「カポーティ短篇集」トルーマン・カポーティ ちくま文庫

2006-04-30

Tag : 短編集

☆☆☆☆

12編が収められた文庫オリジナル短篇集。初訳の「楽園への小道」を収録。
その他の作品は、「ヨーロッパへ」「イスキア」「スペイン縦断の旅」「フォンターナ・ヴェッキア」「ローラ」、「ジョーンズ氏」「もてなし」「窓辺の灯」「くららキララ」、「銀の酒瓶」「無頭の鷹」。どれも完成度の高い作品ばかりですが、収録順に違和感を覚えました。初訳の作品を巻頭に持ってきたかったのは分かるけれど、「楽園への小道」は、(『犬は吠える』に収められている)「ヨーロッパへ」以下五編の後に載せたほうが良かったと思うな。

「楽園への小道」
妻の墓参りにきた中年男が見知らぬ女に話しかけられる。女の微妙に無気味な存在感。漠然とした不安を読み手に与えながら、亡き妻や女に対する男の心の動きを上手く描いていると思います。最後のオチがだめ押し的に効いてます。

「ヨーロッパへ」
城の庭園で見た竪琴を弾く若者とそれを聴く三人の老人たちの情景が、「ぼく」の中にあるイメージどおりのヨーロッパだとしたら、アメリカ人的気安さで知り合ったイタリア人女性にストーカーまがいの行為で悩まされ、逃げるように旅立つ羽目になったのもまた現実(その女に受けた仕打ちと最後に発せられた言葉との矛盾が象徴的なのですが)であり、そのギャップに戸惑っている話。 

「イスキア」
カポーティが、「六月五日。午後は白い真夜中だ。」と書く、イタリア、イスキア島の滞在記。
「スペイン縦断の旅」
古ぼけた列車による旅の途中で起きたある事件。主人公が最後に言われた言葉が可笑しい。とにかく、この人のこの描写は二六歳にしてヘミングウェイを超えていたのでは。
「フォンターナ・ヴェッキア」
これもシチリア島タオルミーナ滞在記。躾のためという名目で、兄が妹に暴力を振るうシチリアの習慣に困惑する「ぼく」を通して、文化の相違を伝えようとしているのでしょうか。「イスキア」にしても、散文風な記述が美しいです。
「ローラ」
クリスマス・プレゼントに貰ったカラスに対する主人公の感情の変化。作者が示唆し、読者が予感する悲劇的な結末と比べて、あまりにも微苦笑を誘うラストシーン。

「ジョーンズ氏」
目と脚が不自由なジョーンズ氏が行方不明になり、十年後に現れた場所と様子は…。意外性にとんだショート・ショート。

「もてなし」、「銀の酒瓶」
共にイノセントもの。訳者の河野一郎さんは、「《陽のあたる》部分」とか「《明るいカポーティ》と《暗いカポーティ》」と表現していますが、カポーティ自身は、インタビューのなかでこのラベリングを否定しているようです。

「くららキララ」
『あるクリスマス』と『クリスマスの想い出』との間に感じられるように、イノセントものの中にも微妙な差、あるいは《陽のあたる》部分にも微かな陰影があると思いますが、この作品は『あるクリスマス』側に振れている作品だと思います。わたしには、この系統の作品が一番カポーティの心情を素直に表現しているように感じますが…。
「窓辺の灯」
猫好きだった作者が猫好きな老婦人を描いた作品。小道具が効果的。
「無頭の鷹」
あとがきに、「音痴には聞こえないだろうが、この作品にはある独特なリズムがある」と、作者自身の解説が引用してあります。わたしはこの手の作品は苦手です。もしかしたら音痴なのかもしれません…。すこしショック。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「劇的瞬間の気もち」A・J・ジェイコブズ 筑摩書房

2006-04-28

Tag :

☆☆☆☆

『エスクァイア』誌の編集部の企画による、
まさしく劇的体験をした人たちの体験談を集めた本です。

以下、五行目までは映画予告編調で、

ゴールデン・ウィークに、
どこにも出かけたくないあなたへ、(言い訳として)
仕事で休めないあなたへ、(気休めとして)
旅行の計画を立てているあなたへ、(くれぐれも注意を怠らないように)
この本を捧げたい。

ゴルフをする予定の方には、落雷に遭い、一度地面に入った雷が、再び足から入り頭から抜けた人の話を。
春山スキーを計画されている方には、雪崩で十五メートルの雪に埋まった人の体験。
北極、南極に行かれる方へは、凍傷になった指をノコギリで切った人の話を。
サーフィンやスキューバダイビングをする方へ、サメに頭をくわえられ、頭蓋骨がきしむ音を聞いた人の話を。
山に行かれる方には、熊に顔を咬まれ、牙と頭蓋骨がこすれる音を聞いたり、または、
ハチに襲われ頭がスイカくらいの大きさになったり、あるいは、毒蛇に噛まれ血清を十本も打った人の話を。
牧場を訪れようと思っている方には、雄牛に角で突かれ下腹部から内臓が飛び出した人の話。
治安の悪い場所を旅行先に選んだ方、頭を銃撃され、顔を流れる血の音を聞いた人の話。
未開の土地を訪れようと思っている方には、エボラ熱に感染し、たった十分間に五百ミリリットルも出血した人の話。

そして、飛行機で移動する予定の方には、飛行機事故に遭い、機体が自分の座席の目の前で折れた人の体験談を。

こういう体験を読むと外に出るのが怖くなります。

恐ろしい体験談だけではなく、月面を歩いたり、ノーベル賞を受賞したり、悪魔祓いの儀式を受けたり、七十二キロの減量をしたり、極度の潔癖症になったりした体験や背がものすごく高かったり、低かったりする人、男になったり、女になったりした人の話なども収録されています。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

「セミの自然誌 鳴き声に聞く種分化のドラマ」中尾舜一 中公新書

2006-04-26

Tag :

☆☆☆☆

北から南から、日本に飛来して棲息するセミ32種。世界有数の豊富さである。
風土に適応して巧みに棲み分け、短歌、俳句、川柳から絵画、そして夏休みの宿題と古くから親しまれてきた。食用、薬用に利用される反面、害虫としての側面ももち、近年は環境指標として重要な役割を果している。本書は周期ゼミの発生、芭蕉の句のセミをめぐる論争等を紹介しながら、セミの生活史をたどり、鳴き声の意味を探って種分化と進化の謎に迫る。           
カバー内容紹介より



ハルゼミが松林で盛んに鳴く季節になりましたね。なので、セミの本を読んでみました。

長野、山形などで食べられていた(食べられている?)セミの話題、日本各地のセミの形をした凧のこと、セミを詠んだ詩歌、セミの方言名など自然科学以外のことにも言及されているので、日本にいるセミについて色々なことが分かる良書だと思います。

ニイニイゼミの配偶行動の項では、鳴いている雄のもとに雌が飛来し、雄の上方に止まる、「雄は雌の体の下方に位置すると、左前脚(稀に右前脚)で、雌の前翅の翅端部をたたくように触れる。ここで雌の交尾拒否がなければ」(p50)交尾するのですが、雌による交尾拒否がかなり多いようです。鳴き声のほかに、翅をたたくときに分かる雄の脚の長さ、すなわち体の大きさが関係しているのでと推測されるのだそうです。

孵化直後の幼虫は木を伝って地面まで降りていくのかと思っていましたが、地上に落下して土中にもぐるのですね。長時間をかけて降りていくと天敵に捕食される割合が高くなるからでしょうか。
セミヤドリガというセミに寄生して体液を吸う蛾は、他のセミに比べて圧倒的にヒグラシ寄生が多い。同じような環境にいるニイニイゼミに寄生が少ないのは体の部分(前胸背板後縁)の形態の違いによるものではないかという仮説などなど、非常に面白かった。

閑さや岩にしみ入る蝉の声 芭蕉
この句をめぐる斎藤茂吉と小宮豊隆との有名な文学論争や十三年ゼミ、十七年ゼミについての話も興味深いです。

絶版なのが惜しまれます。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「猫は銀幕にデビューする」リリアン・J・ブラウン ハヤカワ文庫

2006-04-23

☆☆

ピカックスに新しい住人セルマがやってきた。彼女は元ハリウッド女優の老婦人で、最近事故で弟を亡くしており、遺された甥と共に映画館を造るという。その舞台に地元の名士クィラランの飼い猫ココの出演が決まり、住民たちは興味津々。だが、セルマの周囲でペット誘拐など不審な出来事が相次ぎ、さらに、セルマの弟が殺害されたのではという疑惑が浮かぶ。ココは無事舞台を成功させ、なおかつ事実を突きとめられるのか?
                 裏表紙あらすじより



偉大なるマンネリ、シャム猫ココ・シリーズ25冊目。マンネリファンのわたしが読みました。
このシリーズの個々の作品の感想で、「犯人が分かりやすい」とか「ミステリがしょぼい」とか「今まで登場していなかった人物がいきなり犯人だった」とか様々なマイナス・コメントを内輪で連発してきたわたしですが、久しぶりに読んで悟っちゃいましたよ。そんなことは木を見て森を見ないに等しい感想なのだと。さらに禅的に表現すれば砂利や岩を見て石庭を見ないみたいな……、例える意味が分からないと思いますが。
つまり、ココ・シリーズはブラウン先生が連綿と語り続けるピカックス・サーガなのです(きっと)。日本を代表するサーガの「渡鬼」や「サザエさん」と同じようなものですね(たぶん)。読んだことはありませんが、日本のミステリでいえば「三毛猫ホームズ」(でしたっけ?)みたいなものでしょう。

あくまでも、ピカックスという町の遷移と住民の日常生活を伺うことをに重きを置いたサーガ・ミステリなのです。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「帰ってきたミス・メル ヴィル」イーヴリン・E・スミス ハヤカワ文庫

2006-04-19

☆☆

ニューヨークの画廊でデビューしたての新進画家が麻薬の打ち過ぎで死んだ。警察は事故と断定したが、続いて画廊のオーナーが殺されて事件は思わぬ方向へ……。
殺し屋から足を洗って画家として名を成したのもつかの間、美術界の黒い陰謀に巻き込まれ、ミス・メル ヴィルは素人探偵に!
お嬢さま育ちの愛すべきオールド・ミスが活躍する人気シリーズ第二弾。
                  裏表紙あらすじより



主人公の枯れ具合が微妙。もう少し年寄りで可愛いおばあちゃんキャラに設定すればよかったのに。恋人もいるし、美術館館長にも心が動いたりして、まだまだ現役なところが微妙。まあ、いいんですけどね。それから訳の問題でしょうが、主人公の育ちの良さを意識するあまり、メル ヴィルの会話が堅すぎて直訳気味に感じます。

余計な描写、関係ない独白が多過ぎると思うのですが、例えば留守番電話(p274)や 地下鉄(p374)に対するメル ヴィルの意見など作者の考えなのか知らないけれど、いちいち登場人物を通して披露しなくてもいいではないのか。
場面転換が少なく、会話がだらだらと続くのも苦手です。

作者はシリーズ第一作目の『ミス・メル ヴィルの後悔』において、オールド・ミスの殺し屋というキャラクターで読者の興味を引き付けたかもしれないけれど、主人公が殺し屋を辞めてしまった本作ではより魅力的な人物造形に努めるべきでした。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「トレイシーのミステリ・ノート 花嫁誘拐記念日」クリス・ネリ ハヤカワ文庫

2006-04-16

Tag :



わたしトレイシーは売れっ子ミステリ作家。小説内では難事件も華麗に解決できるから現実の事件も楽勝、と思いきや結婚を目前にした義妹が誘拐されたから、さあ大変。婚約者はどうも頼りないし、義妹の家族は何か隠してる。すべて怪しく見えるのだ。そんな時、義妹が営む料理店を売れば解放するとの奇妙な脅迫電話が!天使の顔に悪魔の毒舌、素人探偵トレイシー颯爽と登場。小説を愛す素敵な貴女に贈る凛としたミステリ
                   裏表紙あらすじより



と、最後のくだりはそれ程のものかとも思いますが、「貴女」を対象にした典型的な4Fミステリです。
スピーディーでシニカルで、一人称の軽い乗りで読ませてしまう語り口はリップマンのテス・シリーズに似ています。しかしながら、ミステリ部分が弱い。口調は軽くても良いけど、ミステリまで軽すぎ。この動機ならば、もう少し感情を描写してもよかったのでは。結末も納得がいきませんでした。

このハリウッドスターの両親を持ち、弁護士と結婚した売れっ子作家の主人公にはコンプレックスがない。お嬢様の独り善がりな探偵ごっこ話のように感じるのはそのせいかもしれません。キャラクターに何らかの欠点や負の部分を加えなければ魅力は増してこないと思います。シリーズ物ですので、主人公はその後成長しているのかもしれませんけれど…。これ以降の作品は翻訳されていません。この作品も品切れみたいです。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「警視シュワーツ ハンプトン・ビーチ殺人事件」アーヴィング・ワインマン光文社文庫

2006-04-13

Tag :

☆☆

ニューヨークの北東、ロングアイランド島の高級リゾート地、ハンプトン・ビーチに
埋められていた男の死体。男の名はヴィクター・アンボイズ。郷土史家。
アンボイズは、百年まえに消えたという島の土地権利書秘密を握っていた。だが、地元の警察はインディアンの青年を犯人に仕立てて、事件の真相をもみ消そうと……。
ハーヴァード大学出身の異色警官シュワーツが、休暇を返上して事件に挑む。
好評シリーズ第2弾!       裏表紙あらすじより



小林宏明さんが訳者あとがきで述べているように、主人公は“中年の危機”に陥った男。
さらにコカインの賄賂を受け取った過去があり罪悪感に苦しんでいる。が、わたしの嫌いな減らず口タイプなので同情できず。そこらあたりが、前半は良いのに後半になると鼻に付いてきます。主人公は、同じく中年の危機にあるR・ボイヤーのドク・シリーズのように浮気をし、E・ライトのソールター警部シリーズのように妻の仕事に引け目を感じる。しかし、ふたりに比べて衝動的で子供じみた行動には共感出来ません。

警察小説というよりハードボイルドな作品ですが、後半以降、犯人の見当が付いているにも係わらず物語が遅々として進まないのでイライラしてきます。

訳者の言うように、百歩譲ってこの作品が“洒落た”“おとな向けの恋愛小説”であるとしても、作者は「ストーリー・テラーではない」(あとがきより)ので、やはり恋愛(話)はミステリを殺すという良い見本のような作品だと思います。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「ひとたび人を殺さば」ルース・レンデル 角川文庫

2006-04-11

☆☆☆☆

ロンドンの甥を訪ねたウェスクフォード警部は退屈していた。仕事を取りあげられたのでは島流しも同然だ。ところが、ロンドンのどんな名所より彼の関心を引くことが持ちあがった。逗留先の近くの墓地で、絞殺死体が発見されたのだ。被害者は若い娘だった。ウェスクフォードは、やはり警察官である甥に協力して捜査に当たることになった。いわば“私立探偵”である。不思議な事件だった。聞き込みを重ねても、被害者の身元が割れないのだ。名前は偽名だった。周囲との交際もなく、一人ひっそりと暮らしていたらしい。こんな影の薄い女が、なぜ、誰の手で、殺されねばならなかったのか?ニ転三転、捜査は意外な結末に辿りつく。 あらすじより



肥満と高血圧のため長期休暇を余儀なくされたウェスクフォード警部は、首都警察警視である甥の家に療養のため滞在しています。出される食事や散歩コースなど、警部とその夫人や甥夫婦の思い込みや齟齬が可笑しいです。
130ページあたりで事件を解決してしまったものと思い込んだ迷探偵なわたしも可笑しいのですが…。ころりと作者のミスリードに嵌まってしまいました。まんまと騙されたので誉めますが、これは佳作ですよ。今まで読んだ中で一番出来が良いと思います。こちらが予測する話の流れを見事に裏切りますね、レンデルさんて。

マゴーンやブランドは、ストーリーの最後半部分であれこれと容疑者たちを犯人として挙げてはそれを打ち消していくという作業を繰り返し、真のラストに真犯人を指摘します。所謂、読者を惑わせ戦意喪失させるパターンですが、読者がじれてどうでも良いやみたいな気にさせるので、サプライズ効果薄くなる恐れもあります。
一方、レンデルは、読者が犯人と思った容疑者を物語の途中で否定していく手法なですが、その度にサプライズを味わえる効果があります。
この作品はそういう意図が見事に成功していると思います。
以下、少しネタバレです。






しかし、その手法にこだわるあまり、手持ち札が無くなったかのようにワンペアというありふれた手札(真相)で終わったのは実に惜しい。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「闇に踊れ!」スタンリイ・エリン 創元推理文庫

2006-04-09

☆☆☆

わたしの名はカーワン。白人、男性、引退した歴史学準教授。今はテープレコーダーに向かって語りかけている。わたしは末期的な肺癌患者である。余命は数カ月。だが、その数カ月を約三週間に縮めようとしている。少なくとも六十人の命を道連れに。以下述べるのは、その所以である……。鬼才畢生の傑作でありながら、執筆当初米国での出版を拒絶された曰くつきの問題長篇。              裏表紙あらすじより



このカーワン老人と私立探偵ミラノの物語が交互に語られる構成。読みやすいのですが、単調なリズムに半分ほどで飽きがきた。人生を振り返りながら、自分の所有するアパートを住人もろとも爆破する計画を録音していく老人と保険会社の依頼を受けて、盗まれた名画(ブーダン作)の行方を追う調査員。偏執狂的な老人は個性的で興味深いのですが、探偵のほうはただの色ボケおやじだとしか思えない。黒人を嫌悪する老人と黒人女性に惚れた探偵を対比させているのでしょうが、ただ金にあかせて女性の気を惹くこと(みたいに感じる)に一生懸命なキャラクターは退く。なので恋愛話がメインの名画盗難ストーリーの方は、大した事件も起こらず退屈です。見掛はビーフステーキだが、食べてみると520グラムの豆腐ステーキだったみたいに、この作品を重厚そうだけれど何か物足りないものにしている原因はそこら辺りにあるのでは…などと。

さて、尾行に関して「右利きの人間は左肩越しに振り返る傾向がある」とありますが、わたしは右肩越しです。他のミステリでは、左斜め後方が死角になると書いてあって納得した覚えがありますが…。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

「クリミナル・コメディ」ジュリアン・シモンズ サンケイ文庫

2006-04-04

Tag :

☆☆☆

ロンドン郊外の小都会ヘッドフィールド。そこに住むクローレイ夫妻、ポーソン夫妻、彼らの知人たちのもとへ匿名の手紙が届いた。その内容は、デレク・クローレイとゲルダ・ポーソンが浮気をしているというものだった。当人たちは歯牙にも掛けなかったが、ゲルダの夫のチャールズが素人芝居の稽古中に拳銃の誤射で危ない目に遭い、パーティの最中デレクの親友ジェイソンが薬物入りのカクテルを飲まされる事件が起きる。そしてクローレイとポーソンが共同経営する旅行代理店の ヴェニス・ツアーでついに死者がでることに…


物語の導入部の肩の力を抜いたような語り口が上手です。見掛けは良き夫、妻、友人ながら、内面は殆どまともな人物が登場しない犯罪小説。いかがわしい過去の行い、奇妙な性癖、スノッブでゴシップ好きなど様々なキャラの登場人物を意地の悪い、残酷な視点でもってストーリーが進んでいきます。人間の愚かな喜劇はよく描写されていますが、ミステリ的にはトリックはあまり感心しません。舞台がイギリスとイタリアに二分されるのも物語の流れを分断しているような感じを受けます。ジェイソンのイタリアにおける回想にしてしまえば良かったのではないでしょうか。また、本来一番衝撃的なドラマになるはず(あるいは一番にストーリーで語られるべき)のラストで明かされる動機が伏線もなく、いかにもとって付けたような印象を与えるのが残念です。びっくりはしましたけどね。それからコリンのサイドストーリーはなくても良かったんじゃないの?尊敬する作家に面会に行ったジェイソンのエピソードだけで充分だと思いますが…。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ローラ・チャイルズ ジョアン・フルーク ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス ドン・ウィンズロウ マイクル・クライトン C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ジェームズ・パターソン ジェイムズ・パタースン エド・マクベイン ジル・チャーチル リチャード・マシスン ローレンス・ブロック ヘニング・マンケル D・M・ディヴァイン ジャネット・イヴァノヴィッチ ピーター・ラヴゼイ スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン レジナルド・ヒル レックス・スタウト S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン パーネル・ホール アリス・キンバリー ジョー・ゴアズ カール・ハイアセン ウィリアム・カッツ クレオ・コイル マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ カーター・ディクスン ジェフ・アボット マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ヒラリー・ウォー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフリー・ディーヴァー アイザック・アシモフ ジョン・ディクスン・カー イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン ローラ・リップマン ポール・ドハティー フレッド・ヴァルガス G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント