『第二の深夜』 アンドルー・テイラー 文春文庫

2012-11-17

Tag :

☆☆☆☆

少年にとっては初めての外国旅行だった。が、同行の父は彼を異境プラハに置き去りにして、姿をくらましてしまう。父はスパイだったのだ。時は1939年、戦争の足音はそこまで近づいている。戦火のヨーロッパで、いろいろな人に身を寄せつつ、少年は人生を学ぶ。そして真夜中と“第二の深夜”の間には何ごとも起こりうることを。 内容紹介より



1935年から1956年までの激動の時期をケンドール家、特に次男ヒューを中心に描いた歴史ミステリ。英国の情報機関の密使がウィーンにおいて任務に失敗したせいで、新たに必要となった任務のためにヒューの父親が臨時の連絡員にスカウトされ、息子を連れてプラハへと向かった。しかし、政治情勢が切迫したため、ヒューの父親はやむなく彼をプラハに残して帰国してしまう。ヒューはチェコのレジスタンス組織の関係者の許に身を寄せ、父親の迎えを待つが、ついに大戦が始まってしまう。やがて、ある事件が起き、彼は身元を偽ってドイツ軍将校の一家に使用人として住み込むことになる。
この作品の特色は主人公ヒューが、政治的な主義主張に染まらず、終始一貫して、それとは無縁な立場に身を置いているところではないでしょうか。少々淡々とし過ぎているような気もするけれど、その姿は爽やかな印象を与えていると思います。戦争や諜報戦で、登場する男性のほとんどが嫌々ながら、または進んで国家のため、あるいは私欲のために身を打つなか、ヒューの心にあるものは、ただ一人の女性への愛情なわけで、この基本形は女性登場人物の多くにも当てはまっています。本書でも触れられているように英国人は戦争をゲームに見立てる傾向があると言われますが、そんなゲームに嬉々として興じる男たちがいる一方で、愛するものを失う女たちの悲哀が、素人スパイごっこの末に、息子を異国の地に見捨てた夫を許すことができなかったヒューの母に表されているように感じました。

『我らが父たちの偽り』 アンドリュー・テイラー サンケイ文庫




第二の深夜 (文春文庫)第二の深夜 (文春文庫)
(1990/04)
アンドルー・テイラー

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【『第二の深夜』 アン】

☆☆☆☆少年にとっては初めての外国旅行だった。が、同行の父は彼を異境プラハに置き去りにして、姿をく

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー ローラ・チャイルズ ジョアン・フルーク キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ドン・ウィンズロウ ジョー・R・ランズデール ポーラ・ゴズリング C・J・ボックス エド・マクベイン ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン ヘニング・マンケル ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン レジナルド・ヒル スチュアート・ウッズ アリス・キンバリー レックス・スタウト パーネル・ホール ジョルジュ・シムノン S・J・ローザン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ レスリー・メイヤー クレオ・コイル カーター・ディクスン ジェフ・アボット ジャック・カーリイ ヒラリー・ウォー ジェフリー・ディーヴァー アイザック・アシモフ コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン マイケル・ボンド イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ G・M・フォード ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ポール・ドハティー ウイリアム・P・マッギヴァーン ケイト・ロス レニー・エアース サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ジョアン・ハリス ドナ・アンドリューズ クリスチアナ・ブランド オーサ・ラーソン アン・クリーヴス アンドレア・カミッレーリ デイヴィッド・マレル アンソニー・ホロヴィッツ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル ジャン=クリストフ・グランジェ コニス・リトル スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ジョン・クリード ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ダナ・レオン ジェーン・ラングトン ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウォルター・サタスウェイト エーリヒ・ケストナー イーサン・ブラック ユージン・イジー サキ スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント