FC2ブログ

『マシン・オブ・デス』ライアン・ノース マシュー・べナルド デーヴィッド・マルキ! 編 アルファポリス文庫

2016-05-28

☆☆☆

“死を予言する機械”が発明された近未来。自らの死因を知った人々が得たものは、幸福か?はたまた絶望か?自分の死因が「ピアノ」とわかった男は、どうせ死にはしないと軍に入隊するが―『ピアノ』。不名誉な死因を公表するべきか苦悩する政治家が辿る意外な結末―『未成年者とのセックスによる疲労』。遭難したジャングルで二人の兵士が互いの「死因」を前に、疑心暗鬼に駆られていく―『飢餓』。米アマゾン第1位の衝撃エンタメアンソロジー待望の文庫化! 内容紹介より



単行本には34編が収録され、582ページあるらしいのですが、この文庫版では20編、429ページです。
本来全く必要としない商品を広告で煽り、人々に売りつけることに罪悪感を感じている、インフォマーシャルの女性ディレクターが、どのような機能を持った機械なのか解らないまま“マシン・オブ・デス”の通販を手がけた顛末を描いた『コカインと鎮痛薬』、この作品だけがまだ機械が世に広まる前を設定にしています。それ以外は自動販売機並みに至るところに設置され、『燃えるマシュマロ』では、十六歳になると機械で死因を知ることができ、『長い年月ののち安らかな寝顔を浮かべたまま、呼吸停止する』、『味方による誤爆』、『プリズン・ナイフ・ファイト』では、子供が赤ん坊の時に両親が死因を調べています。機械で判明するのは死因のみですが、『だれかを救おうとしているあいだに死ぬ』では死亡日も判るという設定になっていて、話はカウントダウン方式で進みます。暴力的で突発的な死因がかっこいいと学生に思われている作品もあれば、長寿で安らかな死という結果が出た男性がモテる話もあります。日本のヤクザが主人公の『不適切に調理されたフグ』、病魔に侵され衰えていく父親、宗教に精神の救いを求める母親、二人をいたたまれない思いで見守るしかない息子の話『癌』、“マシン・オブ・デス”をパーティーの余興に使おうとする元妻に違和感を覚える『動脈瘤』、死因に憑かれ、ライオンのために自らの身体を美味しくしようと励む『ライオンに噛み裂かれてむさぼり食われる』。
その他、『狙撃兵による射殺』『自殺』『銃殺隊』『野菜』『死の機械の針によるHIV感染』『ダニエルによる殺害』『失血』




商品詳細を見る




テーマ : SF
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント