FC2ブログ

『淑やかな悪夢 英米女流怪談集』 シンシア・アスキス 他 創元推理文庫

2012-02-03

☆☆☆

神経の不調に悩む女にあてがわれた古い子供部屋。そこには、異様な模様の壁紙が貼られたいた……。“書かれるべきではなかった、読む者の正気を失わせる小説”と評された、狂気と超自然の間に滲み出る恐怖「黄色い壁紙」ほか、デモーニッシュな読後感に震撼すること必至の「宿無しサンディ」等、英米の淑女たちが練達の手で織りなす、本邦初訳の恐怖譚12篇を収めた一冊、文庫化。 内容紹介より



「追われる女」シンシア・アスキス
タイトル通りに無気味な男からストーカーまがいに追われる女性の話。
ある人物が登場したとたんに展開が読めてしまい、結末も何の捻りも意外性もなく終わってしまうという物足りなさ。

「空地」メアリ・E・ウィルキンズ・フリーマン
田舎町の旧家である一家に遺産が転がり込み、子供の教育や良縁を求め、都会の一等地の屋敷を格安の値段で購入し、引っ越してきたのは良いけれど、周りで怪奇現象が起き始めるという話。結局、一家の先祖が犯したらしい不行状が原因らしいということを示唆して終わりますが、その伏線が弱いためにインパクトがないです。

「告解室にて」アメリア・B・エドワーズ
ヨーロッパ旅行中にスイスのある田舎町を訪れた女性が、町の教会の告解室で目撃した牧師にまつわる話。嫉妬深い男と浮気癖のあるその妻、このふたりの身に起きた出来事に巻き込まれた牧師という構図。

「黄色い壁紙」シャーロット・パーキンズ・ギルマン
このアンソロジーの目玉作品。
もともとちょっとおかしいのに、この作品を読んで万が一さらにおかしくなったらどうしようかと心配しながら読んだんですけど、読む前にハードルを上げ過ぎたせいか、それほどでもなかったので良かった。想像力に乏しいため壁紙のイメージが湧かずに自分残念!ジワジワ来る怖さはあります。感受性の強い人や繊細な人はまた違った感想でしょう。

「名誉の幽霊」パメラ・ハンスフォード・ジョンソン
ある屋敷にでる姿は見せるが顔は見せない男の幽霊と泊まり客とのブラックユーモア・ホラー

「証拠の性質」メイ・シンクレア
亡くなった前妻の霊が、夫と後妻の営みの邪魔をするという、なんだか江戸落語にも同じような噺がありそうな、そこで落とすのかって言いたくなるような落としどころがエロチックな艶話。

「蛇岩」ディルク夫人
呪われた血が流れているとの理由で、母親に軟禁されている娘が、いわゆる白馬の王子様に命を救われ、
結婚し子供も授かり、末永く幸せに暮らしましたとさ、という物語の後日談。

「冷たい抱擁」メアリ・E・ブラッドン
永遠の愛を誓い合った若い男女の物語。心変わりしたことも知らず若者を待ち続ける娘、別の男との結婚を強いられて河に身を投げてしまいます。帰郷し娘の死を知った若者は、その地から逃げ出して放浪しますが、どこに行っても彼一人になると……。

「荒地道の事件」E&H・ヘロン
心霊探偵フラックスマン・ローが登場する話。彼が滞在する屋敷近くに出没する“地霊”が人間に危害を加えるというもの。この“地霊”という発想が西洋の怪談では目新しいような気がしました。

「故障」マージョリー・ボウエン
クリスマス・イヴに旧友を訪ねるため、目的地に列車で向かっていた主人公の男が、鉄道の故障のために途中下車し、真冬の夜、友人の家へ見知らぬ土地を歩いて行くはめに。歩き疲れた彼は、途中で見掛けた「願望荘」という宿屋に。そこには「イヴをこの宿で過ごすと、願いが叶う」との古い言い伝えがあり、主人公はある願いをかけます。彼の願掛けひとつに対して、二通りの結果が用意されているところが結構巧いと思いました。

「郊外の妖精物語」キャサリン・マンスフィールド
食べ物の話ばかりに夢中な両親を持つ、とても小さくてか弱い子供に降り掛かった、神隠しみたいな出来事。切なくて、非常に幻想的でもあり、おとぎ話のような物語。

「宿無しサンディ」リデル婦人
我が身を犠牲にするか、あるいは代わりの者を差し出すか、悪魔との取引を迫られる悪夢を見た牧師がとった選択とは……。どちらを選ぼうとも救済されないという状況への敬虔なクリスチャンの恐れは分かるものの、宿無しサンディという男の人物描写が大まか過ぎて、あれこれと余韻が残らないです。

タグ:ホラー




淑やかな悪夢 (創元推理文庫)淑やかな悪夢 (創元推理文庫)
(2006/08/30)
シンシア・アスキス他

商品詳細を見る

テーマ : ホラー小説
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント