『最後の娘』ペネロピー・エヴァンズ 創元推理文庫

2018-03-05

Tag :

☆☆☆

新しい店子が入るらしい。どうせ似たような娘だろう。エセルはああいう娘の製造器でも持ってるんじゃなかろうかと思うくらいさ。だがまあ、人間、望みを捨てちゃおしまいだ。同情に満ちた、あの娘の声。さっそく、いろんな果物を贈ったよ。現われた娘はこう言った。「すみません、何とおっしゃいました?」最初の一言は“わびる言葉”だろうと踏んでいたとおりじゃないか。何を謝ろうというのか知らんが、そんなのはとるに足らん問題だ……。72歳のラリーの目を通して世界をながめる、この異様な感触。デリケートな手つきで人間の滑稽、人間の哀しみを剔出する、瞠目のデビュー長編! 内容紹介より



ロンドンに建つある屋敷には、一階部分に大家夫婦、三階の貸部屋には、かつては妻と娘の三人暮らしでしたが、妻は別の男のもとへ、娘は結婚したために、ラリーという老人がひとりで住んでいます。二階に女子大生が新たに越して来たことから、彼女に対するラリーの妄執のスイッチが入ってしまいます。妻や娘への怒りや不信を心に秘めたラリーは、女子大生との友情を築こうとパラノイアに駆られた行動をとります。彼女に親切にするかわりに、それなりの感謝と礼儀を受けたい、それが彼の望みです。
相手の困惑や迷惑など考えもせず、ただ一方的に自らの感情を押しつける彼の思考と奇矯な振る舞いが、一人称で語られ、読んでいて息苦しくなりそうでした。『キリスト教文化の常識』(石黒マリーローズ、講談社現代新書)のなかに、「ひとびとにしてほしいとあなたが望むことを、その通りに人々にしてあげなさい」(p206)というルカ福音書 の言葉と、「人は自分がしてほしくないことを他人に押しつけてはいけない」という日本人の考え方をひいて、欧米と日本での他人に対する接し方の違いを述べている箇所がありますが、見返りを求めないように見えて、実は大きな見返りを求めているラリー、その見返りが得られなかった時にさらにもう一段階へ進む彼の狂気。誰の心にも大なり小なりラリーがいるのでしょうね。




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング デイヴィッド・ハンドラー ローラ・チャイルズ ジョアン・フルーク キャロリン・G・ハート ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ドン・ウィンズロウ ジョー・R・ランズデール ポーラ・ゴズリング C・J・ボックス エド・マクベイン ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン ヘニング・マンケル ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン レジナルド・ヒル スチュアート・ウッズ アリス・キンバリー レックス・スタウト パーネル・ホール ジョルジュ・シムノン S・J・ローザン ジョー・ゴアズ マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ レスリー・メイヤー クレオ・コイル カーター・ディクスン ジェフ・アボット ジャック・カーリイ ヒラリー・ウォー ジェフリー・ディーヴァー アイザック・アシモフ コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン マイケル・ボンド イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ G・M・フォード ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ローラ・リップマン フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ポール・ドハティー ウイリアム・P・マッギヴァーン ケイト・ロス レニー・エアース サイモン・カーニック リン・S・ハイタワー ジョアン・ハリス ドナ・アンドリューズ クリスチアナ・ブランド オーサ・ラーソン アン・クリーヴス アンドレア・カミッレーリ デイヴィッド・マレル アンソニー・ホロヴィッツ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル ジャン=クリストフ・グランジェ コニス・リトル スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ジョン・クリード ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ダナ・レオン ジェーン・ラングトン ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウォルター・サタスウェイト エーリヒ・ケストナー イーサン・ブラック ユージン・イジー サキ スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント