FC2ブログ

『奇跡の自転車』 ロン・マクラーティ 新潮社

2013-01-04

Tag :

☆☆☆☆

スミシー・アイドは43歳。体重126キロ。昼間は兵隊フィギュアの製品管理で退屈な時間を過ごし、夜は酒と紫煙とジャンクフードに身を浸して漫然と日々を送っている。そんなある日、両親が自動車事故で死亡。葬儀を済ませ、遺品を整理していた彼は、父に宛てられた一通の手紙を開封する。それは、20年以上も消息を絶っていた姉ペサニーの死亡通知だった。こうしてスミシーは、いっぺんにひとりぼっちに ― 。
放心状態の彼は、実家のガレージで少年時代の自転車を発見する。タイアの空気が抜けているのに気づいた彼は、ガソリンスタンドに向う。それが、姉の眠るLAにいたる大陸横断旅行のスタートとなることも知らずに ― 。
心を病んで奇行に走りつづけた姉。そんな彼女に振り回されながらも温かく幸せだった家庭。記憶をたどりながらひたすら西へとペダルを踏みつづけるスミシーを、優しくも残酷なアメリカの人々はどう迎えるのか……。 内容紹介より



あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。皆様にとって良い一年でありますように。
積読本のなかに、巳(蛇)が邦題の付いた本がないので、今年、奇跡が起きるように本書を読んでみました。


「あんた、どうしようもないデブッチョのウスノロになろうとしてるよ。それに飲み過ぎだと思う。今だって酔っぱらってるでしょ」(p436)、「あたしを捜してくれたときのこと、覚えてる?給水塔の下で見つけてくれたこと、あったでしょ?あたしを自転車に乗せてくれて、自分はならんで走ってたよね。あたし、だから、怖いの。あんたが走るのをやめちゃうんじゃないかって。やめてほしくないのよ。あんたにはランナーでいてほしいの。走ることを覚えててほしいの。」(p438~439)

身体のなかにいる“声”のせいで、自傷や家出を繰り返す姉ペサニーから、青年時代にこう言われた主人公スミシーは姉が危惧したとおり“走ること”をやめてしまい、無為な人生を過ごすデブッチョになってしまっています。両親ばかりか、姉までも亡くしたことを知った彼は、酔ったまま自転車で走り出しますが、それがLAへの約二ヶ月に渡る自転車旅行の意図しない始まりでした。
物語は、主人公が旅中に出会う人々やエピソードと彼の姉の少女時代に始まり、消息を絶つまでの回想シーンを交互に挿んで進むロードノベルです。
森田義信氏の訳者あとがきによると、この作品にオーディオ・ブックという形で出会ったスティーヴン・キングが主人公スミシーを『ライ麦畑でつかまえて』のホールデンになそらえたらしいのですが、無邪気さを感じさせる悪意のなさ、云われのない誤解や暴力を受けても他人への憎しみなどの負の感情を抑えるところや各エピソードの内容から『フォレスト・ガンプ』を思い出しました。人生を走ることをやめていたとはいえ、43歳にしてはかなり子供じみている印象を受けるのが気になりましたけれど、幼馴染の娘ノーマとの泣かせるやり取りなど再生を描いた佳い作品でした。

本書は、新潮文庫からは『ぼくとペダルと始まりの旅』というタイトルで出ています。




奇跡の自転車奇跡の自転車
(2006/08/30)
ロン・マクラーティ

商品詳細を見る

ぼくとペダルと始まりの旅 (新潮文庫)ぼくとペダルと始まりの旅 (新潮文庫)
(2010/09/29)
ロン・マクラーティ

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント