のなか苦難に立ち向かう男に訪れる運命とは?2013年6月に逝去した巨匠マシスンの代表作を、完全新訳で25年ぶりに復刊。巻末には『ランボー』の原作者デイヴィッド・マレルによる詳細なあとがきも収録。ジャンルを超えて人間の実存と尊厳を問う感動のエンターテインメント!〈解説 町山智浩〉 内容紹介より



これほど荒唐無稽な物語なのになぜかとても身につまされました。たぶん人生を生きていく過程において否応なく身に降りかかる不運や嫌な出来事、具体的には大病や大怪我、失業、障がい、貧困、差別、こういったことを主人公が冒された奇病に象徴させているように感じるからかもしれません。何の落ち度もない主人公が陥った不条理な運命は、彼の身体が縮んでゆくことで妻の愛情を疑い、愛娘から受ける父親としての尊厳も失っていきます。そしてさらに縮むことで物理的な苦難がますます大きくなり彼を苛むのです。つまり、彼のサイズが周りの環境に適応したとしても、それはほんのいっときの気休めであって、しばらくするとまたサイズが小さくなりやっと馴染んだ環境が巨大化しさらに過酷に変化してしまうわけです。あれ以上は小さくなることない、周囲の状況が変化することのない一寸法師などは主人公からしたらよっぽど恵まれていることになります。さて、いよいよ主人公は『ぼくのつくった魔法のくすり』のおばあちゃんみたいに消えてなくなるのでしょうか。
あとどうでもいいことですが、主人公と死闘を繰り広げる黒後家蜘蛛は造網性だから、この話にあるような徘徊性あるいは狩猟性の行動はとらないと思うのですけれど……。

『ある日どこかで』リチャード・マシスン 創元推理文庫
『奇蹟の輝き』リチャード・マシスン 創元推理文庫
『奇術師の密室』リチャード・マシスン 扶桑社ミステリー
『アイ・アム・レジェンド』リチャード・マシスン ハヤカワ文庫   


縮みゆく男 (扶桑社ミステリー)縮みゆく男 (扶桑社ミステリー)
(2013/08/31)
リチャード・マシスン

商品詳細を見る




テーマ : SF
ジャンル : 本・雑誌

『奇術師の密室』リチャード・マシスン 扶桑社ミステリー

2010-02-23

☆☆☆

往年の名奇術師も、脱出マジックに失敗し、いまは身動きできずに、小道具満載の部屋の車椅子のうえ。屋敷に住むのは、2代目として活躍する息子と、その野心的な妻、そして妻の弟。ある日、腹にいち物秘めたマネージャーが訪ねてきたとき、ショッキングな密室劇の幕が開く!老奇術師の眼のまえで展開する、奇妙にして華麗、空前絶後のだまし合い。息も継がせぬどんでん返しの連続。さて、その結末やいかに ― 鬼才マシスンが贈る、ミステリーの楽しさあふれる殺人悲喜劇。 内容紹介より



観客のひとりとして奇術を観る時、舞台上の出来事を超自然現象とか超能力の結果だとか魔法とかだと思っている人は、余程の変わり者でもないかぎりいないと思うのですよ。何か分からないけれど、タネが仕込まれていることを知りながら、だまされるのを楽しんでいるわけですよね。同様のことは、この1994年に発表された作品についても言えることで、登場人物たちが殺したり、殺されたり、自殺したり、死体が消えたり、生き返ったり、誰かが誰かに変装してたり、読者はマシスンという奇術師がページ上で行う奇術を何か仕掛けがあるのだろうなと予想しながら読んでいくと、まあ予想したような結果になる。つまり、消え失せた吸いかけのタバコはどこかで現れなければならないし、伏せられたトランプの絵柄は必ず当てられなければならないのと同じで、それぞれのエピソードの過程を楽しまなきゃいけないのでしょう。
ただ、作中、奇術師が彼のマネージャーに、デビッド・カッパーフィールドを引き合い引き合いに出して、トリックが現代的ではないと忠告されているように、古風でこぢんまりした印象を本書からは受けました。カッパーフィールドみたいなミステリ作家といえば、良くも悪くも〈リンカーン・ライム・シリーズ〉時のディーヴァー辺りでしょうか。

タグ:リチャード・マシスン



奇術師の密室 (扶桑社ミステリー)奇術師の密室 (扶桑社ミステリー)
(2006/07)
リチャード・マシスン

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『奇蹟の輝き』リチャード・マシスン 創元推理文庫

2009-09-23

☆☆☆

不慮の事故で命を落としたクリス。彼がたどり着いた死後の世界は「常夏の国」と呼ばれる楽園だった。だが、まもなく信じられない知らせが届く。彼の死のショックに耐えきれず、最愛の妻アンが自殺してしまったというのだ。クリスは旅立つ―アンを救い出すために、想像を超えた苦難の待つ地獄へと! 愛の力がもたらす奇蹟の旅を描く傑作ファンタジー、ついに登場。映画化原作 内容紹介より



神棚に向かって拍手を打ち、仏壇の前で合掌し、クリスマスにケーキを食べるという宗教にたいして典型的なライトユーザーのわたしです。なので死後の世界みたいなことは信じていませんし、もしそれがあるとしたら確実に地獄行きなのでないほうが良いです。
この作品は、人のメンタルな面、心の持ち様を重要視していて、いわゆる宗教色をいっさい排して描かれています。だから神も悪魔も鬼も登場しません。様々な宗教を信仰する読者に配慮しているのでしょうが、きっと作者の生死観も現しているのでしょう。ただ、「精神波動」、「エーテル分身」、「昇華」、「転生」、「星気」とか、何かいんちき臭い新興宗教のパンフレットにでもちりばめられてそうな言葉がこちらの無用な警戒心をかき立てて、ちょっと落ち着かない気分になりました。夫婦愛が重要な主題ですが、それを描くのになにも死後の世界まで持ってこなくてもみたいな。悪魔や鬼や怪物と戦いながら天国から地獄へ向かうアドベンチャー物語のほうが読みたかったなあというのが正直な感想です。

『ある日どこかで』リチャード・マシスン 創元推理文庫
『アイ・アム・レジェンド』リチャード・マシスン ハヤカワ文庫




奇蹟の輝き (創元推理文庫)奇蹟の輝き (創元推理文庫)
(1999/04)
リチャード マシスン

商品詳細を見る

テーマ : ファンタジー・ホラー
ジャンル : 本・雑誌

「アイ・アム・レジェンド」リチャード・マシスン ハヤカワ文庫

2008-08-29

☆☆☆☆☆

夜が来る。ネヴィルは一人、キッチンで夕食の用意をする。冷凍肉をグリルに入れ、豆を煮る。料理を皿に盛っているとき、いつものように奴らの声が聞こえてきた。「出てこい、ネヴィル!」……突如蔓延した疫病で人類が絶滅し、地球はその様相を一変した。ただ一人生き残ったネヴィルは、自宅に籠城し、絶望的な戦いの日々を送っていた。そんなある日……戦慄の世界を描く名作ホラー、最新訳で登場!(『地球最期の男』改題)   内容紹介より



新訳ということで久しぶりに再読。
この時代に書かれたSF作品に見られる第三次世界大戦や核戦争への恐怖感、不安感に吸血鬼伝説を見事に融合させた作品であり、個人的には、(ネタばれ→)「主人公の立場の逆転」という驚愕の展開が初めて読んだ時からずっと記憶に残っている物語です。さらに誉めますが、本作品がすべてのゾンビ作品のひな形と言う点では、生物学で言えばタイプ標本であり、また、本書を祖にして適応放散し数多くのゾンビ作品が生まれたことを考えるとこの作品の偉大さをあらためて感じます。 

それから、マシスンはすでにゾンビ(吸血鬼)自体にスラップスティック・コメディの要素を見いだしている点も注目すべきでしょう(p96)。
とにかくリチャード・マシスンの傑作ですね。



アイ・アム・レジェンド (ハヤカワ文庫 NV マ 6-5)アイ・アム・レジェンド (ハヤカワ文庫 NV マ 6-5)
(2007/11/08)
リチャード・マシスン

商品詳細を見る

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

「ある日どこかで」リチャード・マシスン 創元推理文庫

2006-11-22

☆☆☆

脳腫瘍であと半年足らずの命と診断された脚本家リチャードは、旅の途中、サンディエゴのホテル・デル・コロナードでひとりの女性を目にする。女優エリーズ・マッケナ。1896年の色あせたポートレイトからほほえみかける彼女に会おうと、彼は時間旅行を試みるが……時を隔てた恋の行方は? 映画化され熱狂的な人気を博する傑作ファンタジイ。世界幻想文学大賞受賞作。  内容紹介より



質的に起承転結の起承部分の比重が大きいのに比べて、転結部分が平凡で平板な印象を受けました。もっと書き込んで欲しかった後半部分が陳腐なやり取りに終始してしまっている感じで残念です。瀬名秀明さんの解説(p.470)にあるように、第一部とそれ以降の部分のテンションにあきらかな違いを読み取れますが、それは結局、マシスンがエリーズ・マッケナのモデルとなった実在の女優「ミス・モード・アダムズのポートレイト」から受けたインスピレイションが強烈だったがゆえに、リチャードとエリーズが出会う過程までが真に描きたかったことだったからではないのか。

わたしがこの物語に入り込めなかったのは、主人公がヒロインに寄せる思いがアイドルに向けるヲタクのそれのように感じて引いてしまったからです。こういうタイムトラベルが出来ない方が良いかも。さもなくば過去はアキバ系ヲタクでいっぱいに、みたいな(アヴラム・デイヴィッドソンの作品の邦題よりパクリ)。


余談ですが、マシスン脚本で映画化された『ある日どこかで』のリチャード役、クリストファー・リーヴのその後の運命を思うと、時間とか過去とか未来とかを考えてしまいます。


ある日どこかで ある日どこかで
リチャード マシスン (2002/03)
東京創元社

この商品の詳細を見る

テーマ : ファンタジー小説
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ドン・ウィンズロウ ジェームズ・パターソン ジェイムズ・パタースン エド・マクベイン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル ローレンス・ブロック ポーラ・ゴズリング リチャード・マシスン レジナルド・ヒル D・M・ディヴァイン C・J・ボックス スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール S・J・ローザン レックス・スタウト アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル カール・ハイアセン レスリー・メイヤー アイザック・アシモフ ヒラリー・ウォー エド・ゴーマン カーター・ディクスン マイケル・ボンド ルイーズ・ペニー マーシャ・マラー ジェフリー・ディーヴァー ジョン・ディクスン・カー リタ・メイ・ブラウン ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ジャック・カーリイ キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア コリン・ホルト・ソーヤー ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ポール・ドハティー ロブ・ライアン ジェフ・アボット G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント