FC2ブログ

『獣たちの庭園』ジェフリー・ディーヴァー 文春文庫

2019-01-11

☆☆☆☆

1936年、オリンピック開催に沸くベルリン。アメリカ選手団に混じって、ナチス高官暗殺の使命を帯びた一人の殺し屋がニューヨークから潜入するが、現地工作員と落ち合う際に誤って人を殺し、警察に追われる身となる。暗殺を果たし、無事に国外逃亡できるか……。「どんでん返し職人」ディーヴァーが初めて挑んだ歴史サスペンス。 内容紹介より



物語は、主に1936年7月24日から27日にかけての出来事が約650ページに渡って描かれています。ニューヨークにおいて暗黒街の殺しを請け負っていた殺し屋が、新しい人生と大金を条件にナチスの重要人物の暗殺を引き受けてベルリンへと渡ります。すでにドイツは戦争の準備を急いでおり、国内は親衛隊や突撃隊が幅を利かし、秘密警察による国民への監視や密告が厳しい状況にあります。主人公はベルリン・オリンピックに参加する選手団や記者たちに紛れ込んで入国します。ここで非常に気になるのは、主人公は殺しのプロではあっても、秘密工作員としてはまったくの素人であることです。案の定、彼は正義感から見知らぬ人間を助けてしまい窮地に陥ってしまいます。本書の主人公に見られるこういう行動パターンは、ハリウッド映画系のヒーロー像であることで、良くも悪くも単純で青臭いアメリカ的正義感が根底にあるように感じます。恐らくアマチュアを主人公にした英国伝統的冒険小説ならば、主人公は当意即妙の言動、いわゆる頭を使うことによって相手も自身も危機を脱する方法をとるでしょう。作者が主人公をプロでもアマでもないセミプロに設定した理由は判りやすいアメリカ人気質にあるのではないでしょうか。冒険小説になると、従来のディーヴァーの巧さが発揮できていない気がしましたし、ナチス体制下の息苦しく重苦しい雰囲気は感じますが、オリンピックにまつわるエピソードに乏しく、ジェシー・オーエンス選手が添え物程度に登場するだけなのはちょっと残念でした。

ユーザータグ:ジェフリー・ディーヴァー




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート ドン・ウィンズロウ デイヴィッド・ハンドラー ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント