FC2ブログ

『陸軍士官学校の死』ルイス・ベイヤード 創元推理文庫

2018-09-02

Tag :

☆☆☆☆

ニューヨーク州、1830年10月。引退した名警官ガス・ランダーは、ウエストポイント陸軍士官学校のセアー校長に呼び出される。同校の士官候補生がひとり、首を吊って死んだのだが、その遺体が何者かによって動かされ、心臓がくり抜かれていたというのだ。この事件を内々に処理したい学校から依頼を受けたランダーは、捜査の過程でひとりの年若い協力者を得る。彼は軍人の卵らしからぬ、青白い顔の夢想家で、名前をエドガー・アラン・ポオといった—青年時代の文豪ポオを探偵役に迎え、優れた時代描写と詩情に溢れた歴史ミステリの傑作登場。 上巻内容紹介より



ニューヨーク市警の職を辞し転地療養のためにウェストポイントに移り住んだ主人公には、妻の病死とひとり娘の家出という辛い過去があります。一人暮らしの彼のもとへ、士官学校で起きた奇怪な事件の捜査依頼が舞い込んできます。士官候補生たちの内情を探るために協力者として選ばれたのがエドガー・アラン・ポオというわけです。
極端に言うなら、物語の大部分は残り数十ページのために設けられた非常に長い前フリに当ると思いますし、作者のミスリードにはまって提示されたオカルト的な事件の真相に納得したと思ったら衝撃的などんでん返しが控えていました。こんなに仰天したのはルース・レンデルの『無慈悲な鴉』以来だと思います。伏線のひとつになっている「美しい女性の死が、詩人にとってもっとも高貴な主題だといえるのか」という主人公によるポオへの再三の問いかけが彼の心の底からの叫びであり、その意味するところが最後になって判ります。ただ難癖を付けせてもらうと、伏線不足のためにそれまでの話の流れにたいして、真相の部分の継ぎ方がやや強引な力業みたいに思えるような気もします。ある超有名な古典ミステリ作品と同じ体裁をとるのだなという印象と、プロットの有効性さに、なんだか俳句に付ける“それにつけても金の欲しさよ”という万能の下の句が思い浮かびました。




商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ C・J・ボックス ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ヘニング・マンケル ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン S・J・ローザン カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン スチュアート・ウッズ パーネル・ホール ピーター・ラヴゼイ ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ クレオ・コイル ヒラリー・ウォー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフ・アボット イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン G・M・フォード ポール・ドハティー ジャン=クリストフ・グランジェ リン・S・ハイタワー ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ウイリアム・P・マッギヴァーン サイモン・カーニック スタンリイ・エリン クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ ジョアン・ハリス ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ ジョン・クリード レニー・エアース デイヴィッド・マレル コニス・リトル オーサ・ラーソン ファーン・マイケルズ レイ・ハリスン エヴァン・マーシャル ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ビリー・レッツ サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー イーサン・ブラック リック・ボイヤー エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント