『木曜の男』G・K・チェスタトン 創元推理文庫

2015-02-21

Tag :

????

ブラウン神父でおなじみのチェスタトンが、奇想天外な着想でもって一世を驚倒させた唯一の長編推理小説!無政府主義者の秘密結社を支配する委員長「日曜日」の不気味な影。その委員会に単身のりこむ主人公の前に、つぎつぎと暴露される委員たちの意外な正体。前半の神秘と後半のスピードが巧みにマッチして、謎はさらに奥深い謎へと導いていく。悪夢のような、白昼夢のような雰囲気の中で読者もまた息苦しいほどの奇怪な体験を強いられる強烈な迫力は無類である。 内容紹介より



本書が発表されたのは1905年で、ジョン・バカンの『三十九階段』が1915年なのですけれど、逃走劇から追跡劇に変わる構成をとる冒険小説という点ではかなり似ています。しかし、本書は追跡劇に入ってからは、幻想、奇矯奇抜、キリスト教によるところの観念的な何かへと移り変わる非常にへんてこりんな展開と終焉を迎えます。
ひょんなことから「木曜日」として、ヨーロッパ無政府主義会議の委員に加わることになった主人公は、彼らがロシア皇帝を狙ったテロ計画を企んでいることを知ります。単身その計画を阻止しようと決める彼の背後に、委員のひとりである「金曜日」が迫っていることに気付くのですが……。主人公が尾行される場面は不気味な非日常感を持ち、また、「日曜日」を追跡する場面は滑稽なドタバタ感が、そして「日曜日」の正体や彼の言説は寓意性があるという、ストーリーと雰囲気に他にはない誠に不思議な印象を与える作品でした。




木曜の男 (創元推理文庫 101-6)木曜の男 (創元推理文庫 101-6)
(1960/01)
G.K.チェスタトン

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「犬の人生」マーク・ストランド 中公文庫

2005-11-13

Tag :

????

村上春樹訳、アメリカの桂冠詩人の処女短篇集、14篇収録。

「更なる人生を」
蠅や馬、果ては恋人にまで死んだ父親の気配を感じてしまう男、
あるいは父親のようになってしまいそうな自分を、
または自分の内にある父親の面影をそれらに投影しているのか…

「真実の愛」
五度結婚し、恋愛を六度した男の話。
男は気に入った女性に出会うたびに“真実の愛”だと思い込み妄想を
膨らませるが、“真実の愛”とは別に結婚した妻たちとは上手くいかず
に別れてしまう。実際の結婚生活の乖離と彼の中の“真実の愛”の陳腐さ、
その身勝手さを描いているのだと思う…たぶん。

「犬の人生」なんのことやら。
「水の底で」などは、作者のただの記憶の断片とそれに付随するイメージを
書き連ねた(だけの)ものではないのか。
「ザダール」はセンテンスの短さも相まって、自動翻訳にかけたら
こんな具合だろうと笑ってしまうほど直訳風。

マーク・ストランドのいかにも詩人が書いたような一部の作品を、
短篇小説として日本語に移す作業は、俳句を英訳する以上に困難を伴うだろうし、
かなり無理があると思う。それは村上氏だけでなく柴田氏であっても。
だから、そういう作品は端からきっぱりと散文詩だと紹介するのが一番良いのでは
ないかとわたしは思います。

無人島に一月滞在する予定がある時にはお勧めの本です。
記号論による分析と解釈になる可能性はあるにしても、再読に耐える本だとは思う。
しかし、誰かが言っていたように、人生は短く読まなければならない本は多すぎる
のです。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョー・R・ランズデール ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ジョージ・P・ペレケーノス ドン・ウィンズロウ ポーラ・ゴズリング ジェームズ・パターソン エド・マクベイン ジェイムズ・パタースン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル C・J・ボックス ローレンス・ブロック リチャード・マシスン D・M・ディヴァイン レジナルド・ヒル スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン ジャネット・イヴァノヴィッチ ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール アリス・キンバリー レックス・スタウト S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル カール・ハイアセン レスリー・メイヤー アイザック・アシモフ ヒラリー・ウォー エド・ゴーマン カーター・ディクスン マイケル・ボンド ルイーズ・ペニー マーシャ・マラー ジェフリー・ディーヴァー ジョン・ディクスン・カー リタ・メイ・ブラウン ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ジャック・カーリイ キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア コリン・ホルト・ソーヤー ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ポール・ドハティー ロブ・ライアン ジェフ・アボット G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント