FC2ブログ

『隠密部隊ファントム・フォース』ジェイムズ・H・コッブ 文春文庫

2018-04-18

Tag :

☆☆☆☆

インドネシア各地で武装集団によるテロが多発、多数の島々を擁する同国は内戦の危機に陥った。テロ組織を支援する富豪ハーコナンを密かに排除せねばならない。隠密作戦の指揮をとるのは戦略の天才アマンダ・ギャレット。アマンダ自身が構想した新戦略〈ファントム・フォース〉が始動する。現在最高の軍事冒険シリーズ最新作! 上巻内容紹介より



本書は、紛争地域において、民間の貨物船に擬装した軍艦が敵の不意をついて襲う、という戦時国際法からみてどうなんだろうかと思うような設定がある軍事スリラーです。舞台は多数の島嶼と様々な民族からなるインドネシアで、各民族を煽って中央政府と対立させ、最終的にインドネシアの分裂後に自らの王国を創ろうとする海賊の頭目と彼が起こした争乱に乗じて軍事クーデターを企てる海軍の提督の二人が敵役になります。内戦状態に陥ったインドネシアに介入するのが、主人公が率いるアメリカ海軍の隠密部隊という話です。面白くない訳ではないのですけれど、まず対戦するインドネシア軍、それもその中の反乱軍、しかももっぱら海軍の戦力、装備なりが、超近代的最新装備を誇るアメリカ海軍に比較して、当たり前にあまりにも負けているところ、敵が強ければ強い程話は盛り上がるというのに、相手がやられすぎなところが目立ってしらけてしまいました。それに軍事冒険小説における恋愛話が個人的に受けつけないのでその点も目障りでした。嵐など自然の驚異という要素を持ち込んでいないところはアリステア・マクリーンの作品に比べると冒険譚の弱さを感じてしまいます。

『ステルス艦カニンガム出撃』




商品詳細を見る






テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ドン・ウィンズロウ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ヘニング・マンケル ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン ローレンス・ブロック ジャネット・イヴァノヴィッチ S・J・ローザン カール・ハイアセン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ パーネル・ホール D・M・ディヴァイン ピーター・ラヴゼイ ローラ・リップマン ジェフリー・ディーヴァー ジョルジュ・シムノン アリス・キンバリー レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ クレオ・コイル ヒラリー・ウォー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフ・アボット イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン G・M・フォード ポール・ドハティー ジャン=クリストフ・グランジェ リン・S・ハイタワー ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ウイリアム・P・マッギヴァーン サイモン・カーニック スタンリイ・エリン クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ ジョアン・ハリス ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ ジョン・クリード レニー・エアース デイヴィッド・マレル コニス・リトル オーサ・ラーソン ファーン・マイケルズ レイ・ハリスン エヴァン・マーシャル ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ビリー・レッツ サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー イーサン・ブラック リック・ボイヤー エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント