FC2ブログ

『引き攣る肉』ルース・レンデル 角川文庫

2019-07-30

☆☆☆☆

ヴィクターには或る恐怖症があった。14年の刑期を終えて出所した今、彼はその恐怖の因(もと)となるものをいずれ目にすることを予測していた。彼のもう一つの関心は、フリートウッドという元刑事のことだった。ヴィクターは女を襲って追われる途中、フリートウッドを銃で撃ち、逮捕されたのだ。彼は半身不随となったが、クレアという恋人と幸福に暮らしているという。不思議な運命の糸に操られたかのように、ヴィクターは彼らと出会った。クレアを含む3人の間に生じた奇妙で、危険な関係、それがやがて恐るべき破局を生むことになるのだが…。CWA賞受賞の傑作。 内容紹介より



1986年に発表されたノン・シリーズ作品です。性犯罪者で、逃走中に立てこもった家で刑事を撃って逮捕されたヴィクターが主人公です。ほとんど彼の視点によって物語が描かれているため、その社会病質性があらわに伝わってきます。やや奇妙な家庭ではあるけれど、虐待を受けて育っているわけではない彼の異常性、女性に対して向けられる攻撃性のもとがはっきりと示されていないところが異様さを強めているように感じました。日常性に埋没した異なるものを描き出すのが作者の特徴であり、その異なるものが様々な要因で姿を現してあらぬ方向へと動きだしてしまうサスペンスが読みどころだと思います。本書でも彼の犠牲となって車椅子生活をする元刑事とその恋人が、彼とどういう出会い方をし、またそれがどういう結果におちていくのか、そんな先の展開がまったく読めない不安を感じさせる作者の技が冴えています。
「この作品もまさしくレンデルの世界、くつろぎのひとときも、「幸福な眠り」も約束はしてくれないでしょう」(p364)、訳者である小尾芙佐氏のあとがきにあるこの言葉が作品をよく言い表していると思います。

ユーザータグ:ルース・レンデル




商品詳細を見る





テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『カリフォルニア・ガール』T・ジェファーソン・パーカー ハヤカワ文庫HM

2019-07-27

Tag :

☆☆☆☆

オレンジ出荷工場の廃屋で、首を切り落とされて殺害されたジャニル。幼い頃の彼女を知るベッカー家の三兄弟は、それぞれの立場で事件の闇に踏みこんでいく。ニックは捜査を指揮する刑事として。アンディは取材にあたる記者として。デイヴィッドは彼女を助けていた牧師として。ジャニルの、そして少年時代の記憶をたゆたいながら、やがて見つけた真相は—二度目のアメリカ探偵作家クラブ最優秀長篇賞に輝いた感動作。 内容紹介より



タイトルの“カリフォルニア・ガール”とは、オレンジ出荷用の箱に貼られたラベルに写る美人モデルのことです。しかし、それは殺人事件の被害者となった若い女性であるとともに、カリフォルニアという土地のメタファーでもあるのでしょう。1954年から1973年にかけて、カリフォルニアと住人たちが時代につれて変遷する姿をジャニルと彼女を幼少時代から知る兄弟を通して映し出しています。ケネディ大統領暗殺事件やベトナム戦争の衝撃、ドラッグ流行の兆しとサブカルチャーの隆盛、そしてあらわになった家庭内暴力の問題、そのようなカリフォルニアに起きる変化のイメージを投影したものがジャニルであり、その影響を受ける市民がベッカー家の兄弟たちという存在です。兄弟たちは、牧師、刑事、記者それぞれの立場で彼女の死に携わることになり、それにつれて彼らの半生が濃密に描かれていきます。本書は、ジャニルの死を通して、ある家族の一時代を描き切ったと言える力作です。

『ブラック・ウォーター』
『コールド・ロード』
『嵐を走る者』




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『血盟の箱 続・古書店主』マーク・プライヤー ハヤカワ文庫NV

2019-07-24

Tag :

☆☆

1795年パリ。一人の老人が手紙をしたためていた。「多くのものがこれにかかっているのです」血で署名されたその手紙はひとつのチェストとともに、いずこへかと送り出された……二百年後、外交会談のために訪れたアメリカ上院議員が怪事件に遭遇。大使の命で議員に同行していた外交保安部長ヒューゴーはパリ警視庁の友人の手を借りて捜査を始めるが、事態は意外な方向に発展した!好評の『古書店主』に続いて放つ第2弾 内容紹介より



シリーズ第一作目の『古書店主』は未読です。本のカバーとタイトルを見て、歴史ミステリを鍵にした国際謀略を扱い、また古書(店主)が重要な役割を果たす衒学的な濃い物語かと勝手に思って読んだ訳ですがまったく予想はずれでした。元FBIで駐仏アメリカ大使館外交保安部長の主人公、元CIA局員であるその友人。この二人がパリにやってきたアメリカ上院議員に起きた不法侵入事件の調査をパリ警視庁の警部の協力を得てするのですけれど、彼らが当地の警察を差し置いて捜査に図々しくしゃしゃり出てくる展開が違和感ありすぎです。しかもこのコンビがいかにもハリウッド映画に登場しそうな造形で、さらに彼らの会話に「○そったれ」とか「○そ」という言葉を頻繁に使います。著者はアメリカ在住のイギリス人らしく本書は英国的な諧謔趣味でアメリカ的娯楽小説を風刺した作品なのかもとか考えたいのですけれど、非常にアメリカナイズされていて英国風味が微塵も感じられませんでした。フランス革命に関する逸話も伏線にするほどの効果も説得力もないように思います。しばしば感傷に依存しがちな、お手軽で安っぽい突っ込み所満載なB級娯楽作品だと思います。




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『異国に死す』ドナ・レオン 文春文庫

2019-07-21

Tag : ダナ・レオン

☆☆☆

死体は運河のくすんだ水にうつぶせに浮いていた—被害者はアメリカ人青年。単なる物取りの犯行と決めつける上司にさからい、ブルネッティ警視は執拗に事件を追うが、その背後には巨大な闇の力が存在していた!サントリーミステリー大賞受賞作家が、観光都市ヴェネツィアの素顔と多彩な人間模様を丹念に描きこんだ異色作。 内容紹介より



著者は、グイード・ブルネッティ警視 シリーズの第一作目である『死のフェニーチェ劇場』(文藝春秋)でサントリーミステリー大賞、『ヴェネツィア殺人事件』(講談社文庫、著者の表記はダナ・レオン)でCWA賞を受賞しています。本書は1993年に発表されたシリーズ第二作目にあたります。イタリア在住の作者による、部外者のフィルターがかかったヴェネツィアという華やかで賑やかな世界的観光地の観光客の目に触れない裏側や影の部分、風土や住人気質が良く描かれているように感じます。家庭においては思いかけず手に入った大金の使い道(娘のパソコンや家族旅行)をあれこれ悩んだり、思春期の息子の初恋にうろたえたりと、どこにでもいる夫であり父親で、仕事では地道な捜査を続ける公務員タイプの主人公ですが一本芯が通った正義感の持ち主です。そんな彼が手がける事件は、イタリアにある米軍基地に所属するアメリカ兵刺殺事件です。手がけるうちにイタリア社会に存在する暗部に足を踏み入れてしまうことになります。巨大な闇の力、隠然たる勢力に対して、主人公はどのように立ち向かうのか。諦観と義憤のなか、力の及ぶ限り筋を通そうと努める姿が印象に残る作品です。深く大きな闇を背景にした普通の家庭(人)を描くのが本シリーズの基本テーマなのでしょう。

『ヴェネツィア殺人事件』講談社文庫
『ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する』講談社文庫




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ジューンブライドはてんてこまい』クリスタ・デイヴィス 創元推理文庫

2019-07-18

Tag :

☆☆

イベントプランナーのソフィは、ここのところ妹ハンナの三度目となる結婚式の準備にかかりきり。新郎クレイグには何か秘密があるようだし、いちいち張り合ってくるナターシャとの共同作業があるのも気が重い。とはいえ、妹には幸せな式を挙げてほしい。とことが当のハンナが結婚をやめると言いだすわ、クレイグの元妻が突然現れ、こともあろうにナターシャの家の四阿で死体となって発見されるわで、一気に先行きが怪しくなる始末。はたしてこの結婚、無事に執りおこなわれるのか?愉快な人々が美しい町で織りなす、コージー・ミステリ第2弾。 内容紹介より



家事アドバイザーの事件簿シリーズ。前回同様に今回も、ヒロインの屋敷にこれでもかというくらい登場人物(前回足りなかった子供も含め)24人と猫一匹、犬三匹が入り乱れ、彼女の妹の結婚式をめぐってドタバタやる設定はまるでシチュエーション・コメディみたいです。ただし当然文章だけで映像を伴っていないので誰が誰だったか混乱しがちなところはあります。人物だけでなくハプニングまで一章ごとに毎回のように詰め込んでいるために過多な感じがするので、緩急なり強弱なりを付ける必要があるかもしれません。作者のスタイルはほぼ出来上がっているみたいなので、その辺りの変化は期待薄ですけれど。今回のイベントはヒロインの妹の結婚式です。三度目の式にこれほどの時間と労力をかけるということに非常に驚かされます。様々なトラブルが持ち上がっても放り出さず、しかも幾人もの招待客を自宅に泊まらせてその世話もし、ライバルとのさや当てをしつつも準備を行うヒロインの姿には感心させられます。いわばミステリなんて添え物みたいな感じで読むのが良いのだと思います。

『感謝祭は邪魔だらけ』




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ようこそグリニッジ警察へ』マレー・デイヴィス ハヤカワ文庫HM

2019-07-15

Tag :

☆☆☆☆

パツィは、問題刑事の吹きだまりグリニッジ署に飛ばされた。少女レイプ犯に過剰な暴力をふるったせいだ。いやそもそも、華麗なる一族に生まれ、金にも不倫相手にもぜんぜん不自由せず、上司の言うことをロクにきかない彼女が煙たがられていたのかも。そして着任早々、火葬される死体が別人のものにすり替えられて灰になるという奇妙な事件が発生した!凄腕セレブ刑事が事件解決に向けて突っ走る痛快ポリス・サスペンス 内容紹介より



お金持ちで不倫体質の美貌の主任警部と強面だけど心優しい部長刑事のコンビが主人公です。遺体すり替え事件から葬儀店オーナーの失踪、そしてクリーニング店主に始まる連続殺人事件を彼女らが調べていくうちに十年前の未解決大金強奪事件が浮かび上がってきます。592ページのなかなか大部な警察小説で、とにかく登場人物がわらわらと多くて登場人物一覧ではとても把握できずかなり混乱してしまいました。手際よくコントロールされているにしても、物語はメインストーリー以外にサイドストーリーも四方八方に広げているため、それは重層性とはまた違った肉付けをなされてはいるけれど、本来のプロットがややぼやけてしまっているような印象を受けました。また、悪人たちの造形がどれも似たり寄ったりなところがあります。主人公二人の間柄が恋愛に発展しそうな流れは個人的にはヒロインの個性を消してしまいそうで必要無い気がしました。内容的には軽めで読みやすく、こういうユーモア側に寄った英国ミステリが持つ苦い捻りが効いている良く練られた作品だと思います。




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『死せる魂』イアン・ランキン ハヤカワ・ミステリ

2019-07-12

Tag :

☆☆☆☆

過去の亡霊たちが、リーバス警部の周囲に気の重くなるような事件を積み上げている。公園の崖から墜死した同僚刑事、息子が失踪した学生時代の恋人、刑期を終え、ふたたび子供たちの周囲をうろついている性犯罪常習者—そんなさなか、アメリカで連続殺人を犯し、15年の刑期を終えた男オークスが、生まれ故郷のエジンバラへ帰ってきた。奴はまた殺人を繰り返すにちがいない。警察の厳重な監視を嘲笑うかのようにオークスはエジンバラを徘徊する。何のために、何を狙って、この町に戻ってきたのか?オークスもまた過去の亡霊の一人なのか…… 内容紹介より



マクベインの87分署シリーズでは、モジュラー形式で進行する諸々の事件が分署に所属するそれぞれの警察官の視点で描かれていることが多いのに対して、本書では主人公のリーバス警部がすべての事件にかかわるという形態をとっているようです。それは一匹狼の立ち位置として当然なのでしょうが、彼がかかわる事件の多さに、超人化傾向に向かって行くのではないかと一抹の不安も感じてしまいます。嘱望されていた同僚刑事の墜落死、元恋人の息子の失踪事件、性犯罪の前科者、アメリカから送還された元殺人犯、このような事件や犯罪者たちが主人公の様々な心理を映し出す鏡の役割を果たしているような印象がしました。そこに映し出される感情にはポジティブなものはほんのわずかであり、崖っぷちに立つ彼の抱える闇とかろうじてそこから一歩を踏み出させない何かを含んでいるような気がします。全体的に気が滅入るような事件が多いのですけれど、雑草あるいはゴキブリみたいにしぶとく、理想はとうに潰えていてもしたたかにかつ泥臭く向かっていく主人公の姿が妙に愉快で映えているように感じました。

『血の流れるままに』




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ヴァイオリン職人と天才演奏家の秘密』ポール・アダム 創元推理文庫

2019-07-09

Tag :

☆☆☆☆

名ヴァイオリン職人ジャンニのもとに一挺のグァルネリが持ちこまれた。天才演奏家パガニーニ愛用の名器“大砲(イル・カノーネ)”で、コンクールの優勝者エフゲニーがリサイタルで弾く予定だった。修理を終えた翌日、リサイタルに来ていた美術品ディーラーの撲殺死体が発見される。彼はホテルの金庫に黄金製の箱を預けていた。中にはエリーザという女性がパガニーニに宛てた1819年の古い手紙があり、彼女がパガニーニに何かを贈ったことが書かれていた。殺人事件解明の手がかりなのか?名職人にして名探偵が“悪魔のヴァイオリニスト”をめぐる謎に挑む! 内容紹介より



シリーズ第二作目。今回はパガニーニとナポレオンの妹であるエリーザの恋愛を軸に、彼が彼女に捧げた曲、そして彼女が彼に贈ったある品物がミステリを解き明かす鍵の役割をしています。三体の死体が出てくるにしても、前回同様にとても落ち着いた大人なミステリに仕上がっています。音楽界の歴史的人物にまつわる恋愛模様とそれを現代に移し替えたみたいな若きヴァイオリン奏者の恋、それと何かに秀でた者の子供時代の苦悩が添えられています。天才ヴァイオリニストや彼への贈り物にまつわる面白くまたは物悲しくせつない逸話を興味深く読みながら、ミステリとして徐々に謎が解けていく様子が楽しめる、作者によるそれらのリンクのさせ具合が絶妙だと思います。それに加えて主人公の自分の人生と亡くした妻への想いを挿むことで物語に深みとペーソスという味わいを加えているように感じました。音楽室の肖像画で見かけるだけだった大音楽家たちの人間臭い姿を描き出す良シリーズだとあらためて思います。

『ヴァイオリン職人の探求と推理』




商品詳細を見る









テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『サイレント・スクリーム』アンジェラ・マーソンズ ハヤカワ文庫HM

2019-07-06

Tag :

☆☆☆

私立校の校長が何者かに溺死させられる事件が発生。現場の傍の木々には犯人によるものと思われる不可解な放火が。型破りな女性警部キム・ストーンは、被害者がある荒れ地の発掘調査に関心を示していたことを突き止める。その土地の一画には被害者がかつて勤めていた児童養護施設が残されていた。十年前に火災で閉鎖された施設の実態を追うキム。そこに第二、第三の事件が―! 現代英国ミステリ界最注目の警察小説。 内容紹介より



主人公は三十四歳の女性警部。愛車はカワサキ・ニンジャ。幼少時の悲惨な体験から他人に対して心を閉さす傾向があり人間関係が苦手です。しかし、警察官としての能力は優れており、三人の部下とともに殺人事件の捜査を担当します。女性校長殺人事件の後、さらにたて続けに殺人が起きていずれの犠牲者もかつて児童養護施設に勤めていたことが判明します。やがてその施設に隣接する土地に持ち上がった発掘計画が事件と関わりがあるのではないかという疑いが浮かびます。次々と犠牲になる元施設職員たちがひた隠しにしていた秘密とは……。虐待を受けて保護された子供たちへの行政からの支援と直接彼らに接する職員たちの実態が話の核となり、同様に幼少時代に虐待の経験を持つヒロインの過去が重ねられて進んでいきます。さらにサイコパスから法医人類学まで絡んでくる警察小説で、なかでもやはりヒロインのキャラクターが目立ちます。彼女と部長刑事との会話がちょっと浮き気味な感じも受けましたし、部下たちのキャラが薄い気もしました。あまり英国風な雰囲気が感じられないし、警察小説として抜きん出たものがあるかというとそうでもないような印象でした。




商品詳細を見る






テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『眠る狼』グレン・エリック・ハミルトン ハヤカワ文庫NV

2019-07-03

Tag :

☆☆☆

帰ってきてほしい—十年前に故郷を離れ、海外で軍務についていたバンのもとに、ずっと音沙汰のなかった祖父からの手紙が届く。プロの泥棒である祖父の弱気な言葉に胸が騒いだバンは、急ぎ帰郷した。だが到着した彼を待っていたのは、頭に銃撃を受けた祖父の姿だった!人事不省の祖父をまえに事件の真相を追う決心をしたバンは祖父の仕事仲間に協力を仰ぐ……ミステリ賞三冠を制した昂奮と哀愁がクロスするサスペンス 内容紹介より



子供の頃母親と死別した主人公は祖父に引き取られ二人で暮らし始めます。祖父は強盗や窃盗を生業とし、少年だった主人公にその技術や手口を教え込み、酒場の共同経営者のかたわら、やがて二人で組んで泥棒稼業を行います。ストーリーは、そんな子供から青年時代にかけての主人公と祖父のエピソード(哀愁部分を担う)を挿んで進みます。二十八歳になった現在の主人公は陸軍のレンジャー部隊の軍曹でイラクやアフガニスタンでの戦闘経験の持ち主です。しかし、その軍歴を背景にしたような過激な銃撃シーンやアクションはほとんどなく、全体の雰囲気はハードボイルドよりです。物語は祖父の自宅に仕掛けられていた盗聴器を発見することから進み始め、祖父の昔の仕事仲間の助けを借りて容疑者を追ううちに、地元で起きたダイヤモンド強奪事件が浮かび上がってきます。「ミステリ賞三冠」という言葉に引かれて読んだ訳ですが、個人的にハードルをあげ過ぎてちょっと残念でした。祖父のしっかりとしたキャラクターに比べて、主人公のそれに物足りなさを感じたのは彼の年齢設定にあるのかどうなのか、渋くもなくかといって初々しくもなく中途半端な造形のような気がしました。ただし、シリーズ物なのでこれから変化していくのかもしれません。




商品詳細を見る








テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ C・J・ボックス ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ヘニング・マンケル ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン S・J・ローザン カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン スチュアート・ウッズ パーネル・ホール ピーター・ラヴゼイ ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ クレオ・コイル ヒラリー・ウォー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフ・アボット イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン G・M・フォード ポール・ドハティー ジャン=クリストフ・グランジェ リン・S・ハイタワー ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ウイリアム・P・マッギヴァーン サイモン・カーニック スタンリイ・エリン クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ ジョアン・ハリス ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ ジョン・クリード レニー・エアース デイヴィッド・マレル コニス・リトル オーサ・ラーソン ファーン・マイケルズ レイ・ハリスン エヴァン・マーシャル ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ビリー・レッツ サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー イーサン・ブラック リック・ボイヤー エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント