FC2ブログ

「クリミナル・コメディ」ジュリアン・シモンズ サンケイ文庫

2006-04-04

Tag :

☆☆☆

ロンドン郊外の小都会ヘッドフィールド。そこに住むクローレイ夫妻、ポーソン夫妻、彼らの知人たちのもとへ匿名の手紙が届いた。その内容は、デレク・クローレイとゲルダ・ポーソンが浮気をしているというものだった。当人たちは歯牙にも掛けなかったが、ゲルダの夫のチャールズが素人芝居の稽古中に拳銃の誤射で危ない目に遭い、パーティの最中デレクの親友ジェイソンが薬物入りのカクテルを飲まされる事件が起きる。そしてクローレイとポーソンが共同経営する旅行代理店の ヴェニス・ツアーでついに死者がでることに…


物語の導入部の肩の力を抜いたような語り口が上手です。見掛けは良き夫、妻、友人ながら、内面は殆どまともな人物が登場しない犯罪小説。いかがわしい過去の行い、奇妙な性癖、スノッブでゴシップ好きなど様々なキャラの登場人物を意地の悪い、残酷な視点でもってストーリーが進んでいきます。人間の愚かな喜劇はよく描写されていますが、ミステリ的にはトリックはあまり感心しません。舞台がイギリスとイタリアに二分されるのも物語の流れを分断しているような感じを受けます。ジェイソンのイタリアにおける回想にしてしまえば良かったのではないでしょうか。また、本来一番衝撃的なドラマになるはず(あるいは一番にストーリーで語られるべき)のラストで明かされる動機が伏線もなく、いかにもとって付けたような印象を与えるのが残念です。びっくりはしましたけどね。それからコリンのサイドストーリーはなくても良かったんじゃないの?尊敬する作家に面会に行ったジェイソンのエピソードだけで充分だと思いますが…。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

てん一さんのコメント

この作家はテクニックに優れているせいなのか、それに任せて勢いで書いてしまった感があるように思います。作者がプロットの途中で息詰まったのか、kazuouさんのおっしゃるようにストーリーが途切れてしまっていますよね。前半、後半が別の話みたいに感じます。

kazuouさんのコメント

シモンズ

面白い作品でしたが、変な意味で面白い作品ですよね。ストーリーの流れが不自然というか、突然変な方向にひねってしまっているのが理解しがたい感じでした。パトリシア・ハイスミスなんかも変なひねりがありますけど、ハイスミスの場合はそれまでの流れで、それなりに整合性が感じられます。
ジュリアン・シモンズの作品は短編もそうですけど、ちょっと構成に難があるようですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート マイクル・クライトン デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョージ・P・ペレケーノス ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント