「トム・ゴードンに恋した少女」スティーヴン・キング 新潮社

2007-11-26

☆☆

世界には歯があり、油断していると噛みつかれる―。ボストン・レッドソックスのリリーフ・ピッチャー、トム・ゴードンに憧れる、少女トリシアは、9歳でそのことを学んだ。両親は離婚したばかりで、母と兄との3人暮らしだけれど、いがみ合ってばかりいる二人には、正直いって、うんざり。ある6月の朝、アパラチア自然遊歩道へと家族ピクニックに連れ出されるが、母と兄の毎度毎度の口論に辟易としていたトリシアは、尿意をもよおしてコースをはずれ、みんなとはぐれてしまう。広大な原野のなかに一人とり残された彼女を、薮蚊の猛攻、乏しくなる食料、夜の冷気、下痢、発熱といった災難が襲う。憧れのトム・ゴードンとの空想での会話だけを心の支えにして、知恵と気力をふりしぼって、原野からの脱出を試みようとするが……。9日間にわたる少女の決死の冒険を圧倒的なリアリティで描き、家族のあり方まで問う、少女サバイバル小説の名編。内容紹介より



同じアパラチア自然歩道を山歩き素人の中年男二人組がウロチョロするノン・フィクション『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験』(中央公論社)のほうがよっぽど面白い。

物語に入り込めなかった原因は設定に不自然さを感じたからです。キングの作品に登場する子供たちは、あまりにも年齢の割にしっかりし過ぎるきらいがあると思うのですが、9歳の少女トリシアもそんな感じで立派すぎること。そうでありながら、山歩きの基本である、道に迷ったらその場から動かないという鉄則を簡単に破ってしまうこと(母親が初心者ではあるけれどハイキング好きで、一般的な知識を子供に教えているにもかかわらず)。この点はキングなら読者が納得する状況をいくらでも提示できるであろうに、そうしていない。そして、「あれ」がいつまでも長距離に渡って付きまとうこと、が、いまいち効果的な役割を果たしていないこと。

第一、少女が無事で物語が終わることは当然なんだから、家へ還り着くまでの経過がこの程度の話だとキング作品としてはどうなんだろうと。それから、トム・ゴードンとの会話もなんだか宗教じみてて馴染めなかったです。

ボストン・レッドソックスの熱狂的ファン だというキングがレッドソックスに捧げた物語、あるいはちょっと変わったレッドソックス讃歌だと考えれば良いのかもしれませんね。


トム・ゴードンに恋した少女トム・ゴードンに恋した少女
(2002/08/30)
スティーヴン キング

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「歌う白骨」オースチン・フリーマン 嶋中文庫

2007-11-23

Tag :

☆☆☆

霧深き洋上で忽然と消えた灯台守。やがて死体で発見された男を前にして、科学捜査の七つ道具を納めた、法医学博士ソーンダイクの緑色の小型トランクが開かれた……。物語前半で犯人を明かし、後半で完全犯罪のほころびを暴いていく〈倒叙推理小説〉と呼ばれる形式をはじめて試みた、フリーマンの代表的短篇集。 内容紹介より



探偵小説の系統樹があるならば、ソーンダイク博士はリンカーン・ライムのお爺さんくらいにあたるでしょう。作品自体には古典的価値しかないように考えがちですが、この作者の手法がクロフツやディーヴァーに引き継がれていて、特にディーヴァーの作品(リンカーン・ライムもの)はソーンダイク博士の作品に尾ひれを付けたに過ぎず、基本的なものは何ら変わっていないのではないでしょうか。極端に言えばですが。

「オスカー・ブロズキー事件」
宝石に目がくらんで宝石商を殺し、死体を列車事故にみせかけた男の話。
〈ソーンダイク博士もの〉の基準標本を大英博物館に収納するとしたら、この作品を推したいくらい、如何にもな作品。
「計画された事件」
強請られた元脱獄囚が相手の男を殺害し、別の男に罪を着せる話。犯人の行動がなんだか牧歌的に感じてしまいます。
「犯行のこだま」
いわゆる「歌う白骨」。昔犯した殺人事件の共犯者に偶然出会い、その相手を殺してしまった灯台守の話。
「落魄紳士のロマンス」
けちな老年の泥棒が青年時代に知り合った女性に再会するのだが、彼女の持つ宝石に目がくらんで手にかけてしまう。このシリーズには珍しい(?)人情もの。O・ヘンリーの作品みたいな終わり方。
「老いたる前科者」
刑務所を出て結婚し、今では堅気の生活を送る男が身に覚えのない殺人の罪で指名手配される。殺人現場には男の指紋が残されていたのだ。男はソーンダイク博士に助けを求めるが…。この作品のみ倒叙形式ではないです。

これらの作品の印象は、すべての事象が上手い具合に収まるのでピタゴラスイッチを逆回転させたようなものでしょうか。
一日一話づつ読んだほうが飽きがこなくて良いでしょう。それと和田誠氏のカバーイラストは悪くはないけれど保守的で、彼の絵にはちょっと食傷気味なので、山下和美氏くらいを起用して欲しかったかも。


歌う白骨 (嶋中文庫―グレート・ミステリーズ)歌う白骨 (嶋中文庫―グレート・ミステリーズ)
(2004/12)
オースチン フリーマン

商品詳細を見る

テーマ : 海外ミステリ
ジャンル : 本・雑誌

「パラダイス・サルヴェージ」ジョン・フスコ 角川文庫

2007-11-20

Tag :

☆☆☆☆

一家で廃品回収業を営むイタリア系三世の少年ヌンツィオは、ある日、廃車〈ボンティアック〉のトランクに、片目を撃ち抜かれた老人の死体を見つける。日頃「トランクは開けるな」と厳命していた父には話せず、不安はつのる一方。あの死体は一体誰なのだろう?ヌンツィオと兄ダニーは、昔探偵社に勤めていたというおじに力を借りることにする。四肢麻痺で車椅子生活を送る気むずかしいおじと少年たちの冒険が始まった……。少年時代、最後の夏のきらめき。宝物と冒険と魔法に彩られた、ノスタルジック・ミステリ。 内容紹介より



少年の冒険と成長をテーマにした作品をあえて区別してみると、
キングの『スタンド・バイ・ミー』は友情を、マキャモンの『少年時代』は父子愛を、そして本書は兄弟の愛情を描き、『スタンド・バイ・ミー』は死体を探しに行く一種のロード・ノベルで、『少年時代』はダーク・ファンタジーという趣が強いと思います。そして本書はどちらかと言えばミステリ色が濃い。この物語が前記の二作と違って評判にならなかったのは、そこに理由があるのかもしれません。キングもマキャモンも舞台を広大な自然に置いていますが、本書の舞台はイタリア系移民のコミュニティ、“街”です。つまり、主人公の少年の周りには知っている人、既知の場所ばかりで、いわゆる“ワンダー・ランド”がない。イタリアの魔法や魔女の話も出てくるけれど月並みな気がします。ただ、主人公の少年が交通事故死した死人たちとカー・アクションをする場面(第五章 デッドマンズ・ダービー)は良かったので、こういう幻想的な場面を増やして欲しかったです。主人公は夏休みにも係わらず家業の手伝いをさせられるので、他の子供たちと絡む場面が少ないのと、少年らしく弾ける様子が描かれていないのも少年を主人公にした作品としては物足りなさが残りました。このあたり作者がミステリから離れられなかったための結果でしょうか。



パラダイス・サルヴェージ (角川文庫)パラダイス・サルヴェージ (角川文庫)
(2001/10)
ジョン フスコ

商品詳細を見る

テーマ : 海外ミステリ
ジャンル : 本・雑誌

「幽霊探偵からのメッセージ」アリス・キンバリー ランダムハウス講談社

2007-11-16

☆☆☆

「おれは私立探偵ジャック。いや、正確に言うと、ジャックの幽霊だ」なんて面白くない冗談―自分の経営するミステリ書店で売れっ子作家が急死。そして今度は幽霊のご登場?しかもこの幽霊こそが、死んだ作家の描いた主人公、私立探偵ジャック!? 半信半疑のまま書店主ペネロピーは幽霊の力を借り作家の死の真相に迫るが……!? 頭は切れるが体が動かない幽霊探偵と、体は動くが推理がいまいちのミステリ書店主の名コンビ誕生! 内容紹介より




凡百のいわゆる飲食系ミステリの亜種みたいなものでしょうか。但し、舞台はミステリ専門の本屋〈バイ・ザ・ブック〉です。しかし、G・ハートの〈デス・オン・ディマンド〉ものよりミステリ部分がかなり脆弱です。

幽霊になった探偵というアイデアはなかなか良いかもしれませんが、ストーリーもプロットも陳腐な感じ。ペネロピーの脳内で会話しているばかりで幽霊探偵を登場させた意味がないです。ヒロインへのアドバイスだけでなく、もっとポジティブに活躍させてほうが面白くなったように思いました。このシリーズは三作目まで出ているようで、その後主人公の二人がどう描かれていくのかが楽しみではあります。


ミステリ書店(1) 幽霊探偵からのメッセージ (ランダムハウス講談社文庫)ミステリ書店(1) 幽霊探偵からのメッセージ (ランダムハウス講談社文庫)
(2006/01/22)
アリス・キンバリー

商品詳細を見る

テーマ : 海外ミステリ
ジャンル : 本・雑誌

「四月の屍衣」レジナルド・ヒル ハヤカワ文庫

2007-11-13

☆☆☆☆

休暇でリンカンシャーの田舎を訪れたダルジール警視は、そこで知りあった未亡人ボニーの大邸宅に滞在することになった。邸宅は改装してレストランを開業する予定だが、資金不足と彼女の夫が不慮の事故死を遂げたことから中断しているらしい。ダルジールは、ボニーの家族や使用人が彼の死について謎めいた言い方をするのを聞き、死因に疑問を抱くが……『秘められた感情』に続き文庫オリジナルで贈る、話題沸騰の英国本格。内容紹介より



結婚式に出席したダルジールが、その後に葬儀の列に遭遇する極端な場面転換と大雨で氾濫した川に浮かぶ小舟で運ばれて行く棺という幻想的な情景によって、読者をある方向に引き込む手法が計算されていて巧みだと感じました。その流れの中で、邸宅の奇妙な住人たちの行動、冷凍庫の中のネズミの死骸、がらくたが占める部屋、密告の電話、消えた備品などの無秩序な謎に読者は考えさせられるのですが、終盤になって一転、一つ一つの謎に合理的な答えが示されていくところが見事だと思います。その手法は古典的であっても最近のお手軽で、お手盛りのある分野のミステリにくらべると格段に完成度が高いのではないでしょうか。それにダルジール自身の人生に対する葛藤を描いていること。さらに、すべてに合理的な答えを提示している訳でなく、邸宅の女主人ボニーは果たして妖婦なのかそれとも貞女なのか、ジグソーパズルのすべてのピースを埋めないまま謎を残して終わることで物語に余韻を残していると思います。


四月の屍衣 四月の屍衣
レジナルド ヒル (1997/03)
早川書房

この商品の詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

「必然の結末」ピーター・ロビンスン 創元推理文庫

2007-11-09

Tag :

☆☆☆

肌寒い三月のある夜、小糠雨に打たれながら行われた反原発デモが、突如暴動へと発展した。信じられぬ思いで惨状を見つめるバンクスだったが、事の展開はさらに彼の予測をうわまわる。乱闘のさなか、ひとりの警官が刺殺されていたことが判明したのである……。雨が匂うヨークシャーを舞台に、人の心の深淵に分け入る第三弾。別れの予感が全編を律する、現代英国ミステリの逸品。 内容紹介より



内省的で重い性格の主人公たちが目立つなか、バンクス首席警部のような小市民的な主人公は結構好きです。奥さんが父親の病気見舞いで実家に行ってて寂しいことと知り合いの女性が好感の持てない男と付き合っているのが気に食わない、この二つが目下の悩み事なのですから。ウォークマンを携えて聞き込みにいく警部なんて初めて読みました。

87分署シリーズのオリー・ウィークス刑事を思わせるバージェス警視のキャラクターもなかなか魅力的であり、マーラという女性も上手く描かれていると思います。殺された警官は故殺なのか謀殺なのか?この謎の設定の仕方も面白いです。しかし、この被害者の警官やマーラ以外の農場の住人たちの描き方が浅いような気がしました。
物語のコクというか重層性に欠けるために終盤の展開や筋立てがTVの二時間サスペンス・ドラマ風なものに感じられて残念でした。

こういう印象をなくすためには、やはり、主人公に陰影を付けることが手っ取り早い処方箋なのでしょうかね。


必然の結末 (創元推理文庫)必然の結末 (創元推理文庫)
(1992/06)
ピーター ロビンスン

商品詳細を見る

テーマ : 海外ミステリ
ジャンル : 本・雑誌

「ブラック・ウォーター」T・ジェファーソン・パーカー ハヤカワ文庫

2007-11-05

Tag :

☆☆☆

妻は射殺され、夫は頭に銃弾を受けて瀕死の状態で発見された。若き保安官補夫妻を襲った事件は、一見、無理心中と思われた。だが、殺人課の女性巡査部長マーシ・レイボーンはその見方に疑問を感じる。心中にしては不自然な点が多すぎるのだ。昏睡から目覚めた夫は記憶を失い、身の潔白を証明できない。やがてマーシは、事件の陰に大きな闇の存在を感じはじめた……二度のMWA賞に輝く実力派作家による感動のミステリ。内容紹介より



マーシ・レイボーン・シリーズの三作目。主人公の人間関係や職場での立場が頻繁に言及されるので、できれば前二作(『ブルー・アワー』、『レッド・ライト』講談社文庫)を読んでおいた方が良いみたいです。読んでないとその箇所が少しうざい。

プロローグにあたる導入部分を省いていれば、事件が無理心中なのか、あるいは第三者による殺傷事件なのかという謎を読者に提示してサスペンス性が高まったと思うのです。しかし、作者がそうしなかったのは、最愛の妻を失った夫の悲しみがテーマであるのと、彼のその後の行動を強く印象づけるためなのでしょうか。
わたしには夫が意識を取り戻し、亡くなった妻と会話し始めた以降から物語の面白みが若干損なわれたと思います。それまでのマーシの地道な捜査によって事件の糸が解きほぐされていた流れが、夫が事件に係わることによりショートカットしてしまった感じがします。わたしとしては徐々に事実が明らかになる過程のほうがスリリングで興味深いと思いますが、作者の意図するところは別だったのでしょう。
作者パーカーにはきっとウェットな部分が多々あると思うのですが、ラスト部分の突拍子もない片の付け方はどうなんでしょうね。感傷に落ちて、その結果はかなり陳腐でした。

被害者夫婦の隣人ウィリアム・ジョーンズの造形は気に入りました。こういった人物が、シリーズものでは物語に幅を与えるのではないでしょうか。


ブラック・ウォーター (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 21-2)ブラック・ウォーター (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 21-2)
(2007/02)
T.ジェファーソン・パーカー

商品詳細を見る

テーマ : 海外ミステリ
ジャンル : 本・雑誌

「終わりなき孤独」ジョージ・P・ペレケーノス  ハヤカワ文庫

2007-11-01

☆☆☆☆

家族のいないワシントンの探偵デレク・ストレンジにとって、少年フットボール・チームのコーチをすることは生きがいだった。少年たちを指導し、犯罪に手を染めないようにさせる。しかし、そんな彼の情熱をこの街は無情に嘲笑った。練習後、デレクが目をはなした隙に、チームの少年が何者かに射殺されてしまったのだ。己への怒りと深い哀しみを背負い、デレクは犯人を追い始めるが……。無垢な魂に捧げる卑小な探偵の哀歌。
内容紹介より



従来の私立探偵ものは、読者が探偵の行動(つまり依頼人に人探しを依頼され、街を彷徨し酒場で飲み過ぎ、きれいなお姉ちゃんと出会い、頭をぶん殴られ、たまに気が付くと横に死体が寝てたりする…など)、いわゆる都合の良いルーチンワークにいちいち付き合わされ、あまりのパターン化にも苦行僧のごとく耐えて読み進めることが多かったのですが、本書はハードボイルド小説には珍しいモジュラー型、および多視点による描写でとても読みやすかったです。また、テーマの単純な図式化もあります。加害者や被害者になる若者や少年たちは、いずれも父親がいなかったり母親が薬物中毒だったりする家庭問題を抱えています。少年たちを犯罪から守ろうとしている主人公ストレンジもかなり様式化されているように感じました。人によっては、このあたりは作品の評価が違ってくるかもしれませんが…。

ただ、作者はストレンジの個人的な悩みと苦悩をそこに付け加えることで物語に深みを与えているのではないでしょうか。ボランティアでフットボールのコーチをする場面はストーリーにかなり良いアクセントを与えています。
また、この作者は、確かに男の友情を描くのがうまいのかもしれないです。


終わりなき孤独 (ハヤカワ・ミステリ文庫)終わりなき孤独 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2004/08/25)
ジョージ・P・ペレケーノス

商品詳細を見る

テーマ : ハードボイルド
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ローラ・チャイルズ ジョアン・フルーク ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス ドン・ウィンズロウ マイクル・クライトン C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ジェームズ・パターソン ジェイムズ・パタースン エド・マクベイン ジル・チャーチル リチャード・マシスン ローレンス・ブロック ヘニング・マンケル D・M・ディヴァイン ジャネット・イヴァノヴィッチ ピーター・ラヴゼイ スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン レジナルド・ヒル レックス・スタウト S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン パーネル・ホール アリス・キンバリー ジョー・ゴアズ カール・ハイアセン ウィリアム・カッツ クレオ・コイル マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ カーター・ディクスン ジェフ・アボット マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ヒラリー・ウォー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフリー・ディーヴァー アイザック・アシモフ ジョン・ディクスン・カー イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン ローラ・リップマン ポール・ドハティー フレッド・ヴァルガス G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント