FC2ブログ

『燃える天使』ジェイムズ・リー・バーク 角川文庫

2019-04-07

Tag :

☆☆☆

刑事ロビショーは、街に舞い戻った一匹狼の犯罪者ソニー・マーサラスから、謎の手帳を託される。ソニーは、ニュー・オーリンズを支配するマフィア、ジアカーノ一家の逆鱗に触れ、中米に潜伏している筈だった。手帳のコピーを持つソニーの恋人が何者かに惨殺されたのは、直後のことだった。ソニーはなぜ危険な街に戻ったのか。手帳に記された秘密とは何か。不穏な動きを続けるマフィアの狙いは。答えを求めて動き始めたロビショーを、不気味な男たちが執拗につきまとう……。ミステリというジャンルを超越し、未踏の境地を独り行く巨匠バークの最高傑作。 内容紹介より



本書は、デイヴ・ロビショー シリーズの第8作品目に当ります。このシリーズ作品って、警察ミステリ、ハードボイルド、バイオレンス、クライムノベルという要素であらかた出来上がっていると思うのですけれど、こういう具材とその配合と調理法はもうそろそろよいかなあ、というのがシリーズ作品を三冊読んでみての感想です。まずバイオレンスの部分、主人公と友人が犯罪者にキレて殴る蹴るの暴行を加える場面があるのですが、その犯罪者がマフィアとかポン引きだったりして、それ相応の残忍で卑劣なことをやっているのだとしても、彼らの犯したその犯罪場面が描かれていないために読者には主人公たちの怒りの素が共有できていないので、一方的な暴力に若干引き気味になってしまうのです。それから登場人物たちが共通して持つベトナムや中南米での戦争や傭兵体験による深刻なトラウマからくる悪夢だったりイメージの奔流に苛まれる設定(本書は米国で1995年刊行、日本では2002年)が、ちょっと現代と時代のずれを感じてしまうし、食傷気味になってしまうところも感じます。親しかった死者との会話から今回は幽霊が出てくる展開になってちょっとだけホラー要素も入っています。それはそれで面白いのですが、それ以外は主人公たちの行動パターンが同じに思えて、シリーズを通して同じ具材をグツグツ煮込みすぎ、とても濃厚になったために好き嫌いがわかれてしまうような印象が残りました。

『ブラック・チェリー・ブルース』
『過去が我らを呪う』
ビリー・ボブ・ホランド シリーズ
『シマロン・ローズ』
『ハートウッド』




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF アンソロジー クリスマス・ストーリー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート デイヴィッド・ハンドラー ドン・ウィンズロウ ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ マイクル・クライトン ジョー・R・ランズデール ジョージ・P・ペレケーノス C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ローレンス・ブロック カール・ハイアセン パーネル・ホール ジェイムズ・パタースン S・J・ローザン ジェームズ・パターソン エド・マクベイン リチャード・マシスン ジル・チャーチル D・M・ディヴァイン リリアン・J・ブラウン ジェフリー・ディーヴァー レスリー・メイヤー ピーター・ラヴゼイ ジャネット・イヴァノヴィッチ スチュアート・ウッズ ローラ・リップマン ジョルジュ・シムノン レックス・スタウト ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス フレッド・ヴァルガス ロブ・ライアン リタ・メイ・ブラウン ポール・ドハティー キャロリン・キーン ウィリアム・L・デアンドリア ダナ・レオン リン・S・ハイタワー アン・クリーヴス アンソニー・ホロヴィッツ デイヴィッド・マレル ドナ・アンドリューズ サイモン・カーニック ジョアン・ハリス ジャン=クリストフ・グランジェ スタンリイ・エリン ジョン・クリード アンドレア・カミッレーリ レニー・エアース ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン レイ・ハリスン コニス・リトル クリスチアナ・ブランド エヴァン・マーシャル ファーン・マイケルズ オーサ・ラーソン ジャック・フィニイ ウィリアム・ランデイ エーリヒ・ケストナー リック・ボイヤー ビリー・レッツ サキ ユージン・イジー イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン ウォルター・サタスウェイト ウォルター・モズリイ トバイアス・ウルフ ポール・ドハティ スタンリー・エリン 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント