FC2ブログ

『フェルマーの鸚鵡(オウム)はしゃべらない』ドゥニ・ゲジ 角川書店

2018-10-14

Tag :

☆☆☆

「わたしゃ、弁護士がいなきゃしゃべらないよ!」と叫ぶ不思議なオウムを、蚤の市で偶然手に入れた少年マックスと車椅子の老人リュシュ氏。その日から周囲で次々と奇妙な事件が発生する。オウムを奪おうとするマフィアの暗躍,謎の死をとげたリュシュ氏の友人、そして死者から託された数学に関する貴重な書物—。複雑に絡みあった謎のカギを握るのはこのオウムなのだろうか?断片的なメモを手がかりに、数学の歴史をたどりながら真実に近づいていく二人。パリ、東京、シチリアと展開する大事件。そして、ついに核心に触れたその時にもたらされた衝撃のニュースと、思いもよらないどんでん返し!全世界を揺るがせた「フェルマーの最終定理」をめぐるロマンとスリルとサスペンス。数学の興味深いエピソードをふんだんに盛り込んだ、エンターテインメント・ミステリの真骨頂!数学を好きにならずにはいられない、極上の逸品。 内容紹介より



パリの書店主、その店の住み込みの従業員一家(母親、双子の兄妹、弟)が主な登場人物です。耳の不自由な弟が蚤の市で虐待されていたオウムを助けて家に連れ帰った出来事、そして店主の大学時代の旧友からの手紙と彼の数学に関する大量の蔵書が届いたことから物語が始まります。アマゾン流域に暮らす旧友の手紙には数学史上の未解決命題を解き、その証明を狙う何者かに脅かされたため、“誠実な仲間”に証明を伝えたと記してあるも、彼はその後火事によって焼死したことを判明します。書店主は従業員家族と蔵書を使って数学の歴史をたどるとともに、友人がなしたとする証明と彼の死の謎に迫ることになります。
読んでいる途中、哲学史の入門書である『ソフィーの世界』のことが思い浮かびましたが、本書も立ち位置的には同じで数学史の入門書なのでしょう。しかし、こちらは定理や数式が頻繁に出て来るので個人的にその部分が非常に判りにくい、というか理解できませんでした。数学上の発見や数学者たちのエピソードなどはもう少し掘り下げても良かったような気がしました。一方、ミステリの部分はかなり物足りない感じで捻りもありません。娯楽作品としては、人物造型もやや単調で子供たちの活躍が描かれていても良かったように思いました。




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ローラ・チャイルズ ジョアン・フルーク マイクル・クライトン ドン・ウィンズロウ ジョージ・P・ペレケーノス ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング レジナルド・ヒル エド・マクベイン ジェームズ・パターソン リチャード・マシスン ジル・チャーチル ヘニング・マンケル ローレンス・ブロック ジェイムズ・パタースン ジャネット・イヴァノヴィッチ カール・ハイアセン ピーター・ラヴゼイ スチュアート・ウッズ リリアン・J・ブラウン D・M・ディヴァイン S・J・ローザン ジョルジュ・シムノン アリス・キンバリー パーネル・ホール レックス・スタウト ジョー・ゴアズ レスリー・メイヤー マーガレット・ミラー ウィリアム・カッツ クレオ・コイル ジャック・カーリイ アイザック・アシモフ ジェフ・アボット ヒラリー・ウォー ルイーズ・ペニー マイケル・ボンド カーター・ディクスン ジェフリー・ディーヴァー ローラ・リップマン マーシャ・マラー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー エド・ゴーマン ロブ・ライアン ジェームズ・ヤッフェ G・M・フォード リタ・メイ・ブラウン キャロリン・キーン ポール・ドハティー ウィリアム・L・デアンドリア イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ケイト・ロス リン・S・ハイタワー ウイリアム・P・マッギヴァーン ジョアン・ハリス オーサ・ラーソン サイモン・カーニック レニー・エアース クリスチアナ・ブランド アン・クリーヴス ドナ・アンドリューズ アンドレア・カミッレーリ デイヴィッド・マレル アンソニー・ホロヴィッツ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル ジャン=クリストフ・グランジェ コニス・リトル スタンリイ・エリン レイ・ハリスン ジョン・クリード ウィリアム・ランデイ ジャック・フィニイ ウォルター・モズリイ ダナ・レオン ジェーン・ラングトン ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウォルター・サタスウェイト エーリヒ・ケストナー イーサン・ブラック ユージン・イジー サキ スタンリー・エリン ポール・ドハティ トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント