『トップレス・バーの女』ヒラリー・ウォー ケイブンシャ文庫

2014-10-30

☆☆☆

警官殺しの鍵を握る美貌のトップレス・ダンサーが失踪した。捜査を依頼された私立探偵サイモン・ケイが関係者を洗って大都会のセックス・ゾーンに乗り込むや、次次と起こる血なまぐさい連続殺人事件。錯綜する難事件を追って、推理界の世界的巨匠が放つバイオレンス・ミステリーのシリーズ第一弾。 内容紹介より



〈私立探偵サイモン・ケイ〉シリーズ。
ヒラリー・ウォーが1983年に発表した、私立探偵を主人公にしたハードボイド小説です。83年というとかなり後期の作品に当たります。ウォーといえば警察小説というイメージを持っていたので、こういう作品を書いていたのは意外でした。88年には彼の代表作の一つだと個人的に思っている『この町の誰かが』を発表しているのですが、『この町の誰かが』の円熟味、強固な構成力、意外性と較べると、本書は作者の初期の作品かと間違えてしまいそうな内容です。良く言えば従来のハードボイドを踏襲しているし、逆にバイオレンスは中途半端であり、全体に新味に乏しい印象でした。このジャンル恒例の頭部への一撃からの失神、謎の女、怪しいバーの経営者といった要素はふんだんに盛り込まれています。
ミステリ的には点と点が非常に結びつきやすく、展開が早々に読めてしまいます。そして、「卑しい街」が卑しい店に偏ってしまい、街自体の雰囲気が伝わってこず、主人公のキャラクターがどちらかと言えばソフト路線で、ハードでドライが好みなわたしにはちょっと合いませんでした。

タグ:ヒラリー・ウォー




トップレス・バーの女 (ケイブンシャ文庫)トップレス・バーの女 (ケイブンシャ文庫)
(1984/12)
ヒラリー・ウォー

商品詳細を見る





テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『聖女が死んだ』キャサリン・エアード ハヤカワ文庫HM

2014-10-27

Tag :

☆☆☆

シスター・ピーターの顔がさっと青ざめた。知らぬ間に指に血がついている。静かな修道院に大騒ぎが起こって数時間後、シスター・アンの撲殺死体が地下室で見つかった。スローン警部は早速女の園に急行したが手掛かりは見つからなかった。その夜、何者かの通報で警部は近くの農学校に出向いた。驚いたことに、学校では修道女姿の人形が燃やされ、しかも、人形はシスター・アンの眼鏡をかけていたのだ。そして数日が、今度はたき火を行った学生の一人が惨殺された……平和な村を震撼させた連続殺人事件を結ぶ糸は?女流本格派の記念すべき処女作! 内容紹介より



〈スローン警部シリーズ〉です。
発表されたのは1966年の作品なので、今風な過度に刺激性に富んだ内容ではありません。撲殺と絞殺事件が起きますが、残虐性は抑えられており、作品全体から醸しだされる控えめな英国的ユーモアに懐かしいのんびりした感じを受けました。また、修道院のなかの生活やしきたりなどなかなか興味深かったです。他人への好奇心を戒め、没個性が推奨される、五十人ほどの修道女が信仰生活をおくる修道院のなかで殺人事件が起きるという設定からしてブラックユーモアであり、浮世離れした彼女たちと世俗である警察官とのちょっとかみ合わないやりとりや、警察署長と警部の会話の絡みも面白かったです。ストーリーは、修道女殺害事件の後、ガイ・フォークス・ナイトに修道院に隣接する農学校の敷地内で、修道院から持ちだされた修道服と被害者の眼鏡を付けた人形が焼かれるという奇妙な出来事が起こります。そしてその後、その出来事を計画した農学生が殺されるというもの。状況からぼんやりと殺人犯の見当は付くのですけれど、動機がさっぱり分かりませんでした。こういう雰囲気の作品は結構好きです。




聖女が死んだ (ハヤカワ・ミステリ文庫 84-3)聖女が死んだ (ハヤカワ・ミステリ文庫 84-3)
(1983/05)
キャサリン・エアード

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『修道院の第二の殺人』アランナ・ナイト 創元推理文庫

2014-10-24

☆☆☆

煙ただよう古都、ヴィクトリア朝エジンバラ。パトリック・ハイムズは修道院で働く妻と、そこの学校の教師だった女性を殺した罪で絞首刑に処された。しかし、彼は妻の殺害は認めたが、第二の殺人は頑として否認したまま死んだのだった。彼の最後の訴えを聞いたファロ警部補は、新米医師である義理の息子のヴィンスと再捜査を始める。歴史ミステリの大家が贈る、軽快な犯人捜し! 内容紹介より



ジェレミー・ファロ警部補シリーズの第一作目です。
時代設定は異なりますが、同じ歴史ミステリということでポール・ドハティの〈アセルスタン修道士〉シリーズと比べてみると、本書の舞台であるヴィクトリア朝エジンバラが醸し出す雰囲気や庶民の風俗、習慣といったものが非常に希薄に感じました。〈アセルスタン修道士〉シリーズとさほどページ数は変わらないのに、歴史ミステリの歴史部分のこのダウンサイジング感はいかがなものでしょうか。時代の情緒に浸れなかったのは残念です。一方、主人公のキャラクターはなかなかユニークで、部下の人気に嫉妬したり、女優に一目惚れしたり、義理の息子への情愛を示したりする場面など、犯罪者に対する時の強面の警察官とは違った、弱さや心細さを見せる人間味のある造形になっているところは魅力的だと思います。ただ、当時の平均寿命を加味したものなのかどうなのか、まだ三十代後半なのにやたら年齢を気にする点が気になりました。ミステリとしては、恋愛要素を盛り込んでいるために中盤にかけて少々もたもたしているように感じました。ある人物のレッドヘリングとしての使い方はもっと上手く工夫すれば、さらに効果的だったのではないかとちょっともったいなく思いました。




修道院の第二の殺人 (創元推理文庫)修道院の第二の殺人 (創元推理文庫)
(2012/03/10)
アランナ・ナイト

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『カップケーキよ、永遠なれ』J・B・スタンリー コージーブックス

2014-10-20

Tag :

☆☆

〈デブ・ファイブ〉として友情と思い出をはぐくんできた5人。気がつけば、それぞれが違う人生を歩み、幸せをつかもうとしていた。あと必要なのは、ダイエットのみ!そんなある日、催眠療法がダイエットに効果絶大らしいとメンバーのひとりが言いだし、試してみるとみるみる効果が。未来はバラ色に思えた矢先、図書館長ジェイムズの息子が、よりによってベジタリアンになると言い出した。困り果てたジェイムズは農家のフェスティバルで「食育」をしようと思いつくが、祭りのさなかに町会議員が心臓発作で死亡。その直後、祭りを妨害したデモ隊の女性も何者かに殺された。ふたつの事件に関連があると睨んだ〈デブ・ファイブ〉のメンバーは、力を合わせて最後の事件に挑むことに! 内容紹介より



ダイエット・クラブ6です。第五作目の『とんでもないパティシエ』は未読です。
出版先がこれまでのRHブックスプラスからコージーブックスに変更になっていますが、訳者は武藤崇恵氏で変わりません。それから、本書がシリーズの最終巻になるそうです。そういうこともあって、内容も〈デブ・ファイブ〉のメンバーそれぞれがパートナーを得る大団円の形で終わります。このシリーズは、他のコージーものと一味違った感じでしたが、主人公ジェイムズの恋愛のパートナーが次々に変わるところもそのひとつです。五作目を読んでいなかったので、今回の相手がまったく意外な人物だったので驚きました。シリーズ全体で六作品は少ないような気もしますけれど、ミステリ的にはこれといってめぼしいものがなく、メンバーの特にジェイムズのキャラクターで読ませるみたいなものでしたし、彼の周りの人物たちが皆良い人という設定やいっこうに痩せる気配がない状況にも少々飽きてきたので、そろそろ潮時だったのかもしれません。著者は別シリーズも書いているらしいので、それも翻訳して出していただきたいものです。

J・B・スタンリー




カップケーキよ、永遠なれ (コージーブックス)カップケーキよ、永遠なれ (コージーブックス)
(2014/02/10)
J・B・ スタンリー

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ダ・ヴィンチ贋作計画』トーマス・スワン 角川文庫

2014-10-16

Tag :

☆☆☆

債券偽造の罪で服役中のスティールにその手紙が届いたのは、出所十日前だった。差出人は、不明。しかし、手紙にはかつて自分が偽造した百ドル札が同封されていた。スティールは手紙の指示通り、出所した足で謎の男に会いに行く。男は美術商カレムと名乗った。金回りのよさそうな巨漢の男は、単刀直入に前代未聞の贋作計画を持ちかける。歴史の闇に埋もれた多数のレオナルド・ダ・ヴィンチ作品を現代に蘇らせようというのだ。成功すれば総額一億四百万$!半ば脅されるままに、計画に乗ったスティールだが……。欲望うごめく美術界の裏を綿密に、そして大胆に描く、ピカレスク小説の逸品。 内容紹介より



以下、ネタバレしています、ご注意下さい!

五百ページ超の力作で、まとまりも良いと思うけれど何か物足りない。わたしの勝手な思い込みですが、要するに内容を、贋作を売りつけるコンゲームの話、その計画中に起きた殺人事件を捜査する警察小説、このふたつを折衷したことで核心がぶれてしまったような気がしました。結局、コンゲームのはらはらどきどき感と成功した場合の爽快感、警察小説における犯人を追い詰めていく徐々に高まるサスペンス、こういう両方のいいとこ取りを狙った結果、それらが相殺されてしまったような印象を受けます。たとえばテロや要人暗殺などの陰謀とその計画を察知し阻止しようとする捜査機関という構図(たとえその計画が失敗に終わるとわかっていても)は見事にハマるのですが、死体付きのコンゲームと警察小説は相性が悪いのではないでしょうか。警察が動き始めた時点で計画が上手くいかないのは明らかですし、そもそもコンゲームは頭脳戦であり、成否にかかわらず誰も傷つけずスマートに行うのが暗黙のルールみたいなものですから。それからダ・ヴィンチの隠れた逸話なり、うんちくなりを披露して、彼を影の主人公にするくらいのことはして欲しかったと思いました。

『探偵レオナルド・ダ・ヴィンチ』ダイアン・A・S・スタカート ランダムハウス講談社




ダ・ヴィンチ贋作計画 (角川文庫)ダ・ヴィンチ贋作計画 (角川文庫)
(2002/03)
トーマス・スワン

商品詳細を見る

『フェルメールの暗号』ブルー・バリエット ヴィレッジブックス

2014-10-12

Tag :

☆☆☆

暗号とパズル好きのコールダーと美術館と本好きのペトラはシカゴにある同じ学校のクラスメイト。ある日、学校で出された宿題から偶然にもフェルメールを知ったふたりは、調べれば調べるほど謎につつまれている画家に夢中になっていった。それからしばらくしたある日、シカゴへ輸送中のフェルメールの名画が盗難にあってしまう。新聞の一面広告には犯人からの挑戦状が掲載され、やがて事件は世界中を巻き込む大騒動に!コールダーとペトラは犯人と盗まれた絵画のありかを探し出そうと謎解きを開始するが……。子どもから大人まで楽しめる話題の解読ミステリー。 内容紹介より



十一歳の少年と少女を主人公にしたヤングアダルト作品です。ふたりの担任の先生と近所に住む老婦人以外の大人、特に彼らの両親はスヌーピーの『ピーナッツ』に脚までしか登場しない大人たちと同様に存在が希薄なので、そこのところは物足りなさを覚えました。主人公ふたりの担任の先生が行うユニークな授業や老婦人が所有していた、奇妙な自然現象をまとめた本などからインスピレーションを受けて、彼らはフェルメールについて調べ始めます。そして、シカゴの美術館で展示予定だった名画『手紙を書く女』が盗難に遭うという事件が起こり、従来、フェルメールの作品とされているもののなかには、彼の弟子や贋作者の作品が含まれているのではという美術史界の説が一般に広まります。主人公たちは名画の謎と盗まれた絵画の行方を解こうとするのですが……。
カエルが空から降ってくるような不思議な現象が世界各地で起こっているのだから、この世の中に確かなことや絶対なことはない。だから、物事を定説や常識の型にはめないで、好奇心や疑問をもって捉えてみよう、というメッセージが伝わってくるとともに、なにかについて調べてみたい勉強してみたいという気持ちが湧いてくる物語でした。一方、ある数字に事物をやたら集約させようとしたり、ややインスピレーションに重きを置く傾向は疑問に感じました。




フェルメールの暗号 (ヴィレッジブックス)フェルメールの暗号 (ヴィレッジブックス)
(2009/04/20)
ブルー ・バリエット

商品詳細を見る

テーマ : YA(ヤング・アダルト)
ジャンル : 本・雑誌

『迷走パズル』パトリック・クェンティン 創元推理文庫

2014-10-09

Tag :

☆☆☆☆

アルコール依存症の治療もそろそろ終盤という頃、妙な声を聞いて恐慌をきたしたピーター。だが幻聴ではなく療養所内で続いている変事の一端とわかった。所長は言う―ここの評判にも関わる、患者同士なら話しやすいだろうから退院に向けたリハビリを兼ねて様子を探ってもらいたい。かくして所長肝煎りのアマチュア探偵誕生となったが……。パズルシリーズ第一作、初の書籍化。 内容紹介より



以前読んだ『悪女パズル』はシリーズ第四作目にあたります。本書は1936年に発表されたシリーズ第一作目であり、主人公のピーター・ダルースが後に妻となるアイリスと出会う回ですのでできれば順番に読んでいきたいところです。重篤ではない精神や心理に問題を抱えた患者を収容している療養所が舞台になっており、緩いクローズドサークル風な設定で、真犯人、容疑者、犠牲者は医療従事者か患者の中にいるという本格ものです。と言ってもガチガチの本格ものではなく、古き良き時代の軽快な雰囲気を感じさせる作品だと思います。火事で妻を亡くしたせいで酒に溺れた主人公、破産しかけてるという妄想に囚われた投資家、聴衆や車に向かってタクトを降り始めた有名指揮者、霊の声が聞こえるという青年、フットボールの試合中、頭部を打撲してから自分をドラッグストアの店員だと思い込んでいる若者、元チャンピオンレスラーの介護士、職員や患者を魅了する美人看護師、カリスマ性を持った所長など、舞台設定を上手く活かしたキャラクター造形を行っています。

『悪女パズル』パトリック・クェンティン 扶桑社ミステリー




迷走パズル (創元推理文庫)迷走パズル (創元推理文庫)
(2012/04/27)
パトリック・クェンティン

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『縮みゆく男』リチャード・マシスン 扶桑社ミステリー

2014-10-06

☆☆☆☆☆

スコット・ケアリーは、放射能汚染と殺虫剤の相互作用で、一日に7分の1インチずつ身長が縮んでゆく奇病に冒されてしまう。世間から好奇の目、家庭の不和。昆虫なみの大きさになってなお、孤独と絶望のなか苦難に立ち向かう男に訪れる運命とは?2013年6月に逝去した巨匠マシスンの代表作を、完全新訳で25年ぶりに復刊。巻末には『ランボー』の原作者デイヴィッド・マレルによる詳細なあとがきも収録。ジャンルを超えて人間の実存と尊厳を問う感動のエンターテインメント!〈解説 町山智浩〉 内容紹介より



これほど荒唐無稽な物語なのになぜかとても身につまされました。たぶん人生を生きていく過程において否応なく身に降りかかる不運や嫌な出来事、具体的には大病や大怪我、失業、障がい、貧困、差別、こういったことを主人公が冒された奇病に象徴させているように感じるからかもしれません。何の落ち度もない主人公が陥った不条理な運命は、彼の身体が縮んでゆくことで妻の愛情を疑い、愛娘から受ける父親としての尊厳も失っていきます。そしてさらに縮むことで物理的な苦難がますます大きくなり彼を苛むのです。つまり、彼のサイズが周りの環境に適応したとしても、それはほんのいっときの気休めであって、しばらくするとまたサイズが小さくなりやっと馴染んだ環境が巨大化しさらに過酷に変化してしまうわけです。あれ以上は小さくなることない、周囲の状況が変化することのない一寸法師などは主人公からしたらよっぽど恵まれていることになります。さて、いよいよ主人公は『ぼくのつくった魔法のくすり』のおばあちゃんみたいに消えてなくなるのでしょうか。
あとどうでもいいことですが、主人公と死闘を繰り広げる黒後家蜘蛛は造網性だから、この話にあるような徘徊性あるいは狩猟性の行動はとらないと思うのですけれど……。

『ある日どこかで』リチャード・マシスン 創元推理文庫
『奇蹟の輝き』リチャード・マシスン 創元推理文庫
『奇術師の密室』リチャード・マシスン 扶桑社ミステリー
『アイ・アム・レジェンド』リチャード・マシスン ハヤカワ文庫   


縮みゆく男 (扶桑社ミステリー)縮みゆく男 (扶桑社ミステリー)
(2013/08/31)
リチャード・マシスン

商品詳細を見る




テーマ : SF
ジャンル : 本・雑誌

『アガサ・レーズンと貴族館の死』M・C・ビートン コージーブックス

2014-10-02

Tag :

☆☆

ロンドンで半年間の仕事を終え、カースリーの村にようやく戻ってきたアガサのもとに、初の探偵仕事が舞いこんだ。依頼人はハイキングクラブの女性。仲間が貴族の領地で殺された事件を調べてほしいという。さっそく手がかりを求めて貴族の屋敷を訪ねると、そこに待ちうけていたのは鼻持ちならない執事。「素人探偵」と一蹴され、いつもの強気なアガサも上流階級の雰囲気のなかで調子がでない。そこへ助け舟を出してくれたのは、愛しの隣人ジェームズだった。夫婦と偽って捜査をすることになり、かりそめの夫婦生活を送るふたりに意外な心境の変化が訪れる。いっぽう、肝心の捜査は嘘つきだらけのクラブ仲間や貴族、くだんの食えない執事に翻弄されるばかりで!? 内容紹介より



〈英国ちいさな村の謎〉シリーズ第4作です。
前作『アガサ・レーズンの完璧な裏庭』で、“完璧な裏庭”を作ってもらう代わりに、広告会社の仕事を引き受けた主人公のロンドンでの半年間におよぶ苦行も終わり、やっと待ち焦がれた村に帰ってきたアガサ・レーズン。相変わらず村にたいする彼女の愛情は変わっていないのですが、隣人ジェームズへの恋慕の情は不安定に浮き沈みしています。前回感じたように主人公のキャラクターである強情で厚かましい面が弱くなっているのは個人的に残念でした。なんといってもその原因は“恋するアガサ・レーズン”にあるのでしょう。彼女の揺れ動く乙女心は可愛くいじらしくも感じますけけれど、それによって従来のキャラが損なわれるというところはさじ加減が難しいところです。このシリーズは主人公の強烈なキャラクターに大部分を依存しているわけですから、それが薄らげば脆弱なミステリ部分の粗が目立ってしまいます。さらに今回は舞台が村を離れているので、村人たちとのやり取りが少なくなってしまったのも……。ただ、シリーズの大転換期ともいえる大事件が起こりますから、次回作以降が楽しみではあります。

『アガサ・レーズンの困った料理』
『アガサ・レーズンの完璧な裏庭』




アガサ・レーズンと貴族館の死 (コージーブックス)アガサ・レーズンと貴族館の死 (コージーブックス)
(2014/05/10)
M・C・ ビートン

商品詳細を見る

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ドン・ウィンズロウ ジェームズ・パターソン ジェイムズ・パタースン エド・マクベイン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル ローレンス・ブロック ポーラ・ゴズリング リチャード・マシスン レジナルド・ヒル D・M・ディヴァイン C・J・ボックス スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール S・J・ローザン レックス・スタウト アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル カール・ハイアセン レスリー・メイヤー アイザック・アシモフ ヒラリー・ウォー エド・ゴーマン カーター・ディクスン マイケル・ボンド ルイーズ・ペニー マーシャ・マラー ジェフリー・ディーヴァー ジョン・ディクスン・カー リタ・メイ・ブラウン ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ジャック・カーリイ キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア コリン・ホルト・ソーヤー ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ポール・ドハティー ロブ・ライアン ジェフ・アボット G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント