FC2ブログ

『首なし騎士と五月祭』ケイト・キングズバリー 創元推理文庫

2018-09-29

Tag :

☆☆☆

ここは紳士淑女御用達の静かな隠れ家、ペニーフット・ホテル。そんなホテルの常連客フォーテスキュー大佐が、村のパブからの帰り道に首なし騎士遭遇。さらに必死で逃げる途中で、五月の柱(メイポール)に縛られた女性の死体を見たというのだ。酔っぱらいの大佐の言うこととて、本気にする者はなかったが、翌日、ホテルの宿泊客のひとりから、妻が行方不明との訴えが。近くの森にいたジプシーたちに疑いの目が向けられたが、ホテルの女主人セシリーは、どうしても納得がいかず、石頭の支配人の心配をよそに、またしても調査を始める。好評シリーズ第四弾。 内容紹介より



〈ペニーフット・ホテル4〉。
今回は、ホテルの常連客である退役したお年寄りの大佐ふたりが陰と陽に別れて話題を呼びます。ひとりは何日も自室に閉じこもりっぱなしで食事時にも姿を見せず、心配したメイドがドア越しに声をかけると「失せやがれ」と言い放つばかり、もうひとりの大佐は村のパブで寝酒をたしなんだ後、帰り道を間違えた先で馬を駆る首なし騎士に出会ったうえに、五月祭のダンスに使われる柱に縛りつけられた女性の死体に出くわします。さらに森に居着いたジプシーの集団やホテルの従業員を捜しにロンドンからやって来た娘の存在も。
五月祭を目当てにした大勢の宿泊客が見込まれるというのに、殺人事件によって五月祭自体が中止になってしまうことを心配した主人公がまたしても事件の調査に乗り出します。あまり「首なし騎士」というアイテムを生かしきれていなくてミステリに関してはいつになく見所がなかったような気がしますが、このシリーズの魅力はなんといっても、女主人に彼女の女友だち、支配人、メイドやシェフなどの従業員、常連客、彼らが醸し出すキャラクターとその間で持ちあがる出来事にあると思います。今回も意外な方向から波紋が広がってきます。時代設定も雰囲気も好きなシリーズなのに、五作目以降、邦訳が止まっているのは残念です。

『ペニーフット・ホテル受難の日』
『バジャーズ・エンドの奇妙な死体』
『マクダフ医師のまちがった葬式』
『支配人バクスターの憂鬱』



商品詳細を見る



テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ローラ・チャイルズ ジョアン・フルーク マイクル・クライトン ドン・ウィンズロウ ジョージ・P・ペレケーノス ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル ローレンス・ブロック ジェイムズ・パタースン ジャネット・イヴァノヴィッチ カール・ハイアセン ピーター・ラヴゼイ スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン アリス・キンバリー パーネル・ホール レックス・スタウト ジョー・ゴアズ レスリー・メイヤー マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル ジャック・カーリイ アイザック・アシモフ ジェフ・アボット ヒラリー・ウォー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド カーター・ディクスン ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン マーシャ・マラー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー エド・ゴーマン ロブ・ライアン ジェームズ・ヤッフェ G・M・フォード リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ポール・ドハティー ウィリアム・L・デアンドリア イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ケイト・ロス リン・S・ハイタワー ウイリアム・P・マッギヴァーン ジョアン・ハリス オーサ・ラーソン サイモン・カーニック レニー・エアース クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス ドナ・アンドリューズ アンドレア・カミッレーリ デイヴィッド・マレル アンソニー・ホロヴィッツ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル ジャン=クリストフ・グランジェ コニス・リトル スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ジョン・クリード ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ダナ・レオン ジェーン・ラングトン ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウォルター・サタスウェイト エーリヒ・ケストナー イーサン・ブラック ユージン・イジー サキ スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント