FC2ブログ

『伯母の死』C・H・B・キッチン ハヤカワ・ミステリ

2015-04-27

Tag :

☆☆☆

こんなに苦いはずはないんだけど。でも、美しくあるには、いつも苦労がともなうもの―そう言いながら『ヴィナスの秘密』という強壮剤を飲みほしたキャサリン伯母は、突然大きなうめき声をあげ、息絶えてしまった。キャサリン伯母は、マルコムの母方の長姉で、若くしてジョン・デニスという富豪に嫁し、彼がその莫大な財産を愛妻に残して死んだのちには、その財産を順調に増し、六十三歳の今は、ハンニバルという身許の知れぬ若い夫と再婚、一族の女王として君臨していた。
その唯一の遺産つき近親キャサリン伯母から、週末を彼女のオソ・ハウスで過すようにとの電報を受け取って、マルコムは驚いた。なぜ、伯母が急に僕などに会いたがるのか?強い好奇心のとらわれて、彼は伯母のもとへむかった。久し振りに会った伯母は、年齢こそ老けたものの気持はすっかり若返ったようで、気分も上々、株式仲買店に勤めるマルコムに株式についての相談をもちかけてきた。が、話は核心に触れたところへ邪魔が入り、中断されてしまい、その直後、キャサリン伯母は『ヴィナスの秘密』を飲んで死んでしまったのだ……。
                         *
『伯母の死』は、1929年に発表されたものだが、はっきりと三十年後の本格探偵小説のたどりつく姿を示している、イギリス本格探偵小説の系譜を説くにあたって忘れることのできない作品である。小説としても優れ、魅力ある謎も持っている。イギリス新本格派の先駆的作品とも言うべきものである。 「解説」より 内容紹介より



本書は、これまでの全知型あるいはヒーロータイプの名探偵が活躍する本格探偵小説とは一線を画した、新しい本格探偵小説という位置づけらしく、探偵小説の歴史を語る上で言及されることの多い作品らしいです。しかし、資料的に重要な作品だとしても、本書より前に発表されたクリスティの『アクロイド殺し』のようなエポックメイキングかつ現代においても色褪せない作品と比べると、衝撃性や作品自体の魅力についてはかなり薄れていると感じました。
一応の探偵役であるマルコムという二十代の株式仲買人の男は、知能も才能においても飛び抜けたものがなく、いとこにも劣等感を抱くような人物で、事件の推理はするものの、自分自身も殺人犯から毒を盛られるのではないかと心配して神経衰弱になり、その果てに突飛な行動をとったりします。こんな人物が主役をはるというところも発表当時は目新しく感じられたのかもしれませんが、現代において読むに値するには、彼の行動にユーモアなり人物としての魅力を付け加えなければならないと思います。ピクトグラムで描かれた登場人物の関係“図”には、約二十人が表されているのに、その中で実際に登場するのは六人だけというのは面白かったので、この諧謔性、アイロニカルが物語に生かされていれば良かったのではないのでしょうか。




伯母の死 (ハヤカワ・ミステリ 270)伯母の死 (ハヤカワ・ミステリ 270)
(1986/04)
C.H.B.キッチン

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート マイクル・クライトン デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョージ・P・ペレケーノス ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント