『死者の館に』サラ・スチュアート・テイラー 創元推理文庫

2017-03-15

Tag :

☆☆☆

一人の若者が殺害された。体をおおうのは下着のみで、ネクタイで両腕をベッドの支柱に縛りつけられ、風変わりなブローチをつけていた。それが服喪用装身具だと気づいたクイン刑事は、ハーバード大で教鞭をとるスウィーニーに助力を求めた。ところが死亡した若者はスウィーニーのゼミの生徒で、ボストンの名門パトナム家の一員であることが判明。モーニングジュエリーの出所に興味を覚えたスウィーニーは、被害者の兄に心惹かれつつ調査をはじめる。名門の一族の秘められた過去とは?死と象徴に彩られた芸術史家スウィーニー・シリーズ第二弾。 内容紹介より



シリーズ第一作目の『狡猾なる死神よ』は未読です。
ハーバード大学芸術・建築史学科助教授の肩書きを持つヒロインには、もっとアカデミック寄りのエキセントリックな造形を期待していたのに、それらしい強烈な個性が見られなかったのは物足りませんでした。英国ビクトリア朝にさかのぼる、死を受け入れ死者を身近に感じるための装具についての歴史や風俗についての講釈は興味深かったのですけれど、それ以上の学術的面白みに繋がらなかったのも残念なところであり、ヒロインの人物としての面白みが希薄な点も目につきました。ヒロインの行動パターンは伝統のナンシー・ドルーを彷彿とさせ、ミステリの骨格は米国人が大好物の名門一家のスキャンダルやゴシップに基づいています。つまりは歴史的装具とか墓石の意匠などの被いを物語から取り去るなら、そこにあるのはあまり代り映えしない基本形なのです。しかもラブロマンスの味付けもしてあるという念の入れようですので、事件の真相が明らかになった時点で、その真相とそれまでに芸術史に関連して語られ、読者を誘導してきた事との差にやや飽きれ気味になってしまったのでした。とりあえずミステリ部分が脆弱で、また、刑事の妻の身に起きた出来事のストーリーに対する必要性が理解できません。




商品詳細を見る





テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー ローラ・チャイルズ ジョアン・フルーク キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ドン・ウィンズロウ ジョー・R・ランズデール ポーラ・ゴズリング C・J・ボックス エド・マクベイン ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン ヘニング・マンケル ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン レジナルド・ヒル スチュアート・ウッズ アリス・キンバリー レックス・スタウト パーネル・ホール ジョルジュ・シムノン S・J・ローザン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー クレオ・コイル レスリー・メイヤー ウィリアム・カッツ ヒラリー・ウォー ジェフリー・ディーヴァー カーター・ディクスン ジェフ・アボット アイザック・アシモフ コリン・ホルト・ソーヤー エド・ゴーマン ジャック・カーリイ ジョン・ディクスン・カー マイケル・ボンド ルイーズ・ペニー マーシャ・マラー ロブ・ライアン ジェームズ・ヤッフェ キャロリン・キーン G・M・フォード リタ・メイ・ブラウン ローラ・リップマン イーヴリン・スミス ウィリアム・L・デアンドリア フレッド・ヴァルガス ポール・ドハティー レニー・エアース ウイリアム・P・マッギヴァーン ケイト・ロス リン・S・ハイタワー ジョアン・ハリス ドナ・アンドリューズ オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド サイモン・カーニック アンドレア・カミッレーリ デイヴィッド・マレル アンソニー・ホロヴィッツ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン コニス・リトル ジョン・クリード レイ・ハリスン ダナ・レオン ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ウィリアム・ランデイ ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ビリー・レッツ ウォルター・サタスウェイト リック・ボイヤー ユージン・イジー サキ イーサン・ブラック アン・クリーヴス トバイアス・ウルフ スタンリー・エリン ポール・ドハティ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント