『青ひげの花嫁』カーター・ディクスン ハヤカワ文庫HM

2015-10-30

☆☆☆☆

牧師の娘、音楽家、占い師、そして四人目は……謎の男ビューリーと結婚した女たちが次々と消えた事件に、住民は“青ひげ”出現と震え上がった。しかもビューリーは警官の張り込みのなか、死体と共に忽然と姿を消したのだ。11年後、ある俳優のもとに何者かから脚本が送られてきた。それは、警察しか知りえないビューリー事件の詳細を記した殺人劇の台本だった!“現代の青ひげ”にH・M卿が挑む(『別れた妻たち』改題) 内容紹介より



特に前半部分のめりはりを付けた構成の妙味が、少々あざとさを感じさせながらもすごく巧いと思いました。謎の脚本を受け取った舞台俳優自身が殺人鬼なのではないかとほのめかしたり、11年前の事件を目撃した女性を怪しげに登場させたりして、サスペンス性やスリリングさを強調している一方、〈娯楽場〉でH・M卿が発端になった大騒ぎやホテルの部屋に出現した死体を始末する場面でドタバタ劇を演じてみせる。さらに、軍の元訓練施設におけるぶらさがった死体の傍らで行う密議の場面はグロテスクでありながらブラックな笑いを帯びています。こういう硬軟自在なテンポが目を引きました。ミステリそのものについては、気付かないほうがおかしい死体の隠し場所の件はご愛嬌ということにして、なぜ殺人鬼が目撃者の存在を知りえたのか、という謎に対する真相は単純ながらトリッキーだと思います。作者による、話の盛り上げ方、読者サービスのすごさというものを改めて感じさせられた作品でした。

タグ:カーター・ディクスン




商品詳細を見る


テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ミステリ作家の嵐の一夜』G・M・マリエット 創元推理文庫

2015-10-28

Tag :

☆☆

ミステリ作家とその卵、ファンや作家エージェントの交流会である病院到着時死亡会議。話題の的は、デビュー作が爆発的ヒットとなったキンバリー・カルダーだった。その会期中に、彼女の成功を祝う出版社主催の宴が古城ホテルで開かれることに。だが、同業者たちの妬みが渦巻く嵐の夜、停電で跳ね橋が動かなくなり半ば孤立した城で惨劇が……。容疑者の大半が嘘をついて生計を立てている作家とミステリに詳しい者である難事件に挑む、セント・ジャスト警部。欧米の出版事情をコミカルに描きつつ、巧みに伏線を忍ばせた、傑作犯人捜しミステリ。 内容紹介より



巻頭の登場人物欄にそれぞれの人物評や関係が短文で紹介されていて分かりやすいです。それに加えてストーリー序盤では登場人物各々の視点に切り替わり、彼らの心理状態や本音が表わされるため読みやすい仕掛けになっています。しかし、事件が発生して視点がセント・ジャスト警部に固定されてしまうとテンポが遅くなって、それまでの軽快さが削がれてしまいます。限られた人物、クローズドサークル、古城、といった古典ミステリの体裁をとった作品の中に、現代的な新味なりが加えられているのかと期待していたのですが、作家やエージェントといったエキセントリックな登場人物たちのおかしな言動によって面白さを引き出そうとする作者の意図が目につくだけでした。そんな彼らの奇矯さも抑制されている印象を受けて、個人的にはもっとスパイスを効かせても良かったように感じました。また、作家や出版界の内実や裏事情についても、さらに際どいことを書いて欲しかったです。たとえば作家長者番付にランキングするJ・パタースンやイヴァノヴィッチなどを俎上に載せるなど、虚実とりまぜて披露して貰いたかった。




商品詳細を見る


テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『凍氷』ジェイムズ・トンプソン 集英社文庫

2015-10-25

Tag :

☆☆☆☆

フィンランドはユダヤ人虐殺に加担したか―歴史の極秘調査ともみ消しの指令を受けたカリ・ヴァーラ警部。ヘルシンキで起きたロシア人富豪妻の拷問死事件の調査においても警察上層部から圧力がかかる。さらにカリを襲うのは原因不明の頭痛。妻のケイトは彼を心配するが、臨月を迎えた妻をこれ以上不安にさせることはできない……。激痛に耐えながら挑んだその結末とは?好評極寒ミステリ第2弾! 内容紹介より



〈カリ・ヴァーラ警部〉シリーズの第二作目。
田舎の警察署長からヘルシンキ警察殺人捜査課に異動した主人公が猟奇的殺人事件を捜査する。さらに、第二次大戦中、ゲシュタポに協力したフィンランドの公安警察がユダヤ人を虐殺したとして、ドイツが当時の担当者の引き渡しを求めている件、ナイトクラブで起きた用心棒による傷害致死事件、学校に侵入した不審者の立てこもり事件。これらの事件を担当するうえに、プライベートでは、臨月間近の妻にたいする心配事、アメリカからやって来た彼女の弟妹との折り合い、自身の激しい頭痛。これでもかという具合に主人公は諸々を抱え込まされます。作品の雰囲気は前作同様に警察小説らしくなく、ノワール、クライム風な感じを漂わせています。特に、殺人事件の決着はヴァイオレンス的な方法で行い、かなり強引に感じました。作者はフィンランド在住のアメリカ人でしたから、当地ではあたりまえの慣習や生活習慣を敢えて描きだすことでフィンランド以外の読者に紹介し理解を深める役割もはたしていたと思います。急逝されたのは非常に残念です。

『極夜 カーモス』



商品詳細を見る



テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『霧の中の虎』マージェリー・アリンガム ハヤカワ・ミステリ

2015-10-22

Tag :

☆☆☆

戦争の傷痕が生々しく残るロンドン。戦争未亡人のメグは再婚を控えていた。ところが、そんなメグのもとへ送りつけられた数枚の写真は、亡夫の生存を示唆したものだった。単なるいたずらか、何か狙いがあるのか、あるいは本当に夫が生きのびているのか?動揺したメグは名探偵アルバート・キャンピオン氏とロンドン警視庁のルーク主任警部に相談する。写真の送り主の指示により駅に赴いたメグの前に現れたのは……姿なき敵を追い、霧のロンドンに展開される一大マンハント。キーティング、シモンズら斯界の達人が絶賛した、黄金時代の傑作! 内容紹介より



内容は本格探偵小説ではなく、サスペンスに冒険小説的要素を混ぜあわせたような作品です。しかも、名探偵は特に目立つ活躍をしていません。戦死したと考えられる夫が生存しているかのような写真がヒロインのもとに送りつけられ、その目的はいったい何なのか、あるいは実際に生きているのか、という謎が序盤に提示されます。しかし、そこから物語は通常の本格推理小説の流れをとらず、あるグループによってヒロインの婚約者が拉致され、さらに事件の黒幕である犯罪者が現れて、婚約者の身にさらに危険が及ぶというスリリングな展開になります。クリスティなどの本格物を読み慣れた当時の読者には意外性があったのかもしれません。その上、寝たきりの老人でさえ目的のためには殺してしまうことも厭わない、生まれつきの“悪”である殺人犯の存在感をかなり際立たせています。それは、“善”として描かれる、ヒロインの父親である司祭と彼を対比させることでいっそう強調されており、“悪”に焦点を当てて描いてみせる異例の趣向が読みどころのひとつなのではないのでしょうか。




商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ザ・バット 神話の殺人』ジョー・ネスボ 集英社文庫

2015-10-18

Tag :

☆☆

オーストラリアで働くノルウェー人女性が死体で見つかり、オスロ警察の刑事ハリーは捜査協力のため、単身シドニーに赴く。ハリーも加わった捜査班の前に次第に浮かび上がる、隠れていた一連のレイプ殺人。犯人の目星は二転三転し、捜査班は出し抜かれては後手を踏む。さらに、封じ込めていた自身の過去がハリーを苛みはじめる……。「ガラスの鍵」賞受賞に輝く驚異のデビュー作、登場。 内容紹介より



SFやファンタジーじゃないのだから、いくらフィクションとはいえ警察小説ならば、現実に即したある程度の基本的なルールは守るべきだと個人的に思っているので、一般人の女性を連続殺人事件の容疑者に対する囮捜査の囮役を務めさせるというありえない設定にはかなり呆れました。これはその後の顛末とともに大いに作品の評価を下げました。主人公が行動をともにしていたオーストラリア先住民である現地警察の刑事から離れ単独になる中盤になると、物語は中だるみに入り、その後、大きな事件が起きて物語が動いた後、また中だるみになってリズムが悪くなっています。これは、元恋人の話などいろいろと余計なエピソードを挿入して、冗漫な印象を与えることが原因のような気がします。
また、主人公にとって重要な二人の人物の死への受けとめ方の描き方も何だか釈然としませんでした。ある人物の死に関しては、断っていた酒を浴びるほど飲んで無謀な行動をとったかと思うと、それ以上に衝撃を受けたであろう別の人物の死に対しての主人公の反応はかなりあっさりとしています。ストーリーの進行による制限があったとしても、手抜きのような感じを受けました。




商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ミンコット荘に死す』レオ・ブルース 扶桑社ミステリー

2015-10-15

Tag :

☆☆☆

十一月の深夜、歴史教師のキャロラスはミンコット荘のレディ・マーガレット・ピップフードから電話を受ける。娘婿のダリルが銃で自殺したらしい、至急来てくれないかというのだ。早速かけつけたキャロラスは、ベッドの上に血まみれで横たわるダリルの遺体と対面する。警察は自殺と判断するが、そう考えるにはいくつか不可解な点があることにキャロラスは気づいていた……。名探偵キャロラス・ディーン再び登場。緻密な細部と大胆なトリック。これぞ英国本格の真骨頂!〈解説・塚田よしと〉 内容紹介より



なによりも感心したことは、十人以上いる登場人物たちの個性的なキャラクター付けが誰ひとりとしてかぶらずなされていることと、作品のなかでそれがぶれずに保たれていること、また、それを会話を通して見せていること、こういうところがすごく達者だと思いました。しかも、彼らのキャラクターをことさらエキセントリックに作っているわけではなく、どこにでもいそうな人物として描き出しています。なかなかこんな丁寧で手間のかかりそうな作業をやる作家はいないような気がしました。それによって本書の魅力や面白さのレベルが上がっているのです。そういった個性的な面々が、ようやく他の土地に厄介払い出来そうだった無駄飯食いの鼻つまみ者の被害者をなぜ殺さなければならなかったのか?この謎を追う素人探偵のまえに、さらに二人の被害者が……。
木の葉を隠すなら森の中ではなく、毒入りチョコを隠すならお菓子の中と言わんばかりに、たくさんのお菓子がこれでもかと出てきて読者を煙に巻こうとしているように感じました。




商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『その女アレックス』ピエール・ルメートル 文春文庫

2015-10-12

Tag :

☆☆☆☆

おまえが死ぬのが見たい―男はそう言ってアレックスを監禁した。檻に幽閉され、衰弱した彼女は、死を目前に脱出を図るが……しかし、ここまでは序章にすぎない。孤独な女アレックスの壮絶なる秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、最後に待ち受ける慟哭と驚愕へと突進するのだ。イギリス推理作家協会賞受賞作。 内容紹介より



物語は、第一部から第三部までに分けられていて、デッド・リミット型の誘拐監禁事件から猟奇的な連続殺人事件へ、そして最後には凄惨な復讐譚へと目まぐるしく、鮮烈に形を変えるとともに、アレックス自身も被害者と加害者の両方の役を担っています。作中、暴力的でショッキングなシーンや胸の悪くなる悲惨な話も綴られており、それを中和するためにパリ警視庁の四人の個性的な捜査官を登場させて、なんとか効果を保っているといったところでしょう。彼らの地道な捜査活動と監禁されたアレックスの様子や心理をカットバックで描く一幕と、取調室での駆け引きを描いた三幕は警察小説であり、アレックスを描き出した二幕は犯罪小説です。このように趣向と構成を変える方法が非常に上手く作用していると感じました。詰めの甘さを感じさせるところがないわけではありませんが、それにしても完成度の高い良く出来た娯楽小説だと思います。ただし、もう一度読みたいとは思いません。




商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『靄の旋律』アルネ・ダール 集英社文庫

2015-10-09

Tag :

☆☆☆

スウェーデン実業界の大物が連続して殺された。頭に2発の銃弾を撃つ手口はマフィアの処刑スタイルだ。国民を震撼させている大事件を一刻も早く解決するべく、国家刑事警察の特別捜査班が編成された。職務規定違反の疑いで内部調査を受けていたポール・イェルムをはじめ、それぞれに事情を抱える刑事6名により、精力的な捜査が始まった。個性的なメンバーの活躍と地道な謎解きで人気の警察小説第1弾。 内容紹介より



不法滞在の移民や進出するロシア・マフィア、経済不振などのスウェーデンが抱える社会、経済問題をサブテーマにして、それらが生み出した犯罪の一つとしてこの連続殺人事件をとらえるというのが作者の趣旨だと思います。そして、特別捜査班A(!)に集められた捜査官たちも、例えば中年の危機を迎えたイェルムのようにそれぞれ問題を負っている設定です。作品全体の雰囲気は重すぎも軽すぎもしないちょうど良い具合に感じました。翻訳も会話部分にちょっと違和感がありましたが、ヘレンハルメ美穂氏の訳はとても読みやすかったです。一方、問題は連続殺人犯の造形が今ひとつなところではないでしょうか。突然、神の啓示を受けた如く人殺しを始める、犯人とジャズの曲との繋がりの唐突さ、頭部に二発の銃弾を撃ち込む不自然なハイテクニックさ。この辺りは粗さが気になったので、もう少し犯人の人物像に詳しい背景を付け足すべきだったと思いました。
複数の捜査官の活躍が描かれる警察小説は好みですので、これから期待できるシリーズのような気がします。




商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ぼくの村』ジャン・コー 晶文社

2015-10-06

Tag :

☆☆☆

ここは南フランスの片田舎。何の変哲もない睡ったような小さな村。村にたむろする珍無類な住人たちと動物たちが巻きおこすなんとも楽しく、妙ちきりんな出来事。入れかわり立ちかわり訪れる奇怪な訪問者たちで村はいっぱい。あっ、ついにへんてこな戦争が始まっちゃった。戦争解決に駆けつけたパンタロン青年とその愛すべき親衛隊のバツグンな活躍。フランスならではのエスプリとユーモアあふれる底ぬけに楽しい物語! 内容紹介より



〈文学のおくりもの〉シリーズ3。
村に現れる生き物は、猛獣のライオンやサイから猛禽のわし、大きさでは、クジラから小人まで、そして、空想の生き物の悪魔やゆうれいにケンタウルスに火星人、それから、探検家、魔術師、ジプシーや中国人。いろいろな事件を起こした後、あるものは村人の助けで行きたいところへ去り、あるものは居心地の良い村の住人になります。彼らと村人たちとのエピソードが、主人公のパンタロンを狂言回し役にすえて語られる連作短篇集です。しょっちゅう散歩ばかりしていて働いている気配が一切ないパンタロン、いつも口喧嘩をしている彼のペットの猫と犬、なんども学校を爆破している悪戯好きな生徒、ダチョウになった婦人など、エキセントリックな登場人物たちと、それぞれの物語のキテレツさに加えて、作品全体に非常にフランスならではのエスプリを感じることができました。一応、児童文学ですが、大人が読んでも愉しい作品だと思います。これで、この話はおしまい。



商品詳細を見る

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

『行く先は晴れやかに あるいは、うろ覚えの詩が世界を救う』ヴェンデラ・ヴィーダ 河出書房新社

2015-10-03

Tag :

☆☆☆☆

主人公は、コロンビア大学で美術史を専攻する21歳の大学院生、サンフランシスコからニューヨークに移ってまだ三ヶ月ほどにしかならない十二月のある日、彼女は公園を散歩中に見知らぬ男から銃を突きつけられる。死にたいがひとりで死ぬのは嫌だ、と語る男はさらに「誰かと一緒に死にたいんだ」と彼女に打ち明ける。主人公は、男の気を逸らそうと昔、母親から暗記させられた詩を暗誦し始める。

このようにショッキングな出だしで始まる作品ながら、モノローグで綴られた全体のリズムはかなり穏やかで平明で、独特の雰囲気を感じさます。赤の他人を自殺の道連れにしようとする身勝手な男の出現から、物語は主人公を取り巻く、あるいは昔関わった男たちの様を描き出していきます。事件に遭った彼女にデリカシーのない行動をとる恋人、動揺した彼女につけこもうとする学友、英雄的な行動を見せたがるマッチョな友人、精神的にひ弱な元恋人、家出した父親、酒に逃げて問題解決のために踏み出そうとしないドアマン。さらに、主人公が、フィリピンで出会った盲目の母親とその娘達を登場させて、彼女らの夫であり父親であるべき男の不在を暗示してもいます。
しかし、そんな男たちをやみくもに批判したり糾弾したりするのではなくて、ユーモアを交え斟酌を持って時にはコミカルに描いています。そして、昔、夕方になると実家の屋上から眺めていた、バス停から家路に向う、同じ通りに住む仕事帰りの男たちを許したように、主人公は彼らにもまた許しを与えるのです。事件によって波立ち揺れ動いた彼女の心もやがて穏やかになることを予感させて物語は終わります。




商品詳細を見る

『マチルダは小さな大天才』ロアルド・ダール 評論社

2015-10-01

Tag :

☆☆☆☆

マチルダは天才少女。三歳になる前に字が読めるようになり、四歳で、有名な文学作品も読みこなす。ところが両親ときたら、そんな娘を「かさぶた」あつかい。「物知らず」だの「ばか」だのと、どなりちらしてばかり。学校にあがると、そこには巨大な女校長がいて、生徒をぎゅうぎゅう痛めつけている。横暴で高圧的な大人たちに頭脳で立ち向かうマチルダの、痛快仕返し物語。 内容紹介より



中古車販売業の父親は裏でいかがわしい商売を行い、母親はビンゴゲームに熱中し、そんな両親にほったらかしにされている主人公。ひとりでいる彼女が図書館で本が読めることを知り、児童文学から有名な文学作品まで読破し、学校に通うようになると数学の才能も持ち合わせていることが分かります。しかし、彼女のその才能を両親や校長は認めようとせず、逆に馬鹿にしたり、怒鳴りつけたりする始末です。物語は、主人公がそんな彼らに仕返しのいたずらを仕掛けたり、彼女と心優しい担任の先生とのふれあいを描いています。
両親や校長のキャラクターがかなりコミカルに誇張されている一方、主人公の才能を見抜いた担任の先生は暗い過去を背負っているという設定をされ、これまでに読んだ著者の児童文学には見られなかった、キャラクターの明暗が付けられいるように感じました。そこから派生して、主人公と先生の関係に感傷的な面が見られます。『魔女がいっぱい』におけるセンチメンタル性は巧みに処理されていましたが、今回はそれが、弱い者いじめの抑圧者や暴君を懲らしめるというテーマと共に、かなりストレートに表されている印象を受けました。

『魔女がいっぱい』



商品詳細を見る

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ドン・ウィンズロウ ジェームズ・パターソン ジェイムズ・パタースン エド・マクベイン ジル・チャーチル C・J・ボックス ヘニング・マンケル ローレンス・ブロック ポーラ・ゴズリング リチャード・マシスン レジナルド・ヒル D・M・ディヴァイン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ピーター・ラヴゼイ パーネル・ホール レックス・スタウト アリス・キンバリー S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル カール・ハイアセン レスリー・メイヤー アイザック・アシモフ ヒラリー・ウォー エド・ゴーマン カーター・ディクスン マイケル・ボンド ルイーズ・ペニー マーシャ・マラー ジェフリー・ディーヴァー ジョン・ディクスン・カー リタ・メイ・ブラウン ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ジャック・カーリイ キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア コリン・ホルト・ソーヤー ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ポール・ドハティー ロブ・ライアン ジェフ・アボット G・M・フォード エヴァン・マーシャル オーサ・ラーソン ジョアン・ハリス サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ アンソニー・ホロヴィッツ ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ジョン・クリード コニス・リトル デイヴィッド・マレル クリスチアナ・ブランド ウイリアム・P・マッギヴァーン ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ リック・ボイヤー サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー ウォルター・モズリイ アン・クリーヴス ビリー・レッツ イーサン・ブラック ダナ・レオン エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント