FC2ブログ

「魚は夢を見ているか」鈴木克美 丸善ライブラリー

2005-08-15

Tag :

☆☆☆

魚は野良猫の悪夢を見るか?

日本人は世界一魚を食べるのに、河川や海の環境、魚の生態についてはあまり関心を示してこなかったですね。現代でも一部の釣り人のマナーの悪さは環境と生態系を破壊していると言ってもいいくらいだし。

この本は魚の世界に興味を抱いてもらうために書かれています。蘊蓄本と違うところは
なぜそうなるのか?という説明をしているところ。50話の魚についてのトピックスが語られていますが、個人的には数を半分にしてもっと詳しく説明したほうがインパクトがあったように思う。

以下、わたしが興味を引かれたところ。
トビウオが翼(胸びれ、腹びれ)を広げたときの揚力と抵抗の最大比は、約二五もあり、
イヌワシ(!)よりも効率がいい。

魚の舌はものの味を知るのに役立っていないらしい。魚の味蕾は、口の周囲、ひげなどのほか、ひれや皮膚のあちこちに分布している(皮膚味蕾)。

魚の子育ての主役は常に雄の役目。その理由は、最初に産卵があって次ぎに受精があるから。産卵が終わった雌はさっさとその場を離れ、雄と卵があとに取り残される。もちろん哺乳類はその逆ですね。

まだよくわからない疑問も提示してあります。

なぜオニオコゼがみにくくて、姿をかくすのもうまいのに、鋭いとげに毒まで仕込んでいるのか?
たしかにコスト面からは過剰。きっとオニオコゼは捕食者にとってものすごく美味でしかものろまな獲物だった。それでどんなに防御しても襲ってくるので、「しつこいな、お前」と思いながら護身がエスカレートしていき最終的に毒を持つに至ったのでは、と思う。

魚の雌にとって産卵によるリスクはそう大きくないし、産卵しなければ子孫を残せないのに、例外はあるが雄の求愛に消極的で産卵を避けたがるのはなぜか?
さっぱり解りません。

なぜ、サンゴ礁の海に「多様性の高い生物群集」ができ上がったのか?
本書に幾つか答が書いてあります。

最後に魚は夢を見ているかの答えは、
眠っているかどうかもあいまいで、熟睡することもなさそうだから、多分夢は見ていないのではないか、だそうです。だろうね。

2007年6月30日追記

『魚の子育てと社会』桑村哲生 海鳴社 によると、魚類では雄が子育てをするものが多いが、一夫多妻などの場合、雌のみが子育てを行う例もあるそうです。一概に雄のみとは言えないようですね。

テーマ : ペット・動物の本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント