「恋するA・I探偵」ドナ・アンドリューズ ハヤカワ文庫

2007-04-26

☆☆☆☆

健気でチャーミング、でもちょっと傷つきやすいチューリングは女の子型人工知能。ネットワーク上のあらゆるデータにアクセス可能な彼女は、顧客の検索を手助けするリサーチャーとして大人気だ。だがある日、彼女を作ったプログラマーのザックが突然失踪する。彼に密かな恋心を抱くチューリングは名作ミステリを読み読み探偵術を覚え、彼の行方を追いはじめるが……人気作家の新シリーズ第1弾。アガサ賞最優秀長篇賞作品。
内容紹介より



SF作家が書いたSFミステリは、この場合のミステリとは推理小説、探偵小説という狭義の意味ですが、極端にいうとアメ車がロケットに、拳銃がレーザーガンに、そして殺人の被害者が人間から異星人へ置き換えられただけの基本的には従来のミステリを踏襲した作品が多かったように思います。しかし、この作品はミステリとSFを上手く融合させ新しい境地を開いた、ある意味エポック・メーキングな作品ではないかと(少し大袈裟ですが)。しかも、ミステリ作家側から書かれたというのが何か意味深いものを感じます。

確かにA・Iのモノローグは冗長な気もします。また、真犯人の見当は早めにつきますし、後半部分に強引な展開も見受けられますが、それでもこの画期的な形式の近未来SFミステリの評価を損ねるものではないでしょう。

チューリングがほかのPCへ自分自身をダウンロードしようと考えた時の恐れとためらいの気持ちは、自分とは何かという人工知能の自我の目覚めを描いているように読めました。この辺り、ドナ・アンドリューズは侮れません。


恋するA・I探偵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)恋するA・I探偵 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2005/08/09)
ドナ・アンドリューズ

商品詳細を見る

テーマ : 海外ミステリ
ジャンル : 本・雑誌

「シビュラの目」フィリップ・K・ディック ハヤカワ文庫

2007-04-22

Tag : 短編集

☆☆☆

古代ローマ人の生まれ変わりのSF作家がたどる奇妙な人生と、未来を見られる摩訶不思議な目をめぐる物語を描く表題作「シビュラの目」をはじめ、ホワイトハウスに設置されたコンピュータが大統領をつとめる未来の合衆国で、思いがけず大統領の待機員に任命された男を軽妙に描く「待機員」、本邦初訳の「聖なる争い」と「カンタータ百四十番」、大実業家の死後に起こる異様な出来事を描く「宇宙の死者」など全六篇を収録。
内容紹介より



「聖なる争い」(‘66年)と「シビュラの目」(‘75年)以外の作品「待機員」、「ラグランド・パーグをどうする?」、「宇宙の死者」、「カンタータ百四十番」は‘63年から‘64年にかけてSF雑誌に掲載されています。この合衆国大統領と大統領選挙がテーマのひとつになっている四作品の中で「宇宙の死者」以外はジム・ブリスキンが登場する連作短編です。
1964年の大統領選挙戦では、ネガティブキャンペーンと言われる、花を摘む少女とキノコ雲の有名なCMが放映されました。ディックがそのCMを観たかどうかは分かりませんが、当時の選挙戦とメディアを駆使した選挙戦略を意識して、これらの風刺作品に仕立てたのではないでしょうか。
待機員から本物の大統領になってしまったマックスの対立候補に、宇宙でも有名なニュースキャスターが立ったり、選挙キャンペーンのために歌を作りテレビで歌わされるフォークシンガーが登場したり、テレビやラジオ、電話や電報にまで干渉してくる宇宙の何処からか聞える“つぶやき”が特定の候補の名前を連呼したり…と。

「聖なる争い」は、軍事計画を受け持つスーパーコンピューターと人間との形而上学的というか哲学的な問答をテーマにしているのかと思ったら、唖然となるほどある意味すごいオチだった。

「カンタータ百四十番」人類が長寿になり過ぎて人口が過剰になった二〇八〇年、黒人の大統領が出現か?仕事もなく移住に適した惑星もないため、何千万人もの人が人工睡眠状態になり政府の倉庫で眠っていた。産児制限の教育、宇宙に浮かぶ売春のための人工衛星。
2008年の大統領選にはオバマ氏が立候補していますから、もしかしたら2080年より早くのアフリカ系アメリカ人の大統領が出現するかもしれませんね。

「シビュラの目」は作者の意図するところは分かるような気がするけど、少し説明不足なのでは…。

シビュラの目―ディック作品集 シビュラの目―ディック作品集
フィリップ・K. ディック (2000/06)
早川書房

この商品の詳細を見る

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

「雪の中の三人男」エーリヒ・ケストナー創元推理文庫

2007-04-22

☆☆☆☆

百万長者の枢密顧問官トーブラー氏は、貧乏人に変装しておしのびでの旅行を始めることになった。グランドホテルではこのことを知ってかたずを呑んで待期していたが、とんでもない誤解からドンチャン騒ぎの大連続となった。貧乏人に変装した百万長者と百万長者に間違われた失業青年をめぐって、ホテルの従業員とお客の織りなす人生模様。ケストナーの魔法の鏡に映った、赤ん坊のような雪の中の三人男を描く快心の風刺ユーモア編。内容紹介より



ドイツ・オーストリア国境を挿んで一方ではお金持ち、片方では一文無しになってしまう青年や召し使いに変装してアメリカ人の旅行者一家を接待する伯爵家族が登場する『一杯の珈琲から』、双子が入れ替わる『ふたりのロッテ』、そしてこの作品と、ケストナーはこういうシチュエーションがお気に入りなのでしょうね。わたしも好きです。謎のお金持ちはマッサージやシャム猫が好きという情報を知ったホテル側が用意したそれらのものに、失業青年が困惑する様子が笑えました。また、下男ヨーハンはご主人に対して少々ウェットな態度ながら、メルローズ・プラントのリヴァンやピーター・ウィムジイ卿のバンター並の立派な執事ぶりも面白いです。

などと、現代ではあまり見かけない良質で上品なユーモア小説だと思います。しかし、ケストナーは執筆当時、ナチス・ドイツから厳しい弾圧を受けていたそうです。この後に書かれた『一杯の珈琲から』もユーモア小説ながら為替管理の制約のため主人公が置かれた状況に、カフカ的不条理の世界をかすかに感じるのはかなり深読み過ぎか。

雪の中の三人男 雪の中の三人男
エーリヒ・ケストナー (2000)
東京創元社

この商品の詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「眠れぬ夜の愉しみ アメリカ探偵作家クラブ傑作選(3)」ハロルド・Q・マスア編 ハヤカワ・ミステリ文庫

2007-04-15

☆☆☆

典型的な中産階級のジョンは、細君の悪徳のほとんどにがまんを重ねた。電気カミソリですね毛をそっても、彼の金を使い果たしても、彼女の振舞いが退屈きわまわりないものであっても、耐え忍んだ。ただひとつがまんならなかったのは、細君が豚さながらに肥満している事だった。そこへ、細身で美しいフランシスが現われたのだ。彼女と一緒になるには、なんとか細君を殺さなければならない……。皮肉で残酷な結末を迎える「ジョンとメアリー」を始め、重度の不眠症患者を自認する編者が、読者諸賢の眠れぬ夜のために選んだ、とびきり面白い15の短編。 内容紹介より



「ジョンとメアリー」ロバート・ブロック、「子供ごころ」ドロシイ・S・デイヴィス、
「運命の日」スタンリイ・エリン、「複式簿記」ロバート・L・フィッシュ、「オーデンダール」ジョー・ゴアズ、「ウォッチバードが見ている」アレン・キム・ラング、「シリーナ、ホワイト・ハウスで窃盗」パトリシア・マガー、「逃げた女」ロス・マクドナルド、「ウィリーおじさん」ウイリアム・P・マッギヴァーン、「黒い殺意」ウィリアム・F・ノーラン、「アヒルのかわりに」チャールズ・ノーマン、「物より心」エラリー・クイーン、「用心深い男」ローレンス・トリート、「女心」ヒラリイ・ウォー、「地獄へ堕ちろ」ドナルド・A・ウォルハイム

どうも、古本みしゅらんです。“とびきり面白い”は少し言い過ぎかもしれませんよ。
なかでも面白かった作品を挙げます。

「運命の日」
“私”が三十五年前に遭遇した友の運命の日の話。ある日、朝食の席で見た新聞にはやくざのボスが殺された記事が載っていた。車の中で射殺された死体とゴルフバッグの写真。被害者は“私”の子供時代の親友だった。“私”の記憶は三十五年前にさかのぼり、親友の人生を変えることになったゴルフ場でのやくざの暴力事件に思い及ぶ。
ちょっと強引な展開のような気もしますが、少年の心の劇的変化が象徴的に描かれていると思います。

「オーデンダール」
この手の短編集には珍しいアフリカが舞台の文芸色の強いサスペンス(?)。ゴアズらしい硬派な作品ですねえ、ハードボイルドしてます。ポール・ボウルズとヘミングウェイを足して二で割ったみたいな感じを受けました。ゴアズといえばサンフランシスコとかいかにもアメリカ的な場所を舞台にしそうなイメージだったので意外でした。

「シリーナ、ホワイト・ハウスで窃盗」
パット・マガーがこんなシリーズ・キャラクターを持っていたなんて!全然知らなかった。某国からアメリカ大統領夫人に贈られたオルゴールが殺人用の凶器に掏り替えられているらしいのだが、その確証が得られない。そこでシリーナ(素人女性探偵みたいなひと)の出番となる。ほかの作品も読んでみたいです。

「逃げた女」
「金曜の夜のことだった。ライト・ブルーのコンヴァーティブル、気分はダーク・ブルーで、メキシコ国境から帰途についていた」なんだかアイリッシュの作品を思わせる冒頭部分で一挙に昔懐かしいプライベート・ディテクティブ、プライベート・アイの世界に引き込まれます。キャディラック、ピアノマンのいるクラブ、支配人とギャング、オートマティック拳銃、歌手・悪女、後頭部への一撃、探偵小説においてお約束のエレメント一杯、ラストの余韻も素晴らしいぞ、ロス・マク。リュウ・アーチャーもの。


眠れぬ夜の愉しみ 眠れぬ夜の愉しみ
(1982/07)
早川書房

この商品の詳細を見る

テーマ : 海外ミステリ
ジャンル : 本・雑誌

「TGV(フランス新幹線)殺人事件」アラン・フォージャ 光文社文庫

2007-04-12

Tag :

☆☆

フランスが世界最速を誇る新幹線〈TGV〉。今しも、スペイン国王を来賓に迎えて、ボルドー=パリ間の大西洋線開通式が行われようとしていた。だが、その直前、ロイヤル車内で他殺体が発見される。被害者は鉄道技師。事件は未解決のまま、各界要人と容疑者を乗せた列車は定刻にボルドーを出発。時速300キロ、所要時間三時間半。犯人の狙いは?疾走するTGVの行く手に……。
鉄道ミステリー・ファン必読のフレンチ推理傑作!内容紹介より



わたしは、「鉄」(鉄ヲタ)ではないのですが、
仏「TGV」が世界最速の時速574キロを達成とか
ロシアに新幹線導入を検討 ニジェゴロド州知事が表明
というニュースを読んだら、bオフで前から見かけていたこの本を買ってしまいました。しかし、ちょっと期待していただけに、結果後悔。

国賓が乗る予定の新幹線車内で殺人事件が起こったら、乗車予定をキャンセルするでしょ、普通。しかも、鉄道技師が射殺されてたら、暗殺計画とか国際的な陰謀とか疑うでしょ、普通。犯行が計画的なのは明らかなのに、いくらなんでも偶発的な痴情による殺人事件とか思いませんよね。ところが、一介の警視の判断で予定通りTGVは出発してしまうのです。かなりご都合主義。

犯人は最初から見当が付いてしまうし、余計などうでもいい情報が多い割には臨場感に乏しいし、テロの手段も捻りがない。訳者あとがきによると、作者は「ル・モンド」の《交通》欄担当記者(1992年当時)だそうで、いかにも陳腐なミステリのアイデアに仏鉄道組織、TGVについての職業的知識を肉付けしただけの凡作でした。あえて読み所は、p80からp100にかけての仏政界と官僚組織に対する皮肉な記述くらいですか。


TGV(フランス新幹線)殺人事件 TGV(フランス新幹線)殺人事件
アラン・フォージャ、長島 良三 他 (1992/10)
光文社

この商品の詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「潜行」スチュアート・ウッズ 早川書房

2007-04-07

☆☆☆☆

IRAの犯行と思われる、英国軍兵站部からアメリカ製サブマシン・ガン二千挺が盗まれた事件。二年前から、ソ連が、大学と言語訓練センターにおけるスウェーデン語の教育時間を大幅に増やしている。二つのソヴィエト海軍歩兵訓練キャンプでは、シャツの洗濯量が突然減少した。ストックホルム支局によると、ソヴィエトの潜水艦がスウェーデン領海を侵犯していると思われる“潜望鏡騒ぎ”と呼ばれる現象がさらに増えている。

KGBのスパイ、マジョロフの所在を追うCIA情報本部ソヴィエト分析課の女性課長ルールの元へ毎日送られてくる電報の山から彼女の興味を惹いた上記の情報。さらに、人工衛星が撮ったラトヴィアの海岸の写真に写っている軍の謎の施設、警備兵の銃、潜望鏡らしき物体。
そして、彼女が追っていた男は、なぜかKGB国外工作本部長から海軍特殊部隊スペツナズの責任者になっていた。一体、彼が計画していることとは?

二十年前の国際謀略小説とは思えないほど相当面白いです。コンピューターについて記述した部分以外、カビ臭くありません。‘81年に実際に起ったソ連潜水艦によるスウェーデン領海内での座礁事故を元にして書かれた物語だけにリアリティがありすぎ。無理解な上司、妨害工作にもくじけず陰謀を追う主人公が好印象です。彼女の恋人ウィル・リーはおまけで登場します。また、マジョロフの部下で秘密任務を遂行するヘルダーの人物造形を、よくある殺人マシンみたいなステレオタイプに描かなかったことがこの作品を秀作にしているのではないでしょうか。浅過ぎず深過ぎない人物描写と適度に都合の良い展開、また、こういう小説にお約束のカットバック多用も効果的でした。

潜行 潜行
スチュアート ウッズ (1992/03)
早川書房

この商品の詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「死人主催晩餐会」ジェリリン・ファーマー ハヤカワ文庫

2007-04-02

Tag :

☆☆☆

わたしの名前はマデリン。ハリウッドでパーティの企画や料理のケータリングをしている。今日の仕事は大物プロデューサーのブルーノが主催するハロウィーンパーティ。盛況のうちに終わると思われたその時、突如悲鳴が。ブルーノが誰かに毒殺されたのだ。キッチンにいた同僚が疑われ、わたしは犯人探しに立ち上がる。ケータリング探偵マデリンが活躍するレシピ満載のおいしい新シリーズ。マカヴィティ賞最優秀新人賞受賞作。内容紹介より



ケータリング探偵マデリン・シリーズ第一作目。ダイアン・デヴィッドソン のクッキングママ・シリーズよりケータリングのお客がセレブ系です。主人公のマデリンもちょっとすかしてるイメージがあって生活感がなさ過ぎ。物語の導入部分は、以前紹介した『ダージリンは死を招く』に似ていて(実際は本書の方が先に書かれています)、催し物の会場で死亡事故が起こり、ケータリングの飲食物に疑いが掛かって従業員に嫌疑が及び、仕事仲間の主人公が事件の解決に乗り出す、みたいな展開。これから出てくるであろうケータリング探偵たちの扱う料理は細分化していくでしょうが、ストーリーは今のところパターン化してますね。ただ、本書で述べられる土地にまつわる言い伝え(呪い)は史実に基づいているそうです。それならもっとその呪いをストーリーに生かせば盛り上がったと思いますが、なんだか中途半端なまま終わってしまった感じがします。超自然現象の要素を残しても良かったのではないでしょうか。主人公がギャングらしき二人組に追われる場面は面白かったのですが、その後の銃撃されるシーンは意味不明のように思います。
それと邦題のセンスのなさは致命的。

死人主催晩餐会―ケータリング探偵マデリン 死人主催晩餐会―ケータリング探偵マデリン
ジェリリン ファーマー (2002/07)
早川書房

この商品の詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー アーロン・エルキンズ ルース・レンデル スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョー・R・ランズデール ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ジョージ・P・ペレケーノス ドン・ウィンズロウ ポーラ・ゴズリング ジェームズ・パターソン エド・マクベイン ジェイムズ・パタースン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル C・J・ボックス ローレンス・ブロック リチャード・マシスン D・M・ディヴァイン レジナルド・ヒル スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン ジャネット・イヴァノヴィッチ ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール アリス・キンバリー レックス・スタウト S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ カール・ハイアセン ウィリアム・カッツ クレオ・コイル マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ カーター・ディクスン ジェフ・アボット マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ヒラリー・ウォー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフリー・ディーヴァー アイザック・アシモフ ジョン・ディクスン・カー イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン ローラ・リップマン ポール・ドハティー フレッド・ヴァルガス G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント