FC2ブログ

「ハプスブルク家の女たち」江村洋 講談社現代新書

2006-10-11

Tag :

☆☆☆☆

女帝の娘たちの歩んだ人生の明暗。貴賤結婚の苦難に耐えた大公妃たち。
政治情勢にまで影響を与えた、皇帝をめぐる嫁姑の確執……。
ハプスブルク帝国の歴史を彩る皇妃・皇女の群像。
                   内容紹介より



ハプスブルク家にも、ボルジア家のような毒婦がいて、奸計を巡らしたり血なまぐさい歴史があるのかと考えていましたが、かなりまともなのですね。

ハプスブルク家に生まれたお姫様たちは、領土拡張や同盟関係を強めるために他国の王家へ嫁ぎ(実際に一度も会ったことがない相手のこともある)、万一、世継ぎが生まれないまま結婚相手の王子様が亡くなった場合には実家へ帰り、また別の王家へ嫁がされることもあったとか。反対に、他家からハプスブルク家に嫁いできたお姫様たちも、王子を生むために女王蟻や女王蜂のような出産マシーンとしての役割を第一に求められたわけで、母子共に死亡率の高い時代だから大変だったでしょうね。

なかには、好きな人と引き離されて別の男性と結婚させられたせいで逆切れしてしまい、国政を好き勝手、したい放題にやりすぎて、あの女帝マリア・テレジアに勘当されたお姫様もいたそうで笑えます。

他に、第一次世界大戦の発端ともなったサラエボでのオーストリア皇太子夫妻暗殺事件の遠因が、貴賤結婚にあったことなど勉強になりました。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

さんのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

てん一さんのコメント

kazuouさん、情報をありがとうございます。こういう本を読むと世界史の隠れた一端が理解できてとても興味深いです。同じ著者の『ハプスブルク家』も読みたいと思います。

kazuouさんのコメント

マリー・アントワネットとかマリア・テレジアとか有名な王妃とかの本はよくありますが、「ハプスブルク」全体のもの、というのは珍しいですよね。歴史的な背景の説明も要領よくされていて、すらすら読めるところも高評価です。
江村洋は、ハプスブルク関連の本を何冊も出してますが、どれも読みやすくて、面白く読めますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント