『支配人バクスターの憂鬱』ケイト・キングズバリー 創元推理文庫

2014-12-28

Tag :

☆☆☆

「バクスター、まちがいなくあなたは太りだしているわよ」女主人セシリーの言葉に、支配人バクスターはただちに腹を引っ込めた。ここは紳士淑女御用達の隠れ家、ペニーフット・ホテル。いつになく暑い夏にホテルが賑わうなか、バクスターは不機嫌だった。新しいドアマンが、宿泊客になれなれしすぎるのだ。苦言を呈したものの、セシリーは取り合おうとしない。そんなとき、宿泊客のひとりがバルコニーから転落死した。ホテル内で起きた事件に、セシリーがおとなしくしているはずもない。堅物の支配人の憂鬱は深まるばかり。人気シリーズ第五弾。 内容紹介より



本書は、日本でいうホームドラマである、シチュエーションコメディの要素が強いような気がしました。ホテルのオーナー、その友人、支配人、従業員、常連客を登場人物として固定し、事件のためにゲストをそこに配置し、三人称多視点を取り入れ、場面転換を頻繁に用い、舞台はほぼペニーフット・ホテル内です。いうなれば“ペニーフット・ホテル繁盛記”なるもので、著者はこれらの取り回しに非常に長けている印象を受けました。今回はゲストに八歳のいたずら好きの悪がきスタンリーをトリックスターとして登場させ、彼とメイドの掛け合いによりストーリーに活気を与える効果をあげているように思います。一方、ミステリに関してはいつになくお手軽な処理に終わってしまった気がします。呪術ともうひとつのものがなにかいかがわしい側面を持っている点で、両者の区別があいまいなため真相が明らかになってもインパクトが薄いように感じました。また、伏線も見え見えでしたし。

ケイト・キングズバリー



支配人バクスターの憂鬱 (創元推理文庫)支配人バクスターの憂鬱 (創元推理文庫)
(2012/10/20)
ケイト・キングズバリー

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『クリスマスの木』ジュリー・サラモン ジル・ウェーバー[画] 新潮社

2014-12-23

☆☆☆☆

父を亡くした少女は、ひきとられた修道院で一本の木と出会った。その小さな木を、少女は「トゥリー」と呼び、二人は友だちになった―いくたびも四季が巡 り、トゥリーはみごとな木に育った。ひとりぼっちだった少女は、修道女として穏やかな日々を送っていた。私がトゥリーに目を止めたのは、そんな春の日のこ とだった…一本の木がおこした、やさしい奇蹟。  文庫版内容紹介より



両親を相次いで亡くした女の子は、一時的に預けられた孤児院でのある出来事で心を閉ざしていました。その後、彼女は修道女の叔母の計らいにより、修道女たちの休養所として運営されている自然に囲まれた修道院へ引きとられます。ある日、女の子は森の片隅に生えている自分の背丈くらいに伸びたドイツトウヒの幼木に出会い、彼女はその木に語りかけ友だちになることで心を癒やすようになります。やがて、その木は若木から大樹へと成長し、女の子は修道女として修道院に仕えています。そこへ物語の語り手であるロックフェラー・センターの造園管理部長が面会にやって来るのです。
毎年彼はセンターに飾るクリスマスツリーを調達するために各地を探しまわっていて、修道女の木を見つけたのでした。彼は彼女との交流を深めてゆくなか、彼女の生い立ちや彼女の木への思い入れ、そして、彼女だけではなく、彼女が世話をする子どもたちや他の修道女たちにもその木が愛されていることを知ります。大げさでなく押しつけがましくもなく綴られるストーリーと、控えめでありながら穏やかで強い修道女の造形がとても良い感じでした。




クリスマスの木クリスマスの木
(1996/11)
ジュリー・サラモン、ジル ウェーバー 他

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

『クリスマス・セーター』グレン・ベック 宝島社

2014-12-20

☆☆☆☆

あなたは本当に大切なものはなにか、知っていますか?
プライベートな実話にもとづくこの本は、温かく、かつ厳しく読者に語りかけ、
家族について、愛について、許しあうことについて、人生を見直すきっかけを与えてくれます。
カバーより



父親を病気で亡くし、母親と二人暮らしをしている12歳の男の子。母親がいくつもの仕事を掛け持ちしていても決して経済的に楽とはいえない生活を送っています。クリスマスを前に、プレゼントに念願の自転車を貰うために、男の子は神様にお願いしたり、家事の手伝いをしています。そしていよいよクリスマスの朝、期待していた贈り物の箱を開けると、そこにはあったのは母親が手編みしたセーターでした。男の子の目から見たら決して格好いいとは思えないセーターに彼は失望を隠しきれず、その気持を母親に気付かれてしまいます。母親の心を傷つけ、がっかりさせてしまったことを後悔しても男の子は素直になれないのでした。やがて彼は、貧乏と愛する人を守ってくれなかった神を恨むようになってしまいます。
謝ろうとしても率直であろうとしても、どうしても心を開けず意固地な態度をとってしまう、ほんの些細な心のほころびがどんどん大きくなって、どうしようもなくなってしまう、そんな思春期の少年のもどかしい気持ちが切々と伝わってきますし、彼の心情がとても良く理解出来ました。ラストの展開はかなり意外な流れでしたが、「あれはぼくへの贈り物であり、ぼくから読んでくれたあなたへの贈り物である」(p319)、と作者が書いているように、どうしてもこうせざるを得なかったのでしょう。
人生に自分を形づくらせてはならない、ってなかなか含蓄のある言葉だと思いました。




クリスマス・セータークリスマス・セーター
(2009/10/15)
グレン・ベック

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

『クリスマスに捧げるミステリー』ジョルジュ・シムノンほか 光文社文庫

2014-12-17

☆☆☆☆

―“クリスマス”の語源はキリストChristのミサmass.クリスマス・ストーリーの鼻祖C・ディケンズは、キリスト降誕のこの日に、改めて他者への善意、慈善の心の大切さを見つめなおそうと説いた。以降、この聖なる日を題材に数多くの作品が生まれている。心温まる話、ちょっぴり怖い話……趣向は様々だが、共通するのは、ディケンズのクリスマス精神である。―G・シムノンの中編「メグレ警視のクリスマス」はじめ、珠玉の8編を収録! 内容紹介より



「聖夜の警官」トマス・L・アドコック
ニューヨークで浮浪者の姿になり、路上犯罪を取り締まる私服警官の話。彼はクリスマス・イヴにパトロール中、馴染みの引ったくりとスリに目を付けるが相次いで逃げられてしまう。この二人の小悪党と街の浮浪者たちが聖夜に企んだこととは……。恵まれない人びとのクリスマスを描いた作品。

「小列車強盗」パトリシア・モイーズ
おもちゃ売り場で偶然知り合いになり、それぞれクリスマス・プレゼントに蒸気機関車の模型を買った二人の男性。彼ら二人とも同じ日程でスイスへのスキー旅行の予定があり、しかも宿泊先も同じホテルだった。彼らの子どもたちはホテルでそれぞれの機関車で競争して遊び始める。そして、帰国し空港でも遊んでいると、子どもの一人が声を上げて言った「こいつ、ぼくのきしゃ、ぬすんだよ!」。クライマックスでの二回のひねり技が印象的な作品。

「刑事の休日」ジョン・ディクスン・カー
警視が、その婚約者とともに彼女の甥をデパートのサンタクロースに会わせるため、順番の列に並んでいる時に、彼が話して聞かせた犯罪者にまつわる不思議な出来事。それは、ふたりの人間が、まったく同時に、まったく違う場所で、警官の目の前から消えてしまった、という話だった。トリック自体はそれほどでもないけれど、なかなか洒落たプロット。

「ミス・クリンドルとサンタ」マルカム・グレイ
経済的に余裕のない村人数人に、飼っている七面鳥をプレゼントするように主張する妹、それに対してまったく聞く耳を持たない農場主である兄。そんな兄妹げんかが起きた後、村にサンタクロースの目撃情報が伝わり、七面鳥の贈り物が置かれた家庭があった。そして件の農場から四羽の七面鳥が盗まれていることが判明し、村の巡査がしぶしぶ捜査を始め、農場主の妹にも疑いがかかるのだが……。ほのぼの系の話。

「ランポールとクリスマスの精神」ジョン・モーティマー
少年が絡んだ殺人事件の訴訟について、このところ裁判で負けが込み、クリスマスを前に手心を加えてくれと個人的に頼む被告側弁護士とその相手である検察側弁護士との駆け引き。

「聖夜に死す」ジェイムズ・パウエル
「クリスマスの日が明けて最初の一時間のあいだ、人間の目にふれないところで、動物たちは言葉を話し、おもちゃたちには命がかよう」。百貨店のショーウィンドウにディスプレイされた人形やぬいぐるみ。そこで起きた殺人形事件の謎をクマのぬいぐるみとシャーロック・ホームズの人形が解決する愉快な話。

「シヴァーズ嬢の招待状」ピーター・ラムゼイ
クリスマスを前にした若い夫婦。彼らのもとに見知らぬ女性からイヴ前日の夕食会への招待状が届く。不思議に思いながら招待を受けた二人は目的地への列車に乗り込む。夫が席を外して妻ひとりになった時、彼らの客室に一人の若い男が入ってくる。やがてその男は妊娠している妻へのプレゼントを彼女に披露してみせる。さりげない伏線が見事な切ないゴーストストーリー。

「メグレ警視のクリスマス」ジョルジュ・シムノン
脚を骨折して自宅で療養中の七歳の女の子が、クリスマス・イヴの夜に目を覚ますと、部屋にサンタクロースがいて床でなにかをしていた。そして、サンタは女の子が目を覚ましたのに気付くと人形をくれた、と言い出した。その話を聴いて不審に思った女の子の隣人が、近所に住むメグレの元を訪ねて来る。些細な出来事が糸口になって秘められた事件が徐々に明らかになっていくという、この作者お得意のパターン。メグレの自宅が舞台になり、メグレ夫人の様子も詳しく描かれています。彼女の心情がやるせない。




クリスマスに捧げるミステリー (光文社文庫)クリスマスに捧げるミステリー (光文社文庫)
(1993/12)
ジョルジュ シムノンほか

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『クリスマス・ウェディング』ジェイムズ・パタースン&リチャード・ディラロ ヴィレッジブックス

2014-12-13

☆☆☆

今度のクリスマスに私は結婚します。相手は当日まで秘密よ、だから必ずみんな帰ってくること―。三年前に父と死別して以来、実家の農場で一人暮らしを送っていた母から突如届いたビデオレター。マンハッタンで暮らすエリート弁護士の三女、脳腫瘍の夫を献身的に介護する次女、冷えきった夫婦関係に苦悩する長女、挫折続きの作家志望の長男、四人きょうだいはそれぞれ人生に悩み葛藤しながらも、美しいニューイングランド地方の農場へ帰省する。花婿候補は彼らもよく知る地元の紳士三人。やがて聖夜に一堂に会した家族を待っていたものとは……。全米ベストセラー作家が「愛」の意味を問う感動の物語。 内容紹介より



夫に先立たれ、困窮者に朝食を配給するボランティアをしながら、農場で一人暮らしをしている五十四歳のヒロインが、ボランティア仲間の三人から同時にプロポーズされる。求婚者は義理の弟、アイスホッケーの元プロ選手、ユダヤ教会堂のラビ。ヒロインが決めた結婚相手はクリスマスの結婚式当日になって初めて明かされるという趣向。そして彼女の四人の子供たちそれぞれの悩みが語られる構成はお定まりか。長女は、酒浸りで甲斐性のない夫とマリファナ漬けの長男を抱え、次女は、しばしば発作を起こす脳腫瘍の夫の介護、三女は、有能ながら弁護士事務所で強いストレスにさらされて、長男は自信作が出版社から断られたばかり。誠実で信頼され友人たちにも恵まれた、自立して生きる女性がもう一度誰かに愛されたいという願う姿と母親として家族に向ける愛情を描いている作品です。パタースンらしくストーリーの運びにそつがなく、上手いことまとめていると思いました。ただ、長女の夫への扱いはクリスマス・ストーリーらしいひと工夫が欲しかったところです。

ユーザータグ:ジェイムズ・パタースンジェームズ・パターソン




クリスマス・ウェディング (ヴィレッジブックス)クリスマス・ウェディング (ヴィレッジブックス)
(2012/11/20)
ジェイムズ・パタースン

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

『クリスマス・ファンタジー』風間賢二 編 ちくま文庫

2014-12-10

☆☆☆☆

メリークリスマス!子どもたちの心を躍らせるこのうれしい言葉の響きは遠い昔に生まれ、いつまでもそして宇宙の涯てまでも広がってゆく。クリスマスの物語はディケンズの『クリスマス・キャロル』以来、欧米の作家たちによって変わらず書き継がれてきた。その中からファンタジー、ホラー、SFと、ジャンルを問わずとっておきの12篇で編む文庫オリジナルの楽しいアンソロジー。 内容紹介より



「道」シーベリイ・クイン
幼子キリストの命を救った北欧出身のある傭兵が、キリストの予言通りにサンタ・クロースになるまでを描いた歴史ファンタジー。ヘロデ大王による幼児虐殺やゴルゴタの丘の磔刑の話を上手く絡ませていると思います。

「墓掘り男を盗み去った鬼どもの話」チャールズ・ディケンズ
終始気むずかしく憂うつな墓掘り男が、クリスマス・イヴの夜に墓掘りをしていて鬼たちにさらわれてしまう話。彼は鬼たちが見せる人びとの貧しくとも幸福な人生、豊かな自然にたいする喜びの光景によって生まれ変わるのですが……。『クリスマス・キャロル』と似たようなプロット。

「新クリスマス・キャロル」アーサー・マッケン
こちらはまさしく『クリスマス・キャロル』の後日談風な話。内容がどうこうより、オチがひどい。

「岸の彼方へ」A・ブラックウッド
家族へのクリスマス・プレゼントをかかえて帰宅した、平凡な男が体験する奇妙な話。クリスマス・ゴーストストーリー。

「クリスマス・プレゼント」ゴードン・R・ディクスン
シドーという沼地惑星に入植した家族の男の子が仲良くなったシドー人と迎えたクリスマスの出来事。男の子からもらったプレゼントのお返しにシドー人が贈ったものとは……。ちょっと切ない物語。

「ガニメデのクリスマス」アイザック・アシモフ
衛星ガニメデのガニメデ物産で、地球人と共に働くオストリ人にクリスマスの話をしてしまったことから起きた騒動。オストリ人たちはサンタ・クロースがプレゼントをくれなければ作業をボイコットすると言いだし、会社からノルマを課せられている地球人たちはしかたなしに橇やトナカイを現地調達するはめに。スラップスティック・コメディ。

「クリスマスの出会い」ローズマリー・ティンパリー
はじめてひとりでクリスマスを過ごす中年女性。下宿先で彼女がクリスマスの思い出に浸っていると
見知らぬ青年が部屋に入ってくる。彼は自分の部屋と間違えたと言い、しばらく会話を交わしていたがいつの間にかいなくなってしまう。残された彼女は部屋に備え付けられている一冊の本を手に取りページをめくると……。トリックアートを見たみたいな気持ちになる、時の錯綜あるいは時間旅行を描いた幻想的な作品。

「ジャックと火の国の王女」メアリ・ド・モーガン
火の国の王女と水の国の王子の仲を取り持った男の子の話。王女の求めで、男の子は風の妖精に乗って何でも知っているという北の翁に会いに行くというファンタジー。

「ハッピー・バースデイ、イエスさま」フレデリック・ポール
大手デパートの贈答課課長とそこに配属されたきたボルネオ帰りの伝道師一家の娘。近未来の設定をとり、宗教的儀式など忘れ去られ、クリスマスシーズンという名のプレゼント選びと注文が夏の季節から始まるという状況で、そんな物質主義と商業主義を極めた社会の一員である課長。これに対して、昔ながらの伝統的なクリスマスを過ごそうとする伝道師一家。この二つの間で起きる誤解や食い違いを描いたシニカルなラブ・コメディ。

「クリスマスの恋」フランク・R・ストックトン
由緒ある家柄の屋敷を買った男とクリスマス・イヴの夜に彼の前に現れた美しい女の幽霊。彼女はこの屋敷の若くして死んだ女主人だった。クリスマス・イヴの晩の一時間だけ大広間に現れるのを許されているのだという。男は彼女に一目惚れしてしまう。幽霊綺談。

「幸運の木立ち」H・ラッセル・ウェイクフィールド
広大な敷地内の一角にある、そこから木をとってはならないと言われている“聖なる場所”。クリスマスを前に、その言い伝えを知らずに屋敷の使用人がそこから樅の木を引き抜きクリスマス・ツリーに仕立ててしまう。それ以来ツリーをめぐる事故や奇妙な出来事が起きるようになる、というホラー。

「サーロウ氏のクリスマス・ストーリー」ジョン・ケンドリック・バングズ
雑誌の編集長からクリスマス・ストーリーを依頼された作家が、自分自身の幻影のせいでまったく執筆が進まず、苦しんでいる時に訪ねてきた彼のファンを名乗る男から渡された原稿を自分が書いた物だと偽って編集長に送った後の顛末。一連の出来事の言い訳で物語を仕上げたメタフィクション。




クリスマス・ファンタジー (ちくま文庫)クリスマス・ファンタジー (ちくま文庫)
(1992/12)
風間 賢二

商品詳細を見る

テーマ : 海外ファンタジー
ジャンル : 本・雑誌

『顔のないテロリスト』ダニエル・シルヴァ 文春文庫

2014-12-05

Tag :

☆☆☆

ベルファストとダブリンとロンドンで同時テロ発生。和平工作を進めるイギリス政府はアメリカに助けを求め、CIAの凄腕スパイ・オズボーンが送り込まれる。他方、各地の紛争を煽ることで利益を得るなぞの組織は、北アイルランドへの支援を決め、伝説の暗殺者〈オクトーバー〉を差し向ける。疾走感あふれる諜報サスペンス。 内容紹介より



本書は、『暗殺者の烙印』(文春文庫)の続編にあたるそうで、前作の内容にかなり触れているので『暗殺者の烙印』をお持ちの方はそちらを先に読みましょう。
読み始めてしばらくしたら、なんだかトム・クランシーのジャック・ライアンものを思わせるような感じがしました。アイルランドのテロ組織が登場したり、さらに主人公ふたりとも爵位を授与されてるし……。兵器が売れないと困る軍需産業の経営者や兵器密売業者、組織の予算縮小と影響力の衰退が問題になる情報機関の幹部などがメンバーとなっている謎の組織が紛争地域の不安定化を図る、という設定自体は珍しくもなんともないものだし、北アイルランド問題も英国冒険小説に何度も取り上げられてもので、展開にわくわくしたりどきどきさせられるところがあまりありませんでした。ただ、再び暗殺者が主人公の前に姿を現した時、ストーリーの潮目が変わるというか、意外な方向へ向うのですけれど、これがかなり逆効果に作用して終盤部分を締りのない散漫な流れにしてしまったのではないかという印象を受けました。




顔のないテロリスト顔のないテロリスト
(2005/10/07)
ダニエル・シルヴァ

商品詳細を見る

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ドン・ウィンズロウ ジェームズ・パターソン ジェイムズ・パタースン エド・マクベイン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル ローレンス・ブロック ポーラ・ゴズリング リチャード・マシスン レジナルド・ヒル D・M・ディヴァイン C・J・ボックス スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール S・J・ローザン レックス・スタウト アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル カール・ハイアセン レスリー・メイヤー アイザック・アシモフ ヒラリー・ウォー エド・ゴーマン カーター・ディクスン マイケル・ボンド ルイーズ・ペニー マーシャ・マラー ジェフリー・ディーヴァー ジョン・ディクスン・カー リタ・メイ・ブラウン ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ジャック・カーリイ キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア コリン・ホルト・ソーヤー ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ポール・ドハティー ロブ・ライアン ジェフ・アボット G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント