FC2ブログ

『クリスマス・ファンタジー』風間賢二 編 ちくま文庫

2014-12-10

☆☆☆☆

メリークリスマス!子どもたちの心を躍らせるこのうれしい言葉の響きは遠い昔に生まれ、いつまでもそして宇宙の涯てまでも広がってゆく。クリスマスの物語はディケンズの『クリスマス・キャロル』以来、欧米の作家たちによって変わらず書き継がれてきた。その中からファンタジー、ホラー、SFと、ジャンルを問わずとっておきの12篇で編む文庫オリジナルの楽しいアンソロジー。 内容紹介より



「道」シーベリイ・クイン
幼子キリストの命を救った北欧出身のある傭兵が、キリストの予言通りにサンタ・クロースになるまでを描いた歴史ファンタジー。ヘロデ大王による幼児虐殺やゴルゴタの丘の磔刑の話を上手く絡ませていると思います。

「墓掘り男を盗み去った鬼どもの話」チャールズ・ディケンズ
終始気むずかしく憂うつな墓掘り男が、クリスマス・イヴの夜に墓掘りをしていて鬼たちにさらわれてしまう話。彼は鬼たちが見せる人びとの貧しくとも幸福な人生、豊かな自然にたいする喜びの光景によって生まれ変わるのですが……。『クリスマス・キャロル』と似たようなプロット。

「新クリスマス・キャロル」アーサー・マッケン
こちらはまさしく『クリスマス・キャロル』の後日談風な話。内容がどうこうより、オチがひどい。

「岸の彼方へ」A・ブラックウッド
家族へのクリスマス・プレゼントをかかえて帰宅した、平凡な男が体験する奇妙な話。クリスマス・ゴーストストーリー。

「クリスマス・プレゼント」ゴードン・R・ディクスン
シドーという沼地惑星に入植した家族の男の子が仲良くなったシドー人と迎えたクリスマスの出来事。男の子からもらったプレゼントのお返しにシドー人が贈ったものとは……。ちょっと切ない物語。

「ガニメデのクリスマス」アイザック・アシモフ
衛星ガニメデのガニメデ物産で、地球人と共に働くオストリ人にクリスマスの話をしてしまったことから起きた騒動。オストリ人たちはサンタ・クロースがプレゼントをくれなければ作業をボイコットすると言いだし、会社からノルマを課せられている地球人たちはしかたなしに橇やトナカイを現地調達するはめに。スラップスティック・コメディ。

「クリスマスの出会い」ローズマリー・ティンパリー
はじめてひとりでクリスマスを過ごす中年女性。下宿先で彼女がクリスマスの思い出に浸っていると
見知らぬ青年が部屋に入ってくる。彼は自分の部屋と間違えたと言い、しばらく会話を交わしていたがいつの間にかいなくなってしまう。残された彼女は部屋に備え付けられている一冊の本を手に取りページをめくると……。トリックアートを見たみたいな気持ちになる、時の錯綜あるいは時間旅行を描いた幻想的な作品。

「ジャックと火の国の王女」メアリ・ド・モーガン
火の国の王女と水の国の王子の仲を取り持った男の子の話。王女の求めで、男の子は風の妖精に乗って何でも知っているという北の翁に会いに行くというファンタジー。

「ハッピー・バースデイ、イエスさま」フレデリック・ポール
大手デパートの贈答課課長とそこに配属されたきたボルネオ帰りの伝道師一家の娘。近未来の設定をとり、宗教的儀式など忘れ去られ、クリスマスシーズンという名のプレゼント選びと注文が夏の季節から始まるという状況で、そんな物質主義と商業主義を極めた社会の一員である課長。これに対して、昔ながらの伝統的なクリスマスを過ごそうとする伝道師一家。この二つの間で起きる誤解や食い違いを描いたシニカルなラブ・コメディ。

「クリスマスの恋」フランク・R・ストックトン
由緒ある家柄の屋敷を買った男とクリスマス・イヴの夜に彼の前に現れた美しい女の幽霊。彼女はこの屋敷の若くして死んだ女主人だった。クリスマス・イヴの晩の一時間だけ大広間に現れるのを許されているのだという。男は彼女に一目惚れしてしまう。幽霊綺談。

「幸運の木立ち」H・ラッセル・ウェイクフィールド
広大な敷地内の一角にある、そこから木をとってはならないと言われている“聖なる場所”。クリスマスを前に、その言い伝えを知らずに屋敷の使用人がそこから樅の木を引き抜きクリスマス・ツリーに仕立ててしまう。それ以来ツリーをめぐる事故や奇妙な出来事が起きるようになる、というホラー。

「サーロウ氏のクリスマス・ストーリー」ジョン・ケンドリック・バングズ
雑誌の編集長からクリスマス・ストーリーを依頼された作家が、自分自身の幻影のせいでまったく執筆が進まず、苦しんでいる時に訪ねてきた彼のファンを名乗る男から渡された原稿を自分が書いた物だと偽って編集長に送った後の顛末。一連の出来事の言い訳で物語を仕上げたメタフィクション。




クリスマス・ファンタジー (ちくま文庫)クリスマス・ファンタジー (ちくま文庫)
(1992/12)
風間 賢二

商品詳細を見る

テーマ : 海外ファンタジー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント