FC2ブログ

『クリスマスに捧げるミステリー』ジョルジュ・シムノンほか 光文社文庫

2014-12-17

☆☆☆☆

―“クリスマス”の語源はキリストChristのミサmass.クリスマス・ストーリーの鼻祖C・ディケンズは、キリスト降誕のこの日に、改めて他者への善意、慈善の心の大切さを見つめなおそうと説いた。以降、この聖なる日を題材に数多くの作品が生まれている。心温まる話、ちょっぴり怖い話……趣向は様々だが、共通するのは、ディケンズのクリスマス精神である。―G・シムノンの中編「メグレ警視のクリスマス」はじめ、珠玉の8編を収録! 内容紹介より



「聖夜の警官」トマス・L・アドコック
ニューヨークで浮浪者の姿になり、路上犯罪を取り締まる私服警官の話。彼はクリスマス・イヴにパトロール中、馴染みの引ったくりとスリに目を付けるが相次いで逃げられてしまう。この二人の小悪党と街の浮浪者たちが聖夜に企んだこととは……。恵まれない人びとのクリスマスを描いた作品。

「小列車強盗」パトリシア・モイーズ
おもちゃ売り場で偶然知り合いになり、それぞれクリスマス・プレゼントに蒸気機関車の模型を買った二人の男性。彼ら二人とも同じ日程でスイスへのスキー旅行の予定があり、しかも宿泊先も同じホテルだった。彼らの子どもたちはホテルでそれぞれの機関車で競争して遊び始める。そして、帰国し空港でも遊んでいると、子どもの一人が声を上げて言った「こいつ、ぼくのきしゃ、ぬすんだよ!」。クライマックスでの二回のひねり技が印象的な作品。

「刑事の休日」ジョン・ディクスン・カー
警視が、その婚約者とともに彼女の甥をデパートのサンタクロースに会わせるため、順番の列に並んでいる時に、彼が話して聞かせた犯罪者にまつわる不思議な出来事。それは、ふたりの人間が、まったく同時に、まったく違う場所で、警官の目の前から消えてしまった、という話だった。トリック自体はそれほどでもないけれど、なかなか洒落たプロット。

「ミス・クリンドルとサンタ」マルカム・グレイ
経済的に余裕のない村人数人に、飼っている七面鳥をプレゼントするように主張する妹、それに対してまったく聞く耳を持たない農場主である兄。そんな兄妹げんかが起きた後、村にサンタクロースの目撃情報が伝わり、七面鳥の贈り物が置かれた家庭があった。そして件の農場から四羽の七面鳥が盗まれていることが判明し、村の巡査がしぶしぶ捜査を始め、農場主の妹にも疑いがかかるのだが……。ほのぼの系の話。

「ランポールとクリスマスの精神」ジョン・モーティマー
少年が絡んだ殺人事件の訴訟について、このところ裁判で負けが込み、クリスマスを前に手心を加えてくれと個人的に頼む被告側弁護士とその相手である検察側弁護士との駆け引き。

「聖夜に死す」ジェイムズ・パウエル
「クリスマスの日が明けて最初の一時間のあいだ、人間の目にふれないところで、動物たちは言葉を話し、おもちゃたちには命がかよう」。百貨店のショーウィンドウにディスプレイされた人形やぬいぐるみ。そこで起きた殺人形事件の謎をクマのぬいぐるみとシャーロック・ホームズの人形が解決する愉快な話。

「シヴァーズ嬢の招待状」ピーター・ラムゼイ
クリスマスを前にした若い夫婦。彼らのもとに見知らぬ女性からイヴ前日の夕食会への招待状が届く。不思議に思いながら招待を受けた二人は目的地への列車に乗り込む。夫が席を外して妻ひとりになった時、彼らの客室に一人の若い男が入ってくる。やがてその男は妊娠している妻へのプレゼントを彼女に披露してみせる。さりげない伏線が見事な切ないゴーストストーリー。

「メグレ警視のクリスマス」ジョルジュ・シムノン
脚を骨折して自宅で療養中の七歳の女の子が、クリスマス・イヴの夜に目を覚ますと、部屋にサンタクロースがいて床でなにかをしていた。そして、サンタは女の子が目を覚ましたのに気付くと人形をくれた、と言い出した。その話を聴いて不審に思った女の子の隣人が、近所に住むメグレの元を訪ねて来る。些細な出来事が糸口になって秘められた事件が徐々に明らかになっていくという、この作者お得意のパターン。メグレの自宅が舞台になり、メグレ夫人の様子も詳しく描かれています。彼女の心情がやるせない。




クリスマスに捧げるミステリー (光文社文庫)クリスマスに捧げるミステリー (光文社文庫)
(1993/12)
ジョルジュ シムノンほか

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント