FC2ブログ

『告白』ドメニック・スタンズベリー ハヤカワ文庫

2008-11-26

Tag :

☆☆☆

わたしは一流の司法心理学者。金持ちの妻と暮らす一方、女性弁護士との不倫も楽しんでいる。が、快楽的な生活は突如終わりを告げた。突発的に意識を失う症状が現れ、不倫が露見し、妻から別居を宣告される。それからまもなく愛人の死体が発見された。彼女の体にはわたしの体液が残されていた。本当にわたしが殺したのか? 濃厚な悪夢が香るサスペンス。アメリカ探偵作家クラブ賞受賞作。 内容紹介より



犯人の動機、犯罪の方法、アリバイなどが謎として読者に提示されないこのような形態の心理サスペンスは、果たして主人公が黒なのか白なのかという一点に読者の関心が集まるわけで(作家の方は灰色のまま終わらせるオプションもありますが)、単純なストーリーとも言えると思います。だからバリエーションが利かない分、書き手の腕が作品の良し悪しを決める一つの大きな要因になるでしょうし、この作者の技術は大変優れていると思います。しかし、技術以外のメンタルな面といいますか、味とかアクとか醸し出す雰囲気の面では、作者が放つオリジナリティが認められず、フランスの作家が描くようなものがにじみ出ていない気がします。そのため、この作品から、これまでの同様な作品群の集大成的な印象を受けるのかもしれません。所詮は、大変に良く出来たマクドナルドのハンバーガーとでも言いますか。

そう思って吉野仁氏の解説を読んでみたら、本作は「Hard Case Crimeというペイパーバック・シリーズの一作として発表されたもの」であり、「このシリーズは、黄金期のPBO犯罪小説を現代に甦らせようというコンセプトなのだ」* そうで、つまりは、五十年代の犯罪小説をなぞったものらしいのです。どおりで、もしこの作品が四、五十年前のものだったら傑作と呼ばれていたかもしれないと思ったわけです。となると前述の作者の雰囲気云々の問題は、意図的に出さないようにしたのでしょうか?つまりは読者もマクドナルド限定の美味いハンバーガーのみを欲していたということですかね。

*PBOとは、ペイパーバック・オリジナルの略だそうです。



告白 (ハヤカワ・ミステリ文庫)告白 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2005/12)
ドメニック スタンズベリー

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント