『騎手マテオの最後の騎乗』フリードリヒ・トールベルク 集英社

2014-02-26

Tag :

☆☆☆

作者のフリードリヒ・トールベルクがアメリカ亡命中に執筆し、1985年に遺稿の中から出版されたこの小説は、彼の詩的イマジネーション力による手に汗にぎる作品であるとともに、彼の深い人間智の感動的な産物である。 帯よリ



主人公のマテオは四十一歳のイタリア人です。オーストリアにある伯爵の所有する厩舎のお抱え騎手で、全盛期には「疾風のようなイタリア人」と呼ばれるほどの名騎手でしたが、ここ数年の不振により解雇され、引退を余儀なくされてしまいます。一時は競馬から手を引こうと決心した彼でしたが、しかし、もう一度だけ大レースに出て優勝したいと切望するようになります。彼は元の雇い主の伯爵の元を訪ね、近く迫ったダービーで騎乗させてもらえるよう直談判しますが……。たとえたった一回だけでも良いから、昔まとった栄光を取り戻そうとする男を描いた100ページほどの作品です。競馬はやったことがないけれど、ディック・フランシスの作品は好きですし、興味はあります。一瞬で決まる勝負とそれにまつわる名誉、競走馬の魅力と賭け。こういうテーマの作品に競馬界を舞台に据えたことは成功していると思います。短いページ数も主人公の人生を一レースに凝縮し、彼の「最後の騎乗」を語る上において無駄を排したものだからなのでしょう。



騎手マテオの最後の騎乗騎手マテオの最後の騎乗
(1993/11)
フリードリヒ・トールベルク

商品詳細を見る





テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

『葡萄色の死』マーティン・ウォーカー 創元推理文庫

2014-02-22

Tag :

☆☆☆☆

夏の終わりの夜明け前、サンドニの遺伝子組み換え作物の試験場が放火された。村でただひとりの警官にして警察署長のブルーノは、国家警察の刑事に協力し住人への聞き込みを行う。そんな折、村の青年がワイン農場の大きなワイン桶の中で死んでいるのが発見された。事故か?殺人か?放火との繋がりは?心やさしき警察署長は、村の平穏を取り戻すために不可解な事件に挑む! 内容紹介より



警察署長ブルーノ・シリーズの第二作目。一作目の『緋色の十字章』は未読です。
作者が英国人という先入観があるせいなのか、読んでいて強く感じたのは、ピーター・メイルの一連のプロヴァンス・シリーズを彷彿とさせる、雰囲気の似ている場面があちらこちらで見受けられることでした。特に、主人公が退職した警察署長のブドウ畑で収穫を手伝う場面のように村人との交流を描いた箇所です。桶に入れられたブドウの実を踏みつぶす作業を皆で行うところはメイルの作品でも取り上げられていたような気がします。実際、作者はフランスに家を持ち、本書を執筆する上で様々なアドバイスを地元の人たちから受けているみたいです。
警察署長といっても日本でいうと村の駐在さんみたいな感じですが、より深く村の政治や経済にかかわる立場にあるとともに、非常に地域や村人と密接であるため、言われるようにコージー・ミステリ風味も帯びています。また、村とその住人が巧みに描き出され、描き分けられている点では、ルイーズ・ペニーのガマシュ警部シリーズとも共通点があるように思います。しかし、ミステリ部分に関しては弱く、犯人像については大雑把な印象を受けました。それでもとても良い作品です。




葡萄色の死 (警察署長ブルーノ) (創元推理文庫)葡萄色の死 (警察署長ブルーノ) (創元推理文庫)
(2012/11/29)
マーティン・ウォーカー

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー アーロン・エルキンズ ルース・レンデル スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョー・R・ランズデール ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ジョージ・P・ペレケーノス ドン・ウィンズロウ ポーラ・ゴズリング ジェームズ・パターソン エド・マクベイン ジェイムズ・パタースン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル C・J・ボックス ローレンス・ブロック リチャード・マシスン D・M・ディヴァイン レジナルド・ヒル スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン ジャネット・イヴァノヴィッチ ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール アリス・キンバリー レックス・スタウト S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ カール・ハイアセン ウィリアム・カッツ クレオ・コイル マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ カーター・ディクスン ジェフ・アボット マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ヒラリー・ウォー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフリー・ディーヴァー アイザック・アシモフ ジョン・ディクスン・カー イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン ローラ・リップマン ポール・ドハティー フレッド・ヴァルガス G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント