FC2ブログ

『死者の書』ジョナサン・キャロル 創元推理文庫

2018-09-14

Tag :

☆☆☆☆

気持ちのいい朝だった。少年が、アイスクリーム片手に歩いている。小型トラックがやって来て、少年をはね上げた。ぼくの目の前でだ。あわてて駆け寄ると運転手がこう言った。「こんなはずねえんだ。わかっちゃいたが」ぼくの後ろで女の声がした。「あんたじゃないはずなのに!」……ここゲイレンは、天才作家フランスが半生を過ごし、愛し、そして死んだ町。ぼくは彼の伝記を書くために逗留している。町の誰もが彼のことをよく知っていた。町の誰もが、互いのことをよく知っていた。ごくありふれた田舎の町。でも何かがおかしかった…… 内容紹介より



ジョナサン・キャロルは初読です。本書は作者の処女作であるファンタジィ・ホラーです。発表されたのが80年で、おそらく時代設定も同様なのだと思いますが、全体の雰囲気は戦前のようなのんびりのどかな感じがしました。三十歳台の主人公は私立学校の英語教師をしており、休暇を利用して彼が愛するある作家の伝記を書くために、主人公と同じくその作家のファンである女友だちとともに、作家が亡くなるまで住み、彼の娘が今でも暮らしている町を訪れます。そこはどこにでもあるような田舎町でした。主人公たちはある家に下宿して執筆のための下調べと取材に取りかかりますが、ある朝、男の子がトラックにはねられた事故を目撃した時から、主人公は町に漂う奇妙な気配に気が付き始めます。ファンタジーとホラーが混ざると独特の不気味さを醸し出すことがありますけれど、この作品も奇妙なものをおびていて、牧歌的な風景がバグってしまったような、ある部分がズレているような落ち着かない気分を覚えます。それを作り出すものが徐々に明らかになっていき、主人公自身が町を形作る歯車の一つになってしまい、彼が執筆する伝記が受け入れられた時に彼の身に悲惨な出来事が降り掛かって来ます。派手な事件が次々に起きるわけではありませんが、じわじわ来る奇なるものを感じられる作品だと思います。




商品詳細を見る




テーマ : ホラー小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ C・J・ボックス ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ヘニング・マンケル ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジル・チャーチル ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン S・J・ローザン カール・ハイアセン ジャネット・イヴァノヴィッチ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン スチュアート・ウッズ パーネル・ホール ピーター・ラヴゼイ ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン アリス・キンバリー ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー レスリー・メイヤー ジャック・カーリイ クレオ・コイル ヒラリー・ウォー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ジョン・ディクスン・カー マーシャ・マラー エド・ゴーマン コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド ジェフ・アボット イーヴリン・スミス ジェームズ・ヤッフェ フレッド・ヴァルガス ウィリアム・L・デアンドリア ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン G・M・フォード ポール・ドハティー ジャン=クリストフ・グランジェ リン・S・ハイタワー ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ウイリアム・P・マッギヴァーン サイモン・カーニック スタンリイ・エリン クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ ジョアン・ハリス ケイト・ロス アンドレア・カミッレーリ ジョン・クリード レニー・エアース デイヴィッド・マレル コニス・リトル オーサ・ラーソン ファーン・マイケルズ レイ・ハリスン エヴァン・マーシャル ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ビリー・レッツ サキ ジェーン・ラングトン ユージン・イジー イーサン・ブラック リック・ボイヤー エーリヒ・ケストナー ウォルター・サタスウェイト トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント