FC2ブログ

『夏の記憶』ピーター・ロビンスン 創元推理文庫

2020-02-28

Tag :

☆☆☆

スウェインズデイルの夏。いつになく好天続きとなったその平穏な日々を打ち砕くように、頭を割られた死骸が一体、緑濃い谷間の一画で発見された。男の名はステッドマン。多額の遺産を得てこのヨークシャーの片隅に隠遁した学究で、殺人に発展し得るほど激しい感情の渦中に身を置いていたとはどうしても思えない。かくて捜査陣の目は、いまを遡る十年前―関係者の多くが集い、そして散っていったある夏の記憶へと向けられた……。物哀しい民謡の調べをバックに、バンクス主席警部の執拗な調査とその意外な顛末とを描く、現代英国ミステリの第二弾。 内容紹介より



アラン・バンクス主席警部シリーズ第二作目。
田舎の町で元大学教授の産業考古学者が撲殺死体で発見されます。被害者は学級肌の人当たりの良い性格で人の恨みを買うような人物ではなく、ささいなトラブル以外には犯行の動機も見当たらない状況で捜査は捗りません。そんななか主人公は、十年前に被害者とその妻、彼らと親しくしていた若者たちとの交友関係に事件の鍵が隠されているのではないかと考え始めます。
というわけで、わたしからみたら主人公の警部が十年前にそれほどこだわるその理由が分からず、またその根拠となるものもなんとなくとしか書かれていないため、設定ありきの作者の強引さを感じました。それならば、その十年前の夏の日々における、思わせぶりでさりげないエピソードが容疑者たち個々の視点から描かれていたほうが効果的だったでしょう。そういうところが不足気味なために、犯人とその動機が上手に隠されているにもかかわらず、作品全体が非常に地味になってしまいもったいない感じがします。読後に伏線が至るところに張られていることに気づくくらいにミステリ的には巧みに練られている印象が残りました。

『罪深き眺め』
『必然の結末』
『夢の棘(いばら)』





商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『監禁面接』ピエール・ルメートル 文藝春秋

2020-02-25

Tag :

☆☆☆☆

企業の人事部長だったアラン、57歳。リストラで職を追われ、失業4年目。再就職のエントリーをくりかえすも年齢がネックとなり、今はアルバイトで糊口をしのいでいた。だが遂に朗報が届いた。一流企業の最終試験に残ったというのだ。だが人材派遣会社の社長じきじきに告げられた最終試験の内容は異様なものだった。―就職先企業の重役会議を襲撃し、重役たちを監禁、尋問せよ。重役たちの危機管理能力と、採用候補者の力量の双方を同時に査定するというのだ。遂にバイトも失ったアランは試験に望むことを決め、企業人としての経験と、人生どんづまりの仲間たちの協力を得て、就職先企業の徹底調査を開始した。そしてその日がやってきた。テロリストを演じる役者たちと他の就職希望者とともに、アランは重役室を襲撃する!だが、ここまでで物語はまだ3分の1。ぶっ飛んだアイデア、次々に発生する予想外のイベント。「そのまえ」「そのとき」「そのあと」の三部構成に読者は翻弄される。残酷描写を封印したルメートルが知的たくらみとブラックな世界観で贈るノンストップ再就職サスペンス! 内容紹介より



偽のテロリスト等に重役会議を襲撃させ、監禁、尋問して重役たちの危機管理能力や問題処理能力を査定し、また、主人公を含む就職希望者に彼ら尋問をさせることで採用の可否を決める、なんていう奇想天外かつ荒唐無稽な設定に読んでいて少々頭が混乱しそうになります。仕事上のトラブルによりバイト先から損害賠償請求の訴えを起こされた主人公は、妻が反対するなか、娘から借金をして面接のそなえての情報収集と専門家による個人レッスンによる学習に励みます。ここまでが「そのまえ」。「そのとき」では、語り手が今回の面接をセッティングした元傭兵に代わり、面接がアクシデントによりとんでもない事態に見舞われる様子が語られます。そして「そのあと」では、再度主人公に視点が戻り、彼の真のたくらみが徐々に明らかになっていくという流れです。展開がまったく読めない予想外のコンゲームといったところでしょうか。都合の良さと強引さも目に付きますが、このくらい吹っ切れたほうが娯楽作品としての面白さが引き立つように思います。失業という人間の尊厳にかかわるような状態の陥り、切羽詰った初老の主人公のいたたまれなさや焦り、怒り、無念も描き、それらの感情に突き動かされ、ただ愛する家族の為を思って綱渡りのような計画を成し遂げた先にあったものは……。

『その女アレックス』文春文庫




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『ヴォスパー号の遭難』F・W・クロフツ ハヤカワ文庫HM

2020-02-22

Tag :

☆☆☆

そのしけの夜、大西洋上の貨物船ヴォスパー号に大爆発が起こった。船は大波と船体の破損に抗すすべもなく、大海に呑まれていった―数週間後、海事裁判が開かれたが、爆発原因は解明されず、保険金支払いはほぼ確実となった。しかし、状況を一変させる出来事が起こった。保険金詐欺を疑い、事件を探りつつ失踪した事故調査員の他殺体を、フレンチ警部が発見したのだ。死んだ男はいったい何をつかんでいたのか?一見平凡な海難事故から、詐欺、殺人へと急展開する一連の事件を精緻な構成で描く本格力作の改訳決定版(『ヴォスパー号の喪失』改題) 内容紹介より



英国と南米を結ぶ定期貨物船が洋上を航行中に貨物室から原因不明の爆発が立て続けに起き、浸水した船は間もなく沈没してしまう事故が発生します。海事審判では何者かによって爆発物が貨物室に仕掛けられたと推測されたものの、それがどうやって持ち込まれたのか謎のままです。一方、貨物の損害保険を担った保険会社に雇われていた調査員が失踪する事件が起き、フレンチ主任警部が捜査に乗り出します。物語の序盤はまるで冒険小説を思わせるような海難事故の場面が続き、法廷劇の一端みたいな海事審判の様子、そしてフレンチ主任警部の登場となる警察小説へと趣を変えます。調査員の失踪に海難事故の調査が絡んでいるとの目星をつけた警部は船会社、荷主である発電機製造会社に捜査の目を向けます。事件の鍵は、厳重な監視の下、爆発物をどうやって船内に持ち込み、それを爆発させたのか、ということで警部はこつこつと状況証拠を積み重ねていく訳ですが、迷推理を発揮したりするところ以外はかなり地味です。ただこの地味さと堅実さが作者の持ち味であり、今どきの目まぐるしい派手な作品とは違った魅力を感じました。事件のからくりには早めに予想がつくので評価はちょっと下がりました。




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『よき自殺』トニ・ヒル 集英社文庫

2020-02-19

Tag :

☆☆☆☆

真冬のバルセロナ。若い女性が地下鉄に飛び込んだ。彼女の携帯電話には不可解なメッセージと木に吊るされた3匹の犬の死体の写真が……。カタルーニャ州警察警部エクトル・サルガドは、女性の勤める会社では、他にも自殺者がいることに気づく。相次ぐ自殺の裏にあるおぞましい真相とは?一方、産休中のレイラ・カストロ刑事は失踪したエクトルの元妻を捜すが……。好評のバルセロナ・ミステリー第2段。 内容紹介より



本書は《バルセロナ警察三部作》の第二作目にあたりますが、わたしは第一作『死んだ人形たちの季節』は未読です。物語は、サルガド警部が指揮する化粧品会社の社員の連続自殺事件の捜査と産休中のカストロ刑事が独自に調査するサルガド警部の手詰まり状態になった元妻失踪事件、この二つに分けられています。後者は第一作の内容と被る部分がありますので、やはり順番に読んでいくほうが良いようです。地下鉄で女性の飛び込み自殺が発生し、彼女の携帯に脅迫めいたメッセージと木に吊るされた犬の写真が残されていたことから物語が始まります。彼女が勤めていた化粧品会社では数ヶ月前にも社員による無理心中事件が起きていたことが明らかになります。捜査するうちに、ある研修に参加した社員たちの間に何らかの隠し事が存在するのではないかと警部は推測するのですが……。一枚の残酷な写真と共有される秘密、そして連続死、複数の容疑者、なかなかミステリアスな設定と次第に盛り上がっていくサスペンス、多視点を頻繁に切り替えて人物像を浮き上がらせつつテンポよく進行させています。さらに真犯人の意外性もあルナ化中の作品だと思います。失踪事件に関しては、三部作全体を通しての謎という位置づけになっているためあまり進展は見られませんが、ラストは衝撃的な事実を匂わせています。




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『処刑の丘』ティモ・サンドベリ 東京創元社

2020-02-16

Tag :

☆☆☆☆

深夜、かつて虐殺の舞台になったことで〈黒が丘〉と呼ばれた場所で、男たちが“処刑”と称し一人の青年を銃殺した。死体発見の報を受けた警察は、禁止されている酒の取引に絡む殺人として処理したが、ケッキ巡査だけは納得していなかった。事件の陰に見え隠れする内戦の傷。敗北した側の人々が鬱屈を抱える町で、公正な捜査をおこなおうと苦悩するケッキ。はたして正義は果たされるのか?〈推理の糸口賞〉受賞 フィンランドの語られざる闇を描く注目のミステリ 内容紹介より



舞台となるのはフィンランドにある地方の町です。時代は内戦の爪痕が残る禁酒法施行下の1920年頃。内戦終結から間もなく、警察組織内でも白衛軍勢力が幅を利かせるなか、主人公のケッキ巡査は中立の立場を保っていたにもかかわらず肩身の狭い思いをしている状況です。内戦時、赤衛軍の女性兵士が虐殺された〈黒が丘〉と呼ばれる場所で、青年の射殺体が発見されます。
事件は密造酒の取引をめぐるトラブルが原因ということで警察は幕を引こうとしますが、主人公は現場の状況から疑いをいだきます。ミステリ的には特別目立つようなものはありませんが、田舎の町でも国内を二分した内戦の傷が深く残るなか、たくましく生活していく庶民、なかでも虐殺された女性兵士の家族の内に悲しみや怒りまた無力感を抱えながらも、生きて人生を続けていかなくてはならないという強い姿を描いた良作だと思います。特に公衆サウナのマッサージ係をしている、娘を殺した敵と身近に暮らさなくてはならない母親のヒルダは、もうひとりの主人公として存在感を出しつつ、またフィンランドのサウナ文化を体現しているみたいに描き出されていると思います。




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『乗客ナンバー23の消失』セバスチャン・フィツェック 文藝春秋

2020-02-13

Tag :

☆☆☆

命がけの囮捜査から帰還した捜査官マルティン・シュヴァルツにかかってきた電話が、彼を憎むべき客船へ導いた。五年前に彼の妻子が姿を消した船に乗り込んだマルティンが見たのは息子のティディベアだった。二ヵ月前に同じ船から姿を消した少女が、このティディベアを手にして、突如として船内に出現したのだという。ティディベアは今までどこにあったのか。少女は今までどこにいたのか。少女とともに姿を消したはずの母親はどこに。そしてマルティンの妻子の身に本当は何が起きたのか? 船の中で起きているのはそれだけではない―闇の底に監禁されている女がおり、彼女を詰問する謎の人物がいる。娘の忌まわしい秘密を知って恐慌を来す女がいて、その娘は何者かと連絡をとりながら不穏な計画を進める。船員はメイドを拷問し、泥棒がそれを目撃する。そしてマルティンを船に誘った富豪の老女は「この船には殺し屋がいるのよ」とささやき、神隠しから戻った少女は凍った表情のまま口を閉ざす……巨大な船の奥底に広がる迷宮。そこに隠されているのは何か。無数の謎をちりばめて、ドイツ屈指のベストセラー作家が邁進させる閉鎖空間サスペンス。マルティンの鬼気迫る捜査がたどりついた真相とは?そしてあなたが「一件落着」と思ったとき、鬼才フィツェックの意外な真相つるべ打ちが開始されるのだ! 内容紹介より



巨大豪華客船という華やかなクローズドサークル、何千人もの乗客乗員、日常から離れた巨大な迷路を持つ船底、そこに内容紹介にあるような多くのミステリが仕掛けられていると思うと期待が高まります。しかも実際にクルーズ船における乗客乗員の行方不明者数はかなりの数になるそうです。ただハードルを上げたせいか、思っていたほどの満足感は得られませんでした。確かに面白いのですけれど、個人的に想像していたものとなにか違うような。全体的に粗さというか大雑把というか繊細さにかけているような印象が残りました。例えばスピディーな進行を心がけるために、こういう設定の妙である群像劇の要素をほとんど取り入れていないためにスケールが小さくなっているように思いました。これが作者のスタイルなのでしょうが、そこら辺は残念な気がします。また、囮捜査のためにエイズ検査で陽性なる薬品を注射したり、自ら抜歯したりと、ちょっと主人公のキャラクターが無駄にタフで強烈すぎるようにも感じたりもしました。テーマの悲惨さもありますが、もっと構想を練ってもよかったのでは。先に読んだ『遭難信号』(キャサリン・ライアン・ハワード 創元推理文庫)と被るところがあるのも微妙なのかもしれません。

『遭難信号』キャサリン・ライアン・ハワード 創元推理文庫





商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『自殺の街』ハワード・エンゲル ハヤカワ文庫HM

2020-02-10

Tag :

☆☆☆

それは簡単な浮気調査の依頼に思えた。わたしは夫なる請負業者をつけた。彼はスポーツ用具店へ立ち寄った後、精神科医の診療所へっ入って行った。不審な行動は見られなかったので尾行を打ち切ったのだが、その日の夕刻、彼が事務所で自殺したとのニュースがテレビに流れた。不自然だ。自殺する人間がその日に店で自転車を買ったりするものだろうか。警察の断定に疑問を抱いたわたしは独自に調査を始めるが、第二、第三の自殺事件がやがて明るみに……カナダの私立探偵べニー店クーパーマン登場!鮮烈かつ軽快なタッチで描く新シリーズ第1弾。 内容紹介より



中村保男氏の訳者あとがきによると、作者は「いかにもカナダで起こったと思われるような物語を書くという姿勢を強く打ち出している」(p333)とのことだそうなのですが、実際にはトロントやナイアガラという地名が出てきて初めてカナダを舞台にしているのだと気が付くくらい土地柄は感じられません。しょっちゅう実家で両親と食事をともにすること以外には、アメリカの饒舌系のソフトな私立探偵物となんら変わらない気がします。これから自殺をしようと考えている人間が自転車を買ったりするのか、という疑問から主人公は警察の決定に異を唱えて調査を始めます。するとその人物のかかりつけの精神科医が撲殺され、大学時代にクラスメートが二人続けて自殺していたことが判明します。事件の裏にあるのは市の大規模な開発計画をめぐる利権なのか、それとも恐喝事件なのか。こんな具合に話は進んでいく訳ですが、なにせ一人称のハードボイルドにために、口を開けばへらず口、気の利いた独白がこれでもかと続きます。訳者もこの点に触れているように、これは好みの分かれるところでしょう。ミステリとしては、1980年発表にしているにしてもテーマが古めかしい感じがしました。




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『閉じた本』ギルバート・アデア 創元推理文庫

2020-02-07

Tag :

☆☆☆

事故で酷い怪我を負い、眼球を失った大作家ポールは世間と隔絶した生活を送っていた。ある日彼は自伝執筆のため、口述筆記の助手として青年ジョン・ライダーを雇い入れる。ジョンはポールの無残な顔貌にもひるまず、彼の眼となりあらゆるものを観察し伝えていく。執筆は順調に進んでいくが、ささいなきっかけからポールは恐怖を覚え始める。ジョンの言葉を通して知る世界の姿は果たして真実なのか?何かがおかしい……そもそも彼は何者なのか?そしてやって来る驚愕の結末。「騙り」の小説の魅力に満ちた、会話と独白のみの異色ミステリ。 内容紹介より



交通事故によって失明し全身に傷跡が残った大作家ポールは田舎で隠棲していた。彼は新聞広告に応募してきた青年ジョンを自伝を執筆するための口述筆記と取材活動の助手として雇った。通いの家政婦が家庭の事情で来れなくなったため、ポールはジョンに身の回りの世話も任せるようになるが、やがて彼の周辺で奇妙な出来事が起こり始め、ジョンの言動に不審なものを感じるようになる。会話と独白のみで構成されたサスペンス作品である本書は、ラジオ劇の小説版みたいです。風景描写をまったく挿まないため、無駄な記述を排してすっきりとした読みやすいものになっています。また行間に空白を用いることで二人の会話の間合いや静寂感を醸し出す手法もとっています。ただ全体的にサスペンスを高める余地があったような印象も残りましたし、ジョンの造形に肉付けするとともに、ミステリとしてありきたりな感じがする二人の過去にさかのぼる因縁話はもっと意外性のあるものにしたほうが良かった気がします。そこら辺は淡白でした。

『ロジャー・マーガトロイドのしわざ』ハヤカワ・ミステリ




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『凍える街』アンネ・ホルト 創元推理文庫

2020-02-04

Tag :

☆☆☆

ハンネ・ヴィルヘルムセン、オスロ市警の腕利き女性犯罪捜査官。同性のパートナーと家政婦という、少々いびつな家族と過ごすクリスマス休暇に入ろうとしていた矢先の真夜中近く、相棒のビリー・Tから緊急の呼び出しを受ける。近くのマンションで四人もの他殺死体が発見されたというのだ。被害者は海運会社の社長とその妻、長男、そして身元不明の男がひとり。捜査線上に浮かんだのは、会社の継承をめぐる長男と次男の確執だった。相続がらみの事件か?だがハンネは、四人目の被害者のことが気になっていた。ノルウェーの人気警察小説登場! 内容紹介より



本書はオスロ市警の女性警部ハンネ・ヴィルヘルムセンを主人公にしたシリーズの七作目です。邦訳は集英社文庫から一作目から三作目まで出され、四から六作目は未訳のようです。わたしは八作目にあたる『ホテル1222』を本書より先に読んでしまいました。
物語は海運会社を営む社長宅で社長夫妻と長男、そして身元不明の男性の射殺死体が発見された事件から始まります。事件の動機が会社運営や相続をめぐる家族間の確執によるものと見なされ、次男夫婦や長女が容疑者として浮かぶなか、主人公は身元不明だった出版コンサルタントに事件の鍵があるのではないという思いが捨てきれません。捜査チームの捜査方針と相容れない主人公のもどかしさやコンビを組む男性捜査官との気持ちのすれ違いに加えて、幼少期から続く肉親との不和も描かれ、公私ともにかなり感情のもやもや感が強い作品に思えました。ただ心理描写に長けているとは言えず、各登場人物たちの感情が羅列されて強弱に欠け、それが物語にまとまりのないバラバラな感じを与えているような印象を受けました。北欧ミステリ、また警察小説としてもちょっとレベルが低いように個人的には感じましたし、犯人はなぜそのタイミングで犯行を行ったのか疑問が残ったり、真犯人が意外すぎるだけに、その人物につながる伏線が張られていないところなど粗が気になりました。

『ホテル1222』




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『犯罪』フェルディナント・フォン・シーラッハ 創元推理文庫

2020-02-01

Tag : 短編集

☆☆☆☆

一生愛しつづけると誓った妻を殺めた老医師。兄を救うため法廷中を騙そうとする犯罪者一家の末っ子。エチオピアの寒村を豊かにした、心やさしき銀行強盗。—魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。弁護士の著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの真実を鮮やかに描き上げた珠玉の連作短篇集。2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位に輝いた傑作! 内容紹介より



「フェーナー氏」「タナタ氏の茶盌」「チェロ」「ハリネズミ」「幸運」「サマータイム」「正当防衛」「緑」「棘」「愛情」「エチオピアの男」

新聞の社会面に掲載されているような事件、たとえば家庭内殺人、窃盗、誤認逮捕、死体損壊遺棄、愛人殺し、正当防衛、動物虐待、器物損壊、傷害、銀行強盗、といった用語を用いられた記事が載り、朝の一分程の時間で読みとばされてすぐに忘れ去られてしまうような事件、そんな至って大衆的な事件の裏にある様々な事情を描き独特の手法で表した作品集です。新聞記事では事件の表面しかうかがうことが出来ない犯罪と当事者たち なぜ妻を弟を殺さなければならなかったのか「フェーナー氏」「チェロ」、単なる空き巣事件がまるでパンドラの箱を開けたような災厄をもたらした「タナタ氏の茶盌」、掃き溜めに鶴みたいな境遇で、能ある鷹は爪を隠すような秘密を持つ、九人兄弟の末っ子が窃盗犯の兄を助ける「ハリネズミ」、社会の底辺で身を寄せあって生きる男女に降りかかってきた死体「幸運」、ホテルで起きた女子学生殺人事件の容疑者となった愛人が容疑から外れた訳「サマータイム」、絡んできたネオナチ二人組を瞬殺した正体不明の男をめぐる「正当防衛」、人の顔が数字に見えるという若者が起こした事件と少女の失踪事件。最後の一言が不気味な「緑」、博物館の一画にあるホールを任された警備員の精神が徐々に壊れていく「棘」、愛する恋人をいきなり刺した若者が明かした突拍子もない訳「愛情」、悲惨な人生をたどった銀行強盗犯の数奇な運命「エチオピアの男」。
いくつかの作品はジェフリー・アーチャーの『十二の意外な結末』などの短篇にどことなく似ているみたいな印象も受けました。




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート ドン・ウィンズロウ デイヴィッド・ハンドラー ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント