FC2ブログ

『絵に描いた悪魔』ルース・レンデル 角川文庫

2019-03-19

☆☆☆☆

その夏、かつての荘園に造成された美しい住宅地、リンチェスターでは、雀蜂の異常発生をみていた。蜂のたかったサンドイッチを食べて窒息死した男もいた。ハロウズ荘にも雀蜂の大きな巣ができていた。一夜、隣人たちを招いての若い女主人タムシンの誕生パーティーも、蜂の群れには大いに悩まされた。だが何よりも人々の度肝を抜いたのは、彼女の寝室に置かれた不気味なサロメの絵だった。それを見たときの彼女の夫、パトリックの怯えようも異常だった。パトリックはそのあと、巣を取ろうとして蜂に刺され、梯子から落ちた。そして翌朝、彼はベッドで冷たくなっていた。やがてタムシンをめぐって様様の噂が近隣に拡まりはじめたが……。 内容紹介より



ロンドン郊外にある美しい高級住宅地に住む住人たちの縦横斜めに絡んでいる人間関係と、そこで起きた死亡事故をめぐる一連の出来事とその真相を描いた、作者ノンシリーズ第一作目の作品。一作目ですでにレンデル作品のスタイルがほぼ確立しているように感じさせるのはさすがです。クリスティのミス・マープルものにレンデルの毒味や苦みを足した田園ミステリの印象を受けました。高級住宅地ではありながらも、各住人たちの家族構成や社会的地位、経済的な事情はそれぞれ異なり、抱える問題も様々に設定してあります。彼らの人間模様や関係性を描き出し、そこに雀蜂の群れという異様なものを加えてサスペンス性を高めていくところはいかにもレンデルらしく、一方、本格推理小説の味付けもしてあり、住人のひとりである医師が探偵役を担っています。夫が嫌う不気味な絵画を家に持ちこむなど怪しい行動をとる妻をはじめとして、近隣住民にも多かれ少なかれ犠牲者を嫌っていたなかで、特に二人の人物は不審な行動を目撃されています。犠牲者の死は検屍通りに心臓麻痺なのか、あるいは殺人なのか。結末に余韻が残る一種の悪女物語だと思います。

ユーザータグ:ルース・レンデル




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント