FC2ブログ

『クッキング・ママの真犯人』ダイアン・デヴィッドソン 集英社文庫

2018-05-15

Tag :

☆☆

ケータリング業が順調にいってほっとひと息のゴルディ。けれど料理の先生アンディが妻の病気で家計に不安をきたし、ケータリング業を始めた。その上、前夫が彼女の幸せを妬み、知人にケータリングをやらせたからたまらない。狭い地域に三人のケータラー。頭をかかえるゴルディに、アンドレが火傷による心臓麻痺で死んだニュースが飛びこんだ。おかしい。彼は日頃から心臓が強かったのだ……。 内容紹介より



クッキング・ママ・シリーズの第八弾。
建設業者の男が、主人公の友人である地元の歴史協会会長の自宅にある改築現場で他殺体で見つかります。彼は主人公を含めあちこちの住宅の改装を請け負ったものの、いい加減な施工で迷惑や損害をかけていたのだが、死体が発見された場所でもトラブルを起こしていた。彼女の友人はそのトラブルが動機だとして逮捕される。被害者が夜間警備のアルバイトをしていた歴史博物館では、展示されていた昔の料理本が盗まれていたことも明らかになります。友人が殺人犯だとは思えない主人公は、ファッション写真の撮影現場となっている、西部時代の銀行強盗が所有していたいわく付きの山荘でケータリングを始めたかつての料理の師匠を手伝っています。工事が中断した自宅の台所がひどい状態のうえに、新手のケータラーに顧客を次々にとられていったり、何者かに彼女の料理に細工をされたり、殺人事件捜査で、彼女の夫は日頃から不仲の検事補から停職処分を受けてしまうはめに。様々なトラブルが降り掛かるなか、料理の師匠が不審死を遂げます。なんといっても多くの登場人物や登場しないけれど人名だけ出てくる人物とか、それが一番ごちゃごちゃして煩わしさを感じました。多くの容疑者をとり揃えようという作者の意図なのかどうかわかりませんが、主人公は出来事に流されるままで容疑者をあげたり、それらの人物を検証することすらしないのです。事件の動機となる張られた伏線の先にある作者の目論みには読者はかなり始めから気が付いている訳で、主人公がそれに気づくのが遅すぎてもどかしかったりしました。ミステリとしては究極の成り行き任せなのに、それでも読ませてしまうコージー・ミステリのシリーズ物は恐ろしいものです。

ダイアン・デヴィッドソン




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ローラ・チャイルズ ジョアン・フルーク マイクル・クライトン ドン・ウィンズロウ ジョージ・P・ペレケーノス ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル ローレンス・ブロック ジェイムズ・パタースン ジャネット・イヴァノヴィッチ カール・ハイアセン ピーター・ラヴゼイ スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン アリス・キンバリー パーネル・ホール レックス・スタウト ジョー・ゴアズ レスリー・メイヤー マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル ジャック・カーリイ アイザック・アシモフ ジェフ・アボット ヒラリー・ウォー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド カーター・ディクスン ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン マーシャ・マラー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー エド・ゴーマン ロブ・ライアン ジェームズ・ヤッフェ G・M・フォード リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ポール・ドハティー ウィリアム・L・デアンドリア イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ケイト・ロス リン・S・ハイタワー ウイリアム・P・マッギヴァーン ジョアン・ハリス オーサ・ラーソン サイモン・カーニック レニー・エアース クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス ドナ・アンドリューズ アンドレア・カミッレーリ デイヴィッド・マレル アンソニー・ホロヴィッツ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル ジャン=クリストフ・グランジェ コニス・リトル スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ジョン・クリード ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ダナ・レオン ジェーン・ラングトン ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウォルター・サタスウェイト エーリヒ・ケストナー イーサン・ブラック ユージン・イジー サキ スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント