「ダブル/ダブル」マイケル・リチャードソン 編 白水社

2007-01-28

☆☆☆☆

このアンソロジーはとても明快な方針のもとに作られています。すなわちーー原則として二十世紀に書かれた西洋の小説の中から、〈双子〉〈分身〉〈鏡〉〈影〉〈人造人間〉といった、いわば「一人が二人で二人が一人」の物語を集めて面白い本を作る。これがリチャードソン氏の狙いでした。訳者まえがきより



扶桑社ミステリーに『EQMM90年代ベスト・ミステリ 双生児』というアンソロジー
ありましたけれど、本書はジャンル的にかなり広範囲なアンソロジーです。作家たちも豪華ですし費用対効果(いやらしい銭の話ですが)の面でもかなりお買得な一冊。

「かれとかれ」ジョージ・D・ペインター

「影」ハンス・クリスチャン・アンデルセン
学者の影がある出来事で主から離れてしまい、特異な経験をした後に、その影が人間の形をして主のもとへ訪ねてくる。やがて、学者と影の主従関係が逆転してしまうような出来事が起こり…。
この作品は、「真と美と善」について探究する哲学者と世俗的、俗物的な影との対比の物語という捉え方で良いのでしょうか?寓意性の強い皮肉な結末。

「分身」ルース・レンデル
ドッペルゲンガーの伝説と男の優柔不断さが招いた悲劇を描いた作品。「まったく男って奴は…」というレンデルのつぶやきが聴こえてきそうです。

「ゴーゴリの妻」トンマーゾ・ランドルフィ
ゴーゴリの妻は実はゴムの人形だった。その顛末のお話。

「陳情書」ジョン・バース

「あんたはあたしじゃない」ポール・ボウルズ
かなり強烈な衝撃を受ける話。さすがボウルズ。無気味な精神世界の話。

「被告側の言い分」グレアム・グリーン
グリーンのオーラが作品全体を覆っていますが、双子の兄弟のどちらが犯人でどちらが生き残ったのか?読者に謎を問いかけたまま終わる。

「ダミー」スーザン・ソンタグ
自分そっくりのダミーを作り出した男の話。現代社会のアイデンティティーの問題を取り上げているのだろうか。

「華麗優美な船」ブライアン・W・オールディス
劇中劇のように語られるノアの方舟が荒れ狂う海で遭遇したもう一隻の方舟の話、その船には一角獣やケンタウルスやティラノサウルスなどの恐竜たちが積まれていた。なんていう10ページほどの小品ながら、ものすごく読む者にイマジネーションを与えます。さすがオールディスですね。

「二重生活」アルベルト・モラヴィア
一人の若者がもう一つの部屋を借りて二重生活をはじめようとする話。
家を見にいった彼は、そこに今借りているのと同じような部屋、同じような家主とその娘がいるのを発見する。ミニマムなパラレルワールドを想わせる作品。

「双子」エリック・マコーマック

「あっちの方ではーアリーナ・レイエスの日記」フリオ・コルタサル
わたしの苦手な作品。訳が分からない。

「二人で一人」アルジャーノン・ブラックウッド
ブラックウッドにしては牧歌的雰囲気か…、恐くない。

「パウリーナの思い出に」アドルフォ・ビオイ=カサーレス
幻想的な悲恋小説。



ダブル/ダブル ダブル/ダブル
マイケル リチャードソン、 他 (1990/02)
白水社

この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「最上の地」サラ・デュナント 講談社文庫

2007-01-25

Tag :

☆☆

少女が車で爆殺された。私立探偵ハンナが事件を追うと、真の標的は少女の父シェパード博士と判明する。ガン撲滅の研究家がなぜ狙われる?犯行はIRAか動物愛護協会過激派の仕わざに見えるがハンナ自身の周辺にも、周到に張りめぐらされた罠が迫る。果たして真犯人は?英国推理作家協会賞受賞の傑作。内容紹介より



子供が犠牲になる話は読みたくないけれど、英国推理作家協会賞受賞という言葉にはやはり(灯火に集まる蛾の如く)誘引されて読んでしまうのですね。活字の大海に独り漂う寄る辺なき海外ミステリ好きの悲しい性みたいなものです。なんだか気持ち悪い自己憐憫が入ってしまった。しかし、受賞作と言えども時代の流れとともに劣化してしまう作品も当然あるわけでして…、あまたのミステリ本につけられる惹句の‘傑作’の単語ほど当てにならないものはないのです(教訓1)。チャンドラーかぶれの作家らしく、女主人公が饒舌です。英国人だから若干抑制は利いていますが、ハードボイルドの悪しき影響を感じました。この私立探偵ハンナシリーズは三作出ているみたいです。何回も言いますが、シリーズのもは脇役が魅力的でないと長続きしないと思う。それから邦題がわけ分からないので、書名を見て手に取る人がいたのだろうか?

最上の地―私立探偵ハンナ 最上の地―私立探偵ハンナ
サラ デュナント (1994/11)
講談社

この商品の詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「警察署長モーガン」アンドリュー・コバーン 講談社文庫

2007-01-17

Tag :

☆☆

ボストン郊外の静かな田舎の町に響きわたる一発の銃声!そして被害者は二人。男やもめで伊達男、町の人気者の警察署長・モーガンは、州警察の方針とぶつかりながら捜査を開始する。すると一見、平穏に見えた町の陰で、愛と憎悪、野心と欲望に翻弄される人々の真の姿が見えてきた。傑作心理サスペンス! 内容紹介より



田舎だった町の一部が開発され高級住宅地になりセレブが住み、その奥様たちと警察署長が不倫している。そこに旧来の住人である老夫婦が狙撃され射殺される事件が起き、その娘の恋人に嫌疑が係るが、モーガンは昔妻殺しの容疑者だった男に疑いを持つ。

このモーガン署長の魅力が分からないです。妻を事故で亡くした影を持つ男という設定はありふれているし、かといって結婚生活が回想される場面もなく、彼の心の傷がいかほどのものか今ひとつ伝わって来ません。セレブな奥さん三人を惹き付ける魅力がどの辺りにあるのか、人物像が描き込まれていないように感じます。署長が真犯人と疑う男の長男クレメントのほうが、弟想いで優しいけれど屈折した心情を持った人物に描かれていて魅力的です。後、だらだらとした展開の前半はすごく退屈でした。

以下、少しネタばれです。ご注意下さい。















それからエンディングのみんなめでたしめでたしみたいな展開はそれまでの雰囲気からするとかなり違和感があり過ぎです。

警察署長モーガン 警察署長モーガン
アンドリュー コバーン (1997/01)
講談社

この商品の詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「死をはこぶ航海」イアン・ローレンス 理論社

2007-01-16

Tag :

☆☆☆

暗い海をいそぐ漆黒の快速船。見おぼえのある小さな紳士が、哀れな死体となって流れ着いた。少年が死体から見つけた手紙がしめすのは、密告か、さらなる裏切りか……。
やがて少年の耳に不吉な言葉がささやかれるーーだれかがおまえを殺そうとしている。
スティーヴンスンの再来。海洋冒険ミステリー第二弾。内容紹介より



第一作のレッカー(難破船の略奪者)を主題にした『呪われた航海』は、物語初めの残忍な人殺しの場面に驚愕し、全体に終始漂う陰鬱な雰囲気にジュブナイルらしからぬ感じがしました。今時の少年少女はこういう物語を読んでわくわくしているのでしょうか…。もっと突き抜けるように明るい話を読めよって思いました。
そして、その一作目に続いて少年ジョンが主人公のこの作品はやはり前作と同じように暗い感じはしますが、自己顕示欲の固まり(有名人病?)である船員ダッシャーのおかげでかなりそれが軽減されています。ミステリータッチの強いストーリーといい、三十年以上も行方知れずの夫を待ち続けるパイ夫人など登場人物の多彩さとそれらが収斂されていくプロットなどは感心させられました。前作よりは格段出来が良いです。ただ、前作に引き続き主人公ジョン少年の余裕のない生真面目ぶりはどうなんだろう、と思います。必死すぎて遊びがないので疲れます。

死をはこぶ航海―The Smugglers 死をはこぶ航海―The Smugglers
イアン ローレンス (2003/03)
理論社

この商品の詳細を見る

テーマ : 児童書
ジャンル : 本・雑誌

「ビッグ・アップル・ミステリー マンハッタン 12の事件」アシモフ 他編 新潮文庫

2007-01-12

☆☆☆

あらゆる人種がひしめく大都会ニューヨーク。ビッグ・アップルと呼ばれるこの街に事件の絶えたためしはない。グレニッチ・ヴィレッジで、パーク・アヴェニューで、五番街で、今日も起きる強盗、殺人、コン・ゲーム……。Dr.アシモフが精選したこれら12のミステリーで、世界最大の犯罪都市を徹底ガイド。アシモフ自身のほか、クイーン、ウールリッチ、レックス・スタウトなどの作品を収録。 内容紹介より



5番街の殺人『春爛漫のママ』(注:本書では漫は火偏)ジェイムズ・ヤッフェ
57丁目の殺人『緑の氷』スチュアート・パーマー
グレニッチ・ヴィレッジの殺人『ジェリコとアトリエの殺人』ヒュー・ペンティコースト
リヴァサイドの殺人『あの世から』クレイトン・ロースン
西12丁目の殺人『殺人の“かたち”』フランセス&リチャード・ロックリッジ
45丁目の盗難『一ペニー黒切手の冒険』エラリー・クイーン
ニューヨーク港の事件『世紀の犯罪』R・L・スティーヴンズ
西35丁目の殺人『殺人は笑いごとじゃない』レックス・スタウト
パーク・アヴェニューの殺人『一場の殺人』Q・パトリック
ブロードウェイの殺人『地下鉄の怪盗』コーネル・ウールリッチ
5番街のコン・ゲーム『スペード4の盗難』エドワード・D・ホック
ミドタウンの災難『よきサマリアびと』アイザック・アシモフ

巻頭に、北は57丁目から南はニューヨーク港まで、西はリヴァサイドから東はイースト・リヴァまでのニューヨークの簡単な地図が付いていまして、それぞれの作品につけられた地名、通り名とを参照すれば、各々の事件がニューヨークのどこらあたりで起こったのかが良く分かる仕組みになっています。

「ブロンクスのママ」が5番街の殺人を解決したり、ミドタウンで起きた書籍強奪傷害事件を解決しようとダウンタウンを警察本部へと向かうクイーンがいたり、西35丁目に住むネロ・ウルフの助手アーチーがタクシーで東54丁目に聞き込みに向かったり、怪盗ニックが西43丁目で知人に出くわしセントラル・パーク近くの65丁目とハーレムの126丁目にトランプを盗みに入るはめになったり、老婦人を救った若い男の住所を「黒後家蜘蛛の会」のメンバーが推理したり…。

数々の名探偵たちが活躍したニューヨークでミステリー・スポットを観光する際に参考にしたい一冊(行ければの話ですが)。1885年のニューヨーク港で犯罪者が狙った五十万ドル相当の積み荷の正体はこれだったんだと眺めたり、いつもの感じと違うウールリッチが描いた地下鉄に乗ってみるのも良いかも。

ビッグ・アップル・ミステリー―マンハッタン12の事件 ビッグ・アップル・ミステリー―マンハッタン12の事件
I・アシモフ、常盤 新平 他 (1985/01)
新潮社

この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「病魔という悪の物語 チフスのメアリー」金森修 ちくまプリマー新書

2007-01-09

Tag :

☆☆☆

二〇世紀初め、毒を撒き散らす悪女として恐れられた患者の実話。
エイズ、鳥インフルエンザなど、伝染病の恐怖におびえる現代人にも、
多くの問いを投げかけている。 内容紹介より



腸チフスの健康保菌者となってしまったメアリーの悲劇の発端は当時の社会的背景によるところが大きい。身寄りのない女性、アイルランド系移民、下層労働者であるメアリーは、性差別、人種差別、階級差別といった環境に囲まれ、さらに恋人や弁護士の死によりさらに運命に翻弄されることになる。

最初の強制隔離の時には世論はむしろ彼女に同情的だったらしいが、隔離から解放された後、再度犠牲者が出てからは世論の風向きも変わり、ついに彼女は稀代な悪女というレッテルを貼られてしまったのです。

年を経るにしたがい、まるでモンスターのようにイメージが増幅され、「チフスの」という不名誉な言葉を付けられてこれからもずっと語り続けられるだろうメアリー。彼女は決して無知で無責任でずるい人間ではなく、実は気立ての良い料理上手な女性だったみたいです。
もしかしたら、メアリー・マローンは「伝染病、公衆衛生」に捧げられたスケープゴートだったのかもしれません。

ちくまプリマー新書は中学生以上の読者を対象にしているそうで、本書もかなり平易に書かれています。

病魔という悪の物語―チフスのメアリー 病魔という悪の物語―チフスのメアリー
金森 修 (2006/03)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「ミッドサマー・キリング」トレバー・バーンズ 講談社文庫

2007-01-08

Tag :

☆☆

美人の女性警部の前に、猟奇殺人事件の死体が――。パディントン駅から遠からぬハムステッド・ヒースで、その腐乱死体が発見された時、なぜかMI5と英国公安部が動きだした。スコットランドヤードのブランチ・ハンプトンが捜査を進めていくとそこには――。複雑な過去が鮮やかに甦る傑作長編推理!  内容紹介より



警察小説とスパイ小説の二つが合わさると二倍面白い小説になるかというと、不思議なことにつまらなくなる。テーマがエスピオナージと殺人事件の謎だとどうして皆面白くなくなるのだろうか?成功しているのは、ル=カレの『死者にかかってきた電話』くらいなものでは。スパイ小説の中での殺人はイデオロギー対立の結果、表面に現れた好ましくない副産物みたいなもので一つのファクターにすぎないけれど、警察小説における殺人は、それから全てが始まる絶対的重要要因だからもともと相容れないジャンルなのかもしれません。結局、スパイ小説の殺人犯は暗殺者であり国家やそれに付属する権力機構から雇われた名もない人間、一つの歯車なのに対し、警察小説では殺人犯や殺人の動機を探り明らかになっていく過程が読者の興味をそそるわけでして、そこにMI5(国家)が出てくるとたちまち先が読めて興ざめしますね。

上記のことがすべて本書にあてはまるわけではないのですが、MI5の介入、警察上層部からの圧力と捜査中止の命令、それに従わない警部、言わずもがなの旧KGBと過去の出来事などプロットに目新しいものがない。テレビ脚本家出身らしい作者の終盤におけるひねり過多のサービス精神は旺盛ですが、ル=カレの作品を漂白しすぎたような印象を受けました。

蛇足ですが、カバーデザインが辰巳四郎さんにしてはいただけないです。まるで二見文庫みたい。以下、黒地にこんな感じで色使いが多すぎて…。



ミッドサマー・
MIDSUMMER KILLING-Trevor Barnes
キリング
真夏の殺人 ―トレバー・バーンズ/矢沢聖子-訳

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「死よ光よ」デイヴィッド・グターソン 講談社文庫

2007-01-04

Tag :

☆☆☆

老医師ギヴンズは、癌の痛みに耐えかね、死に場所を求めて旅に出る。だが野宿中にコヨーテ狩りの死闘にまきこまれ、辿りついた故郷のリンゴ園では赤ん坊の命を救うことになる。なんとも不思議な死と生の出会い。その深淵から遂に心の癒しと再生の光を掴みだす感動の冒険小説。『殺人容疑』に続く傑作! 内容紹介より



ミステリではなくて、どちらかというと文芸色の濃い作品みたいな感じですね。
不治の病、ロードノベル、冒険小説といえば、マキャモンの『遙か南へ』を思い浮かべますけど、ある意味行っちゃてるあの物語に比べかなり地味で重いです。最愛の妻との出会いとその死、飼い犬の死ともう一匹の犬の死からの回復、死を望む主人公と彼に関わる不法移民労働者の少年や偶然出会った出産など、作者としては「生」と「死」の対比における主人公の再生の物語を紡ぎたかったと思うのですが、作者が話を進める上で都合の良いエピソードばかりが取り上げられていて、かなりバランスが悪い感じがします。妻の死については詳しく語られず、死んだ飼い犬との思い出話は少なく、「生」の喜びとして当然触れるべき、一人娘の誕生と幼少時代のエピソードは全く描かれていない。また、戦死した兄への思いと受けた衝撃についてはどこで語られているでしょうか。読後、中途半端なイメージが残ります。ということで、解説(あるいは、あちこち)で池上冬樹氏が思い入れたっぷりに語っているほどには評価できませんでした。つまり、それほどのものではない。
最後に、どういう意図なのかは分かりませんが、会話部分の翻訳がこなれてなくて直訳風なのが気になりました。

死よ光よ 死よ光よ
デイヴィッド グターソン (2000/02)
講談社

この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョー・R・ランズデール ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ジョージ・P・ペレケーノス ドン・ウィンズロウ ポーラ・ゴズリング ジェームズ・パターソン エド・マクベイン ジェイムズ・パタースン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル C・J・ボックス ローレンス・ブロック リチャード・マシスン D・M・ディヴァイン レジナルド・ヒル スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン ジャネット・イヴァノヴィッチ ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール アリス・キンバリー レックス・スタウト S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル カール・ハイアセン レスリー・メイヤー アイザック・アシモフ ヒラリー・ウォー エド・ゴーマン カーター・ディクスン マイケル・ボンド ルイーズ・ペニー マーシャ・マラー ジェフリー・ディーヴァー ジョン・ディクスン・カー リタ・メイ・ブラウン ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ジャック・カーリイ キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア コリン・ホルト・ソーヤー ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ポール・ドハティー ロブ・ライアン ジェフ・アボット G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント