FC2ブログ

『ラスト・プレイス』ローラ・リップマン ハヤカワ文庫HM

2019-06-12

☆☆☆☆

これは仕掛けられた巧妙な罠か?私立探偵テスは、市の福祉団体から数多の家庭内暴力による殺人事件から無作為に選ばれた五件の追跡調査を依頼された。だが調べを進めるうちに、それぞれの事件に奇妙な符合があることに気づく。被害者たちは殺される直前に、理想の男性と出会っているのだ。これが偶然でないなら、どんな意味が……。仇敵の影に絶体絶命の危機に陥ったテスの猛反撃が始まる!テスの新たな旅立ちを描く衝撃作 内容紹介より



私立探偵テス・モナハン シリーズの七作目。過去に起きた家庭内暴力で亡くなった犠牲者たちについて、警察による捜査が適切に行われていたのかどうか、地元の非営利団体からその追跡調査を依頼された主人公。数々の事件から無作為に選ばれた五件の事件の調査に取りかかると、単なる強盗事件や放火事件にしか考えられないようなものから、被害者とされる人物が生存していることが判明したりします。ただ何件かの事件には、それぞれ状況に似たようなものがあることが主人公の目に止まります。彼女の視点に謎の人物からの視点を挿む構成をとり、サスペンスやミステリを高めています。概して犬も歩けば的な行き当たりばったりの展開になりがちな私立探偵ものとは一線を画し、出来の良い警察小説並みの謎を徐々に解きほぐしていく進み方をしている点は、このシリーズのなかでは一番優れていると思いました。それはかつて事件にかかわった元警察官をパートナーにし、地元警察に対して協力をする立場になったことも一因だと思います。巧妙な姦計をめぐらすサイコな犯人像に、気の強い主人公の造形が巧くマッチしていて、これまで鼻の付きがちな彼女の性格が今回はさほど気になりませんでした。犯人がなぜ主人公に近づくために回りくどくてリスクの高い計画を巡らさなくてはならなかったというところは理解できません。

ユーザータグ:ローラ・リップマン




商品詳細を見る






テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『シュガー・ハウス』ローラ・リップマン ハヤカワ文庫HM

2018-06-21

☆☆☆☆

クリスマス間近のある日、私立探偵テスに父の古い知人の女性から依頼があった。身元不明の少女を殺した罪で服役中だった弟が刑務所で殺された事件を調べてほしいという。今回の事件は少女の殺害事件と関連が?少女は最後に目撃されたとき、“シュガー・ハウス”という謎の言葉を遺していたらしい。調査を進めるにつれ、テスは家族をも巻き込んだ妨害を受け、絶体絶命の窮地に!数々のミステリ賞に輝くシリーズ第五作 内容紹介より



刑務所で服役中に殺された弟の死は、彼が起こした少女殺人事件に関連があるのではないか、という女性の依頼から物語が始まります。この話の珍しい点は、依頼人の弟が殺されたにしても、もともとの被害者側からではなく加害者側から依頼を受けたところです。これは被害者の少女の身元が警察の捜査でも判明しなかったという設定があるからです。ヒロインの丹念な調査によって、少女があるお金持ちの娘であることが明らかになるとともに、彼女が摂食障害を治療する施設から抜け出して被害にあったことが判ります。被害者とその家族との関係や施設が抱える秘密、そしてそこを抜け出した後の行動がヒロインの調査で次々に表に出て、やがて少女の死自体にも謎があることが……。今回はヒロインの活躍を支える恋人、親友、知人などのチームワークが目立ちました。こういう脇役が花を添える趣向は物語に厚みを持たせてより面白く、また父親との関係や目撃者である女の子との会話はヒロインの内面をさりげなく描き出し、従来のハードボイルド作品とはひと味違ったものにしているように感じました。名無しの少女の正体が次第に明らかになっていく過程と彼女によせるヒロインの哀切がとても印象に残る作品だと思います。

ユーザータグ:ローラ・リップマン




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ボルチモア・ブルース』ローラ・リップマン ハヤカワ文庫HM

2016-10-17

☆☆☆

失業中の元新聞記者テスに、友人のロックから仕事の依頼が舞いこんだ。最近、不審な言動が続く婚約者の身辺調査をしてほしいという。テスはその女性と愛人らしき男性の密会現場を突きとめた。しかし、その直後、相手の男が殺され、ロックに殺人の容疑がかけられた。親友の無実を晴らすため、テスは奔走するが……アメリカ探偵作家クラブ賞,アメリカ私立探偵作家クラブ賞受賞作『チャーム・シティ』に続く、注目の第二弾 内容紹介より



〈テス・モナハン〉シリーズの第一作目。
ボート仲間である男友達への心配りのある深い心情にくらべると、別れた後も肉体関係は続いている元恋人の身に起きた事件について、主人公が表面的には動揺した様子も悲嘆した姿も見せずにいるところに違和感を感じた他には、これまで鼻についていた一面が見受けられず意外でした。それくらい以前読んだ作品のなかでの主人公の他者に対する意地悪な見方や辛辣な独白が気になって、わたしのなかでの主人公のイメージを損ねていました。しかし、これがシリーズ一作目にあたるわけで、ということは主人公は回を追うごとに次第に攻撃的な性格に変化していくということなのか。主人公が都合良く情報を得られるような各職場に知り合いがいるというお手軽な設定は初回からでした。
ということは別にして、作品自体は伏線の配置,プロットの構築、人物造形の巧みさがデビュー作とは思えないような完成度の高さを見せている印象を受けました。

ユーザータグ:ローラ・リップマン




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『チャーム・シティ』ローラ・リップマン ハヤカワ文庫

2011-04-22

☆☆☆

いくら元新聞記者で好奇心を抑えられないとはいえ、テスだって厄介事に関わる気はなかった。が、入院中の伯父に代わりグレイハウンドを預かったとたん、謎の男たちにつきまとわれるようになったのだ。さらに没になったはずの実業家の過去を暴いた記事が、何者かの操作で掲載されるという事件が起き、新聞社から調査の依頼が……アメリカ探偵作家クラブ賞、アメリカ私立探偵作家クラブ賞に輝いた魅力たっぷりの新シリーズ 内容紹介より



いまさらですけれど、本書は〈テス・モナハン・シリーズ〉の第二作目、第一作目は『ボルチモア・ブルース』で、日本では刊行順が逆なのですね。今回も、面と向かって言う訳じゃなく、胸に秘める形で表されるヒロインの若干攻撃的とも思える減らず口が、やっぱり個人的に気になってしまいました。たとえば、「動物に話しかけたり、甘やかしたりする人」を理解できないと言い放ってみたり、犬の救護グループにいる「ジーンズに犬の毛をたくさん着けた女性」を想像して、気持ち悪いと思ってみたりして、こういうところが軽く気に障るのです。これも実際に口に出すわけじゃないけど、他人の髪の色を「希釈した尿」に例えるものか?普通。これに限らず、深みを感じさせないヒロインの造形が苦手です。暴露記事の誤掲載事件と怪しい男たちに付きまとわれる事件のふたつがリンクしていなかったこともやや不満に感じました。探偵ものとコージーミステリをミックスしたような展開は結構好きなんですけど。

『スタンド・アローン』ローラ・リップマン ハヤカワ文庫
『ストレンジ・シティ』ローラ・リップマン ハヤカワ文庫




チャーム・シティ (ハヤカワ・ミステリ文庫)チャーム・シティ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1999/03)
ローラ・リップマン

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「ストレンジ・シティ」ローラ・リップマン ハヤカワ文庫

2008-07-17

☆☆

私立探偵テスは、怪しい古物商の男ケネディから偽の骨董を売りつけてきた相手を捜してほしいと依頼された。その相手は、毎年エドガー・アラン・ポーの誕生日にポーの墓参りにくる謎の男らしい。しかし生誕日の夜、遠くから様子をうかがうテスの目前で、謎の男が何者かに射殺されてしまった!依頼人が殺人に関わっているのか悩むテスの前に、ミステリの父ポーに絡まる謎が浮かび上がる。文学的興趣に満ちたシリーズ第六弾 内容紹介より



このテス・モナハンもナンシー・ピカードのジェニー・ケインもどうも好きなキャラクターじゃありません。具体的にどこが気に食わないのかを考えてみてもよく分かりませんが、強いて言えば他人に対する考え方かもしれないです。アイロニカルな感じがいけ好かない、冷たいとまでは言わないけれど、なにかひねくれた見方、意地の悪い見方をしているように感じます。やはり主人公というものは、どこかになにかプラスに感じさせる面を持っていて欲しい。しかし、あたりまえですが、こういう人物造形が現実的であって、すべてのヒロインが素直な思いやりのある良い人であるのは非現実的で、現代社会における女性主人公の考えや立場をなるべくリアルに描いているのかもしれません。向上心あるいは上昇志向を持った身近にいそうな女性像として。

それに、こんなことを言っていますけれど、実際には、わたしが男性であるためにヒロイン像にバイアスがかかっているのではないか、単にそれに外れるテス・モナハンやジェニー・ケインを煙たがっているだけじゃないか、という可能性もおおいにあるわけで。同じことを男性の主人公が言ったり行ったりしても少しも気にならなかったりする場合もあるから、ミステリを評価するうえで注意しなければ、なんて。
で、結局何が言いたかったのでしょうか、わたしは。

ところで、去年の今頃「ポー・トースター」は作り話だったっていうニュースがありましたね。



ストレンジ・シティ (ハヤカワ・ミステリ文庫)ストレンジ・シティ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2003/09)
ローラ リップマン

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「スタンド・アローン」ローラ・リップマン ハヤカワ文庫

2006-03-21

☆☆☆☆

念願かなって私立探偵となったテスに、元受刑者だという老人が依頼を持ちこんできた。
調査の内容は、かつて彼が危害をくわえた少年たちを探しだすことだった。償いのため、彼らに経済的援助をしたいという。奇妙な依頼にとまどいつつ、テスは調査の末、少年たちを探しだす。が、彼らが次々に殺され、彼女の胸に老人と事件の関連への疑惑が……
                            裏表紙あらすじより



テス・シリーズ三作目。わたしは初めて読みました。
短いセンテンスと、意図的に「テス」を主語に用い「彼女」という言葉の使用を少なくして、軽快なハードボイルドっぽい感じを出しています。また、比喩を多用したり、言葉をこねるようなモノローグは、主人公の性格や考えを読者に理解させるのに効果的だと思います。少し頼りないところなど、テスが可愛らしく感じましたが、女性の読者はどんな印象を持つのでしょうか。
テスの周囲の環境は、祖母、両親は健在だし、「彼女にはすぐに利用できる友人や親戚が街の重要な機関にいる」とかなり恵まれています。そこらあたりは探偵ものにしてはいささかぬるいかも。

以下、少しネタバレしています。








最初の依頼人の心の変化が上手く書かれているけれど、犯人の心情や犯行に至る心理が通り一遍の説明だけで済まされているのは残念です。まあ、主人公に視点が固定されているので仕方ないかもしれません。
エピローグでの大団円は甘くてちょっと恥ずかしい。

ストーリーとは全く関係ありませんが、本文中にトヨタの“レクサス”が登場したので、アメリカのミステリに出て来る日本車の表記の流れをメモしてみました、
ただ一括して「日本車」>メーカー名「トヨタ」、「ホンダ」など>車種名「シビック」、「セントラ」など>高級車「レクサス」「インフィニティ」
なんだか感慨深いです。次はプリウスに乗った環境保護派探偵か…

テーマ : 海外ミステリ
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ C・J・ボックス ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ヘニング・マンケル ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン S・J・ローザン カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン スチュアート・ウッズ パーネル・ホール ピーター・ラヴゼイ ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ クレオ・コイル ヒラリー・ウォー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフ・アボット イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン G・M・フォード ポール・ドハティー ジャン=クリストフ・グランジェ リン・S・ハイタワー ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ウイリアム・P・マッギヴァーン サイモン・カーニック スタンリイ・エリン クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ ジョアン・ハリス ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ ジョン・クリード レニー・エアース デイヴィッド・マレル コニス・リトル オーサ・ラーソン ファーン・マイケルズ レイ・ハリスン エヴァン・マーシャル ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ビリー・レッツ サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー イーサン・ブラック リック・ボイヤー エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント