FC2ブログ

『猫好きに捧げるショート・ストーリーズ』ロアルド・ダール アリス・アダムズ ロズ・チャスト他 M・J・ローゼン編 国書刊行会

2020-01-14

☆☆☆

ロアルド・ダール、アリス・アダムズ他、現代英米の短編の名手たちが描く猫物語20篇。『ニューヨーカー』常連の漫画家ロズ・チャストの「漫画組曲」、トニー・メンドサの猫写真14葉も収録。 内容紹介より



「賢いわたし」パメラ・ペインター
三匹の猫を飼っている「わたし」が、もう一匹猫を飼いたいと言うと同居中の彼から反対される。それならばと三匹の猫に新しい名前を付けて呼ぶことにしたら、これまた彼には不評。賢い「わたし」が次にとった措置とは。
「猫を飼う」フィリップ・ロペイト
実は猫など飼いたくなかったのに、憧れている老作家から、なりゆきで仔猫を貰い受けて飼うことになった「ぼく」。嫌々飼っているうちに次第に変化していく心情を描いた作品。
「二匹の猫と」ロプリー・ウィルソン
二匹の猫と暮らす離婚経験のある中年女性が偶然に精神科医と知りあい交際することに。彼は彼女の猫への愛着を面白がったり、職業柄アドバイスをしたりする。一緒に暮らそうともちかける彼への返事は……。
「危機」モリー・ジャイルズ
夫と息子と娘、そして犬と三匹の猫と暮らす専業主婦。中年の危機を迎えた主婦の心の動きを迷い込んできた仔猫に絡めて描く。
「猫が消えた」アリス・アダムズ
飼い猫とともに両親の所有する別荘で週末を過ごしたソーシャル・ワーカーの女性。帰り際に猫がいなくなったことから、彼女の心の底にあった不安や恐れが浮かび上がってくる様を描いた作品。
「土地っ子と流れ者」ボビー・アン・メイソン
両親が引っ越した後、八匹の猫がいる実家の農場で暮らす女性。夫が新しい仕事で別の土地に新居を探しに行った留守中に、彼女に恋人ができてしまう。このまま農場に止まるか、それとも新しい土地で夫とともに暮らすのか。
「シカゴとフィガロ」スーザン・フロムバーグ・シェイファー
フィガロという名の猫がでてくる良く理解できない物語。
「お気をつけて」カティンカ・ラサー
これまた良く理解できない、二度も泥棒の被害にあった家の主婦の日常の一片を切りとったかのような作品。ホワイトという名の二匹の猫を飼う彼女の漠然とした不安。
「絵の中の猫」ライト・モリス
妻と二人暮らしの絵を趣味にする退役した大尉の家に猫が紛れ込んでくる。猫を可愛がる妻、その姿に疎外感を抱く彼がしたちょっとした悪戯が思わぬ事態を招いてしまう。
「つれあい」アーテューロ・ヴィヴァーンテ
普段はキャンパス内のアパートで暮らし、週末に妻のいる自宅に帰る日課にしている大学で教えている彼。ある日、彼は一人暮らしで老猫の世話をして過ごしている妻の孤独に気づく。
「漫画組曲」ロズ・チャスト
猫の漫画あれこれ。
「屍灰に帰したナッシュヴィル」エイミー・ヘンペル
獣医だった夫を亡くして、猫一匹、犬二匹、九官鳥一羽と暮らす女性の夫の思い出やペットたちの生活を描いて、老いていく彼女の虚しさやあきらめを浮かび上がらせている作品。
「暴君エドワード」ロアルド・ダール
自宅に迷い込んできた猫を音楽家リストの生まれ変わりだと信じる妻、それに対する夫のとった行動は……。
「屋根裏部屋の猫」ヴァレリー・マーティン
飼い猫を溺愛する奔放な人妻。その猫が行方不明になったことから起きた出来事を愛人の視点で描いた、どこか古めかしい感じがする作品。
「テッド・ローパーを骨抜きにする」ペネロピ・ライヴリー
村中の猫を妊娠させてまわる猫とその飼い主の不良老人。彼らに憤った村の主婦たちの恐い企み。
「愛情」コーネリア・ニクソン
子猫時代から可愛がって育ててきた猫が別の家に住み込んでしまった少女。彼女の猫へ複雑な想いと思春期の感情を描いた作品。
「フェリス・カトゥス」ジーナ・ベリオールト
新婚夫婦に起きた猫と姉妹をめぐる色々なトラブルを描く。
「老女と猫」ドリス・レッシング
子供たちに顧みられなくなった老女と飼い猫の哀しい話。
「ラルフ」ウィンディ・レッサー
病気で鼻をなくした飼い猫について思うこと。
「ふれあいは生き物の健康にいい」メリル・ジョーン・ガーバー
次第に増えていくペットたちの世話と家事に追われる主婦のもとにさらに一匹の子猫が現れる。飼うことに反対する夫を説得する方法。
「こっちを向いて、ビアンカ」モーヴ・ブレナン
飼い猫が行方不明になってしまった「わたし」。猫の思い出と喪失感を描く。宙ぶらりんの気持ちのままでいなければならない辛さ。

雑誌『ニューヨーカー』に掲載されているような雰囲気の作品がいくつかあって、解説を読むと実際に掲載された作品や発表の場としている作家が書いた作品が収録されているようです。なので似たような傾向の作品が多く、あまり変化に富んでいるとは言えません。

今年もよろしくお願い致します。



商品詳細を見る






テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント