FC2ブログ

『バトラー弁護に立つ』ジョン・ディクスン・カー ハヤカワ・ミステリ

2016-10-23

☆☆☆

白い幽霊のような霧が、リンカンズ・イン・フィールズのあたりにたちこめていた。十一月も下旬の午後四時半,空も町も、もう暗かった。四階にあるプランティス弁護士事務所は、ひどく暗くてがらんとしていた。奥の事務所だけに明かりがついていて、副所長のヒューが、許婚のヘレンに笑われていた。「あなたはどう見たって冒険むきよ。こんな退屈な法律事務所にいるよりはね。たとえば、霧の中から、外国なまりの、皮膚の黒い不思議な人物が現れて“わたしはトルコの王です,ぜひご相談に乗っていただきたくて参上致しました”ていうの……」「ばかな、そんなことが現代にあってたまるもんか!」ヒューがそう言った時だった。廊下に通じるドアが前ぶれもなくあいて,トルコ帽にアストラカンのオーヴァーを着た東洋人が現われ、妙な話を始めた。「わたしはトルコのアーブーというものですが……わたしの災難のすべては、あなたの手袋が原因です。助けてくれないと殺人が起きます……」そして、不吉な予言どおり,アーブーは、ヒューとヘレンに連れていかれた他に誰もいないはずの部屋で、胸を短刀で一突きされて死んでいたのだ!名法廷弁護士パトリック・バトラーが不可能犯罪に挑む〈密室殺人の巨匠〉カー中期の傑作! 内容紹介より



深い霧が立ち込める人通りの無い街路、暗く人気の無い事務所、正体不明の男が語る不思議な話、というゴシックホラー風なおどろおどろしい開幕から、密室殺人に逃亡劇を経て女同士の対決に男女の心の行き違いとロマンス、そして活劇に最後は一同を集めての真犯人当て。こういういろいろな要素がめまぐるしく盛り込まれている、というか詰め込まれている作品なのですけれど、作品に終始一貫して流れているリズムは騒がしいどたばたです。それから古今の名探偵や敏腕弁護士をカリカチュアしたかのようなバトラー弁護士のキャラクターが非常に目立ちました。こういう派手な展開を破綻なく最後まで引っぱる技量はさすがカーだと思います。しかし、殺人犯の見当が早々に付くところと、なんちゃって密室なところがあるので、これが傑作とはちょっと言い過ぎのような気がしました。

ユーザータグ:ジョン・ディクスン・カー




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート ドン・ウィンズロウ デイヴィッド・ハンドラー ジョージ・P・ペレケーノス ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール マイクル・クライトン ポーラ・ゴズリング C・J・ボックス レジナルド・ヒル ヘニング・マンケル エド・マクベイン パーネル・ホール カール・ハイアセン ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック S・J・ローザン ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ローラ・リップマン ジェフリー・ディーヴァー レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント