FC2ブログ

『スリー・パインズ村と警部の苦い夏』 ルイーズ・ペニー RHブックス・プラス

2013-04-22

☆☆☆☆

夏の休暇で美しい湖畔のロッジを訪れたガマシュ警部。妻と静かに過ごすはずが、奇妙な事件に遭遇してしまった。嵐の夜、宿泊中の一家の長女が、ロッジの庭にある父親の銅像に潰されて命を落としたのだ。事故か殺人かもつかめぬまま、ガマシュは休暇返上で捜査を始める。しかし、一家は謎だらけなうえ、スリー・パインズ村のあの住人までいて……。殺人なら誰がどうやってあの重い銅像を?名警部が見出した真相とは ― 。有名賞常連の傑作シリーズ第4弾。 内容紹介より



ガマシュ警部シリーズ四作目。
ロッジの庭に据えられた大理石の土台の上に置かれていた立像に押し潰された被害者。殺人だとしたら、クレーンでも使わなければとうてい動かせないほどの重さがある彫像を犯人はどうやって倒したのか?しかも土台の大理石の表面には、像を動かしたらできるはずの傷ひとつ見当たらない。本書の特色は、犯人はいかなる方法で犯罪を実行したのかという、いまどきのミステリ作品には珍しい不可能犯罪の要素を取り入れているところだと思います。手口の見当がつけ易いのはしかたないとして、作者の意欲は評価されるべきでしょう。また、人物描写や人間関係の機微を緻密に描き出すテクニックは相変わらず見事です。ただ、気になった点は、犯行に至った動機がやや説得力に乏しいかもしれません。最終的に犯罪の引き金になったエピソードが欲しかったような気もします。
「心はそれ自身がひとつの世界であり、地獄を天国に変えることも、天国を地獄に帰ることもできる」、作者はこのジョン・ミルトンの『失楽園』の一節を引いて、ロッジに集まった金持ちの一家が長く抱えてきた葛藤、誤解、嫉妬、不信を解きほぐし、外観とはかけ離れた家族それぞれの本当の姿を現し出して見せます。

『スリー・パインズ村の不思議な事件』ルイーズ・ペニー ランダムハウス講談社
『スリー・パインズ村と運命の女神』ルイーズ・ペニー ランダムハウス講談社
『スリー・パインズ村の無慈悲な春』ルイーズ・ペニー RHブックス・プラス




スリー・パインズ村と警部の苦い夏 (RHブックス・プラス)スリー・パインズ村と警部の苦い夏 (RHブックス・プラス)
(2012/07/11)
ルイーズ・ペニー

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

てんちゃん1号さんのコメント

ありがとうございます。

なおぐりさん、お気にかけて頂いてすみません。
更新頻度はたぶんいつもどおりにもどると思いますので、
これからもよろしくお願いします。(。v_v。)ペコ

さんのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント