FC2ブログ

『手紙と秘密』キャロリン・G・ハート ハヤカワ文庫

2010-08-30

☆☆

第二次世界大戦の最中、町の男たちは兵士として次々と徴用され、人手不足のためにグレッチェンは13歳にして少女新聞記者として働き始める。その直後、友人バーブの母が殺され、バーブの父が容疑者として指名手配された。バーブの母が夫の留守中に不倫をしていたとの噂を聞くが、グレッチェンには信じられない。グレッチェンは“少女探偵”となって、真相を追うが……純真なヒロインの孤独な闘いを描き出した本格ミステリ。 内容紹介より



戦時下の田舎町で、徴兵された住民に戦死者も出て、主人公のドイツ系の祖母に対して心ない仕打ちする者も現れる状況のなか、夫が出征している間、好きなダンスをするために足繁く酒場に通っていた人妻が絞殺されます。被害者への保守的な住民たちの偏見と誤解が広がって、それを正そうとした記事を書いた主人公は友人たちを失います。家庭内では、祖母の身体の具合を心配し、未亡人である母親に親しくする男性が現れて反発するなど雰囲気がかなり暗くて重いです。“少女探偵”から連想する、キャロリン・キーンが描いたナンシー・ドルーみたいな明るさや軽さは全くといっていいほどありませんでした。というか、主人公の少女記者としての働きぶりは目立ちますが、探偵として活躍しているようには読めませんでしたけど。たぶん著者は、ミステリより戦争中の田舎町の無理解や旧弊さを描きたかったのでは。

以下、ネタばれしてます!ご注意下さい。



それでもこの作品にはミステリとしてかなり気になる瑕疵があります。それは、加害者の手には被害者の首を絞めている際に、抵抗する被害者から爪による引っ掻き傷を負わされているという事実が警察によって突き止められているにもかかわらず、それが以降のストーリーに活かされていないどころか言及もされていないことです。真犯人がある場所で盛んに手を動かしているのを主人公が眺めている場面があるのに見逃しているふうだったり、警察でさえ容疑者である夫の手を検分して傷跡の有無を調べていないようだったり、とても不自然に感じました。

タグ:キャロリン・G・ハート




手紙と秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)手紙と秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2006/02)
キャロリン・G・ハート

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート ドン・ウィンズロウ デイヴィッド・ハンドラー ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント