FC2ブログ

「あるスパイへの墓碑銘」エリック・アンブラー 創元推理文庫

2006-03-31

Tag :

☆☆☆☆

南フランスの風光明媚な避暑地に遊びに来た青年のカメラの中に、いつのまにかツーロン軍港を写した機密写真が入っていた。青年は自らの手で真犯人を突きとめるか、国外追放の憂き目に会うか、絶体絶命の窮地に立つ。第二次世界大戦前夜を背景に、スパイ小説のスリルと本格謎解きの興味をあわせもち、今や古典的名作となったアンブラー代表作。
                   裏表紙あらすじより



有名な作品ですが、わたしの苦手な重くて暗い話だと思い込んでいたので今まで敬遠していました。ところが、英国伝統の素人巻き込まれ型冒険小説なんですね。

スパイ容疑で留置所に放り込まれた主人公が、良い考えが浮かんでベッドからはね起きるとズボンがずり落ちる(自殺防止のためベルトが没収されている)という窮地に陥った状況の中で笑いを誘う場面があります。こうしたエピソードのように、第二次世界大戦前という切迫した世界情勢の上にほぼ無国籍状態という救いようがない状況でありながら、おっちょこちょいな好青年という位置づけの主人公のキャラが重苦しい雰囲気を和らげストーリーの厚みを増しています。

この作品が執筆された1938年はまだ英国伝統の冒険小説の一部として存在していたスパイ小説が、戦争を経てル・カレやデイトンに代表される一時期隆盛を極めた暗く重苦しいエスピオナージと呼ばれるものにとって代わられ、その後、KGBという好敵手の喪失によってスパイ小説そのものが魅力を失っていった経緯を考えるにつけ、もう一度正統派冒険小説の中のスパイ小説が復活して欲しいと切に思う次第です。アマチュアの復活(復権)とでも言ったらよいのでしょうか…。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ C・J・ボックス ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ヘニング・マンケル ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン S・J・ローザン カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン スチュアート・ウッズ パーネル・ホール ピーター・ラヴゼイ ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ クレオ・コイル ヒラリー・ウォー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフ・アボット イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン G・M・フォード ポール・ドハティー ジャン=クリストフ・グランジェ リン・S・ハイタワー ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ウイリアム・P・マッギヴァーン サイモン・カーニック スタンリイ・エリン クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ ジョアン・ハリス ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ ジョン・クリード レニー・エアース デイヴィッド・マレル コニス・リトル オーサ・ラーソン ファーン・マイケルズ レイ・ハリスン エヴァン・マーシャル ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ビリー・レッツ サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー イーサン・ブラック リック・ボイヤー エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント