『タナーと謎のナチ老人』ローレンス・ブロック 創元推理文庫

2011-03-09

☆☆☆

ネオ・ナチの活動家である老人がチェコスロバキアの秘密警察に逮捕され、プラハにある難攻不落の要塞の独房に収監された。私、エヴァン・タナーの今回の任務は、そのナチ老人を奪取し、国外へ連れ出すこと。プラハへ向かう列車に乗り込んだ私だったが、いきなり絶体絶命のピンチに見舞われて……。困難極まりない任務の行方は?眠らない男の活躍を描く、痛快シリーズ第二弾! 内容紹介より



スパイ・冒険小説のジャンルにおいて、左側の端にはグレアム・グリーンやジョン・ル・カレの作品があり、もう一方の右側の端にはイアン・フレミングやジェラール・ド・ヴィリエの作品があるとすれば、本作品は、ご都合主義的な、そしてエンターテインメント性の部分では右端に属し、主人公のテンションにおいては左端に寄るという、少々特異な位置を占めていると思います。つまり、己の思想、大義の面から見て理不尽な命令を遂行しなくてはならない不条理さに悩む主人公の姿がある一面、また、色情狂のヒロインの存在や主人公が演説で煽ったために起きた暴動とか救出劇の際の茶番とかスパイ小説のパロディやスラップスティック・コメディの面も持ち合わせています。この特徴が本書に独特の雰囲気を与えていると思いますが、ただ単純に面白いかといったら、何か物足りなさが残るような気がします。たとえば、スパイ・冒険小説ではお約束の国境を越える場面において、サスペンス性が端折られていたり、艱難辛苦になるはずの囚人との逃避行が、人工的なカタレプシーによって、えらくらくちんな旅になっていたりして。まあ、作者が意図してやっているのでしょうけれど。

『快盗タナーは眠らない』ローレンス・ブロック 創元推理文庫

タグ:ローレンス・ブロック




タナーと謎のナチ老人 (創元推理文庫)タナーと謎のナチ老人 (創元推理文庫)
(2008/09)
ローレンス ブロック

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『目撃者失踪』ジョー・ゴアズ 角川文庫

2011-03-05

☆☆☆☆

寝耳に水の話だった。州当局がDKAの探偵業認可を取り消す訴えを起こしたのだ。違反を理由に。違反というのは、1年前オークランド支所で扱った、自動車ローン未払い金の徴収に関するものだった。主任のキャシーが債務者から預かった金を、約束に反して不当に処理した、先方は約束を裏づけるキャシーの手紙を持っているというのだ…。偶然の一致か、キャシーは提訴の直前に急死していた。当日、事務所で彼女と債務者の間にどんなやりとりがあったのか、それを知る4人の所員も今は退職してしまっている…。現住所、転居先も不明の“目撃者”4人を探す探偵たちの必死の捜査の一方、所長カーニーは、1年前のある事件につながる奇怪な陰謀を探りあてていた…。 内容紹介より



DKA探偵事務所ファイル3。
わたしは、ジョー・ゴアズの作品が持つハードボイルドの世界、硬派な雰囲気が好きです。所長のダン・カーニーをはじめとして事務所員たちが男女問わず斜に構えていないところ、いずれもプロフェッショナルに徹しているところ、そしてまた、有能ながらビジネスライクでなく非常に人間臭いところに好感が持てます。今回は、所長の優秀な“手下”二人、へスリップとバラードが辞めていった元所員の行方を追うわけですが、事の発端となった訴訟自体が読んでいても雲をつかむような感じで、目的がピンとこないんですね。そのうえ、人捜し活動も当人に辿り着くまでに、知人や前の隣人など大勢の人物が登場するので頭が混乱してしまいました。なので中盤辺りまで冗長な感じを受けます。しかし、それ以降、訴訟が審理入りし、リーガル風な場面が挿入されるとともに、目当ての人物に近付いていく展開になるころから徐々に面白くなってきます。また、訴訟の隠された目的がぼんやりと見えてきて、ラストで一気に謎が解けるという展開です。

『死の蒸発』ジョー・ゴアズ 角川文庫
『ダン・カーニー探偵事務所』ジョー・ゴアズ 角川文庫




目撃者失踪 (角川文庫―DKA探偵事務所ファイル (5703))目撃者失踪 (角川文庫―DKA探偵事務所ファイル (5703))
(1984/05)
ジョー・ゴアズ

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ドン・ウィンズロウ ジェームズ・パターソン ジェイムズ・パタースン エド・マクベイン ジル・チャーチル C・J・ボックス ヘニング・マンケル ローレンス・ブロック ポーラ・ゴズリング リチャード・マシスン レジナルド・ヒル D・M・ディヴァイン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール レックス・スタウト アリス・キンバリー S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル カール・ハイアセン レスリー・メイヤー アイザック・アシモフ ヒラリー・ウォー エド・ゴーマン カーター・ディクスン マイケル・ボンド ルイーズ・ペニー マーシャ・マラー ジェフリー・ディーヴァー ジョン・ディクスン・カー リタ・メイ・ブラウン ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ジャック・カーリイ キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア コリン・ホルト・ソーヤー ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ポール・ドハティー ロブ・ライアン ジェフ・アボット G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント