『ダルジール警視と四つの謎』レジナルド・ヒル ハヤカワ文庫HM

2015-05-13

☆☆☆

九十キロを越す巨体、無作法、口の悪さは超一級―そんな型破りの“アンチ・ヒーロー”、ダルジール警視は、その桁外れの魅力でミステリ・ファンの圧倒的な支持を受けてきた。本書では、彼が部下のパスコー警部とともに四つの難事件の謎に挑戦する。ダルジールとパスコーの出会いを描いたものや、2010年の近未来を舞台に、月面で初めて起きた殺人事件の顛末など、英国ミステリ界きっての実力派が贈る魅力あふれる中篇集 内容紹介より



「最後の徴集兵」
中部ヨークシャー警察に移動してきたパスコー刑事が、初めてダルジール警部(共に当時)と出会った日に遭遇した事件を描いた作品。徴収された乱暴者の兵士が軍のなかで問題を起こし何度も刑務所に収監され、そのたびに二年間の徴兵期間が延びてしまう。それが原因で母親の死に目に会えなかったことを逆恨みしたその男がダルジールと、居合わせたパスコーを拉致して監禁してしまうという話。男をだたの乱暴者に設定せず人情話を挟んでいるところに特徴を感じました。

「パスコーの幽霊」
幼馴染みと結婚した人妻の失踪事件を手がけるパスコー警部の話。幼馴染みの七人と失踪した人妻の兄、彼らの間に隠された秘密が徐々に明らかになっていく。果たして彼女は彼らのなかの誰かに殺されたのだろうか……。300ページ弱の読み応えのあるサスペンスに満ちた作品。なのですが、後半、私邸で事情聴取を行うという間抜けな設定は、結末へ繋げるためとはいえ興をそぐ気がしました。某大物作家の作品を思い出しました。

「ダルジールの幽霊」
パスコー夫妻の友人夫婦が改装した農場の中の一軒家で、奇妙な音や感じがするという。その話を聞いたダルジール警視によると幽霊には原因が三つあるそうで、それは、まずい料理、換気の悪さ、良心の痛み。そこで彼とパスコー警部はその正体を明らかにするため屋敷に一晩泊まりこむことに。だが、ダルジール警視のもくろみは別のところに。まあまあ。

「小さな一歩」
引退して年金生活をおくるダルジール元警視がヨーロッパ連邦司法省イギリス長官に出世したパスコーと共に、月面で起きた殺人事件を捜査するというSFミステリ。あまり食指が動かなかったのですが、読んでみたら捻ったうえにさらに捻るというしっかりしたプロットでした。ただ、面白かったかといえば、微妙。サイエンスの部分でなにか欲しかったところ。




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ソ連に幽霊は存在しない』 レジナルド・ヒル ハヤカワ・ミステリ

2012-10-28

☆☆☆☆

後ろから突き飛ばされた男の顔から笑みが消え、かわりに驚愕の表情が浮かんだ。恐怖に顔をひきつらせ、必死にバランスをとろうとする。だが、こらえ切れずにエレベーターに足を踏み入れた男は、そのまま床を通り抜け、断末魔の悲鳴をあげながら落ちていった!現場に駆けつけたチスレンコ主任捜査官は、死体も突き飛ばしたほうの男も発見できなかった。党の大物委員長から要求されたことはただひとつ、ソ連に幽霊は存在しないことを証明し、この騒ぎが悪意に満ちた西側帝国主義諸国の陰謀であると暴きだすことだった。しかし、大勢の目撃者に会い、調査をすすめればすすめるほど、事件の不可解さは深まって……。ペレストロイカ以前のモスクワを舞台に官僚機構を襲った幽霊騒ぎの顛末を描く表題作ほか、英国ミステリ界の鬼才が皮肉とユーモアをこめて贈る、ヴァラエティ豊かな傑作短篇集。 内容紹介より



「ソ連に幽霊は存在しない」
本来、社会主義国家においては、犯罪や浮浪者は存在しないと同様に幽霊も存在しない。国家機関の運営本部があるビルで起きた幽霊騒動の捜査を任された主人公は、この不可解な現象に頭を悩ませた末、集団ヒステリーということにして事件の幕引きを図ろうとする。しかし、党の権力者から捜査の続行を命じられた彼は、事件現場のエレベーター自体の来歴を調べるうちに奇妙な事実を発見する。非常に無機質なイメージのある社会主義体制下における官僚制度と、その下で持ち上がったかなり俗的かつ人間くさい幽霊騒動との対照の妙や、さらに、不条理性やアイロニカルが効いた作品でもあります。

「子猫ちゃんを連れ戻して」
職を失った元旋盤工の新米探偵がある家の主婦の依頼を受け、行方不明になったペットの猫を捜す話。家にはその主婦以外に多額の金を手に入れてリタイアした夫と思春期の娘と息子がおり、探偵が調査を進めるうちにギクシャクした家庭関係が明らかになっていく。手馴れたストーリー展開と意外な結末が見事な短篇ミステリの見本みたいな作品でした。

「プル・リング」
第一次世界大戦中のフランスに設けられた新兵訓練所に送られたイギリス兵と彼らをしごく指導教官の話。特に一人の新兵につらくあたる指導教官が持つ理由とは……。ミステリではなくて、一種の人情噺。

「踏みにじられて」
レジナルド・ヒルの実際の作品を原作とした映画を撮影中に、現場で起きた出来事を描くという設定のメタフィクション形式の作品。盛りを過ぎた男優と演技経験はないが夫である監督に引きたてられた女優との関係が軸になってストーリーが進みます。新米女優の大根ぶりに辛らつな態度をとっていた男優が、後のない自分の俳優生命を考慮し、作品の成功のため女優に演技指導を行ううちに彼女と関係を持ってしまう。「しょぼしょぼの顎髭をはやした男」という作者自身の自虐的な描写を取り入れつつの実験的作品?

「かわいそうなエマ」
嵯峨静江氏の訳者あとがきによると、本作はジェーン・オースティンの『エマ』の後日談だそうです。読んだことがないので、機会があれば読んでみよう。いわゆる「それから二人は末永く幸せに暮らしました」の部分をかなりスノッブに処理したもの。格好良く賢かった新郎もやがてぶくぶく太って下品になり、仲のよかった兄弟姉妹も財産をめぐって争うという現実的で身も蓋もない話。

「混みいった時間」
宝石店を襲う計画を立てた二人組の強盗たちは、まず店主を狙って自宅に押し入るがそこには宝石商の妻しかおらず、夫は外出したという。二人組はその妻を人質にし、主の帰りを待つことにする。なかなか帰ってこない夫を待つ妻の不安と恐怖が描かれるとともに、意外な事実が明らかにされる。くどくどと詳細を語らず、余韻を残す終わり方が巧みな作品。

ユーザータグ:レジナルド・ヒル




ソ連に幽霊は存在しない (ハヤカワ ポケット ミステリ)ソ連に幽霊は存在しない (ハヤカワ ポケット ミステリ)
(1990/09)
レジナルド・ヒル

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『王子を守る者』 レジナルド・ヒル ハヤカワ・ミステリ

2012-05-25

☆☆☆☆

夕暮れの浜辺で人間の舌が発見された。それも、持ち主の口から力ずくで引きちぎったものにちがいなかった……。サンダトン警察のマクハーグ警部は、町に不気味な動きがあるのを感じとっていた。酔っぱらったための事故として処理されたジャーナリストの焼死事件に引っかかるものがある。その上、浜辺で発見された舌は鑑識で犬のものと判定され、マクハーグは上司から捜査の打ち切りを命じられたのだ。やがて警部は、以前警固を担当していたアーサー王子の禁断の恋をめぐる国際的陰謀の渦中に。多彩な才能を持つ実力派が放つ冒険サスペンス篇 内容紹介より



フリーメイスンの組織を悪用した謀略、王族のアーサー王子、彼のアメリカ人の恋人であるアイルランド系の名家出身(!)の女性*、大統領候補である彼女の兄、ポケミスで約290ページの作品でありながら、地方で起きた一事件が扉を開いたようにスケールの大きな事件へと結びつく構成力、また物語の骨組みが揺るぎなく、人間関係が縦横に編み込まれ、中身が密に詰まっている印象を受けました。それとともに、やや窮屈な気もしましたが。
主人公はアーサー王子の護衛係の経歴を持ち、現在は郊外の警察署に勤務しています。主人公が独自に事件の捜査を進めると目撃者や証人が不審な死を遂げ、身の回りの人間すべてが怪しく、親しい者も信用できないという状況のなか彼の身にも危険が迫ります。最初は警察小説のようですが、その後、彼は警察組織から離れ、まるでA・J・クィネルのクリーシーばりの一匹狼として単独で敵を追い始めます。
全体的に英国の伝統的な冒険小説らしさを感じました。

*作者がモデルにしたかもしれないケネディ一家のなかに、英国貴族と結婚したキャスリーン・ケネディという人物がいます。

『四月の屍衣』レジナルド・ヒル ハヤカワ文庫
『骨と沈黙』レジナルド・ヒル ハヤカワ・ミステリ
『最低の犯罪 英米短編ミステリー名人選集8』レジナルド・ヒル 光文社文庫
『秘められた感情』レジナルド・ヒル ハヤカワ文庫HM




王子を守る者 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1455)王子を守る者 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1455)
(1985/09)
レジナルド・ヒル

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『秘められた感情』 レジナルド・ヒル ハヤカワ文庫HM

2012-04-21

☆☆☆☆

パスコー部長刑事は大学時代の仲間たちと五年ぶりに再会するため恋人エリーと二人でオックスフォードシャーの美しい村を訪れた。が、そこで目にしたのは惨殺された旧友たち三人の死体だった。四人目の友人で招待主のコリンは行方不明のため、殺人の嫌疑がかけられる、パスコーはダルジール警視の指揮下にある自分の署の連続空き巣事件を捜査する一方で、警官としての権限なしに村の殺人事件にも関わらずにはいられない。 内容紹介より



以下、ネタバレ気味です!ご注意下さい。

本書は以前読んだ『四月の屍衣』のひとつ前の作品になります。『四月の屍衣』では、ネズミの死骸、がらくた、備品といったいわゆる小物を伏線としていましたけれど、本作品では、人間関係の糸が縦横に張り巡らされている印象を受けました。ダルジールが捜査の指揮を執る連続空き巣事件と彼の管轄外の村で起きた殺人事件の関係者たちの繋がり、これが次第に明らかになっていく過程がいかにも警察小説らしくて良い具合でした。わたしは、レジナルド・ヒルの作品はほとんど読んだことがない初心者なのですが、今回は強烈な個性と存在感を示す(個人的には、果物だとドリアンみたいなイメージがある)ダルジール警視が主人公ではなく、パスコー部長刑事が主人公役を務めていたためか、良い具合に灰汁が抜けている感じがして読みやすかったです。
それから、あえて比べるのもなんですが、もし一般的なコージーミステリならば、パスコーがショットガンで撃たれそうになる場面で真犯人の正体が判明し、そのままエンディングになる流れでもかまわないのに、そこからもうひとやまクライマックスに持っていくとともに、動機にも捻りを利かせている展開がまさしく推理小説の本道だなあ、と感じたのでした。

『四月の屍衣』レジナルド・ヒル ハヤカワ文庫
『骨と沈黙』レジナルド・ヒル ハヤカワ・ミステリ
『最低の犯罪 英米短編ミステリー名人選集8』レジナルド・ヒル 光文社文庫




秘められた感情 (ハヤカワ・ミステリ文庫)秘められた感情 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1996/04)
レジナルド・ヒル

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『最低の犯罪 英米短編ミステリー名人選集8』レジナルド・ヒル 光文社文庫

2010-05-11

☆☆☆

― 24時間いっさい嘘はつかないと約束させられた男の、その結末は……「正直トマス」、不運はどこまでもついてまわる。1番にはけっしてなれない。それが彼の人生だった。とことん屈折した男の悲喜劇をシニカルに描く「次点の男」。
― 粗にして野であり、卑でもあるデブ警視ダルジール&バスコー、旋盤工あがりの黒人探偵シックススミスものなど13編を収録。本シリーズの掉尾を飾る、イギリスミステリー界の鬼才ヒルの傑作短編集。 内容紹介より



「雪はくぼんでいた」「精神科医の長椅子に横たわって」「弟の番人」「見知らぬバスの乗客」「自由競争」「ストーンスター」「正直トマス」「次点の男」「完全殺人クラブ」「巷説」「鹿狩り」「この葬儀取りやめ」「最低の犯罪」収録。

「雪はくぼんでいた」は、ダルジール版クリスマス・ストーリーです。あたかもブロンズ像の聖アグネスと仔羊が歩き回ったかの如き雪の上に残された足跡。ホテルの厨房で起きた食料品の大量盗難事件。クリスマス・ストーリーの要件である子供が登場すること、奇蹟が起きることを満たしていますが、はたしてハートウォーミングな物語かどうかは一考を要するかも。襲ってきた原住民たちに取り囲まれながら、周囲を金網が張られたコートの中でテニスの試合を続けざるを得なくなった白人たちのシュールな悲喜劇とベース・ライン上のボールの行方を描いた「最低の犯罪」、レイ・ブラッドベリを思わせるような幻想的で叙情的な作品「ストーンスター」、オンボロ自動車を始末し、保険金を手に入れたい二人の人物を描く、交換殺人ならぬ交換自動車犯罪をモチーフにした「見知らぬバスの乗客」、24時間嘘をつかない賭けをした刑事の話「正直トマス」、学校の成績も仕事も結婚した相手も全部が“次点”だった男、その友人はすべてが彼より秀でているばかりか義兄弟でもあった「次点の男」、トワイライトゾーンに踏み入れたような奇妙な話「巷説」、アラジンの魔法使いと悪魔との取り引きをミックスした「自由競争」、私立探偵ジョー・シックススミスものの「鹿狩り」、「この葬儀取りやめ」。

『ある詩人の死 英米短編ミステリー名人選集6』ダグ・アリン 光文社文庫




最低の犯罪―英米短編ミステリー名人選集〈8〉 (光文社文庫)最低の犯罪―英米短編ミステリー名人選集〈8〉 (光文社文庫)
(2000/05)
レジナルド ヒル

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「四月の屍衣」レジナルド・ヒル ハヤカワ文庫

2007-11-13

☆☆☆☆

休暇でリンカンシャーの田舎を訪れたダルジール警視は、そこで知りあった未亡人ボニーの大邸宅に滞在することになった。邸宅は改装してレストランを開業する予定だが、資金不足と彼女の夫が不慮の事故死を遂げたことから中断しているらしい。ダルジールは、ボニーの家族や使用人が彼の死について謎めいた言い方をするのを聞き、死因に疑問を抱くが……『秘められた感情』に続き文庫オリジナルで贈る、話題沸騰の英国本格。内容紹介より



結婚式に出席したダルジールが、その後に葬儀の列に遭遇する極端な場面転換と大雨で氾濫した川に浮かぶ小舟で運ばれて行く棺という幻想的な情景によって、読者をある方向に引き込む手法が計算されていて巧みだと感じました。その流れの中で、邸宅の奇妙な住人たちの行動、冷凍庫の中のネズミの死骸、がらくたが占める部屋、密告の電話、消えた備品などの無秩序な謎に読者は考えさせられるのですが、終盤になって一転、一つ一つの謎に合理的な答えが示されていくところが見事だと思います。その手法は古典的であっても最近のお手軽で、お手盛りのある分野のミステリにくらべると格段に完成度が高いのではないでしょうか。それにダルジール自身の人生に対する葛藤を描いていること。さらに、すべてに合理的な答えを提示している訳でなく、邸宅の女主人ボニーは果たして妖婦なのかそれとも貞女なのか、ジグソーパズルのすべてのピースを埋めないまま謎を残して終わることで物語に余韻を残していると思います。


四月の屍衣 四月の屍衣
レジナルド ヒル (1997/03)
早川書房

この商品の詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「骨と沈黙」レジナルド・ヒル H・P・B

2006-05-13

☆☆☆

酔って帰宅したダルジール警視は、裏手の家の寝室で展開される光景に思わず目をこらした。灯がともり、カーテンがひらかれたかと思うと、裸身の女性があらわれたのである。
だが、つぎの瞬間、女性のわきには銃を手にした男が立ち、夜のしじまに銃声が轟いた!
女の死体をまえにたたずむ男は、現場に駆けつけたダルジール警視にむかって、妻の自殺を止めようとして銃が暴発したのだと主張した。しかし、目撃者のダルジール警視は、こいつは殺人だと自信満々だった。はたして、どちらの主張が正しいのか?一方パスコー警部は、つぎつぎと警察に送られてくる自殺をほのめかす手紙の差出人をつきとめるよう、ダルジール警視に命じられていた。内容からして、謎の差出人は今度の事件に関わりのある女性と推察されたが……。        

裏表紙あらすじより



レジナルド・ヒルを初めて読みました。シリーズのなかでも傑作の誉れが高い作品だそうで、通は“ほねちん”(注1)と略して言っているらしいです。読んだ感想は、期待し過ぎたのかもしれませんが、それ程のものでもないという感じ。作品の雰囲気は、なんとなくレンデルのウェクスフォード警部シリーズを想わせ、口が悪くて剛胆な性格はリューインのパウダー警部補を感じさせます。しかし、毒舌、下品さではすでにウィングフィールドのフロスト警部による洗礼を受け、レンデルにさんざん捻られ、レンデルズ・ツイスト ・シンドローム(注2)に陥ったわたしのような読者にはちょっと物足りなかった。

特に、始めから犯人の見当が付いており、ダルジール警視と容疑者との腹の探り合いを中心に話が進むのでやや冗長なストーリー展開に感じたりもします。サイドストーリーとして絡ませている自殺予告の手紙の差出人を見つけ出す話も意味ありげなわりには、それほど本筋にとって効果的でないのでは…。

トリックはなかなかのものだと思うのですが、どうも主人公に共感を覚えませんでした。
つまり、ダルジール警視が中世の宗教劇で神の役をやったように、作品の中で彼を奉る記述が主人公を尊大に、あるいは全知全能に見せてなんだかしらけてしまいました。
当然、一冊のみでダルジール警視の魅力が分かるはずもなく、シリーズものなので刊行順に読んだほうが良かったのかもしれません。


注1)たぶん。使用される場合は自己責任でお願いします。
注2)レンデル特有の何度も捻り過ぎるトリックを読み慣れた読者が裏の裏、そのまた裏の裏(さらに裏の裏)を邪推するようになることを指す専門用語。もちろん冗談ですので。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ドン・ウィンズロウ ジェームズ・パターソン ジェイムズ・パタースン エド・マクベイン ジル・チャーチル C・J・ボックス ヘニング・マンケル ローレンス・ブロック ポーラ・ゴズリング リチャード・マシスン レジナルド・ヒル D・M・ディヴァイン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール レックス・スタウト アリス・キンバリー S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル カール・ハイアセン レスリー・メイヤー アイザック・アシモフ ヒラリー・ウォー エド・ゴーマン カーター・ディクスン マイケル・ボンド ルイーズ・ペニー マーシャ・マラー ジェフリー・ディーヴァー ジョン・ディクスン・カー リタ・メイ・ブラウン ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ジャック・カーリイ キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア コリン・ホルト・ソーヤー ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ポール・ドハティー ロブ・ライアン ジェフ・アボット G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント