FC2ブログ

『夢の棘(いばら)』ピーター・ロビンスン 創元推理文庫

2019-12-15

Tag :

☆☆☆☆

スウェインズヘッド丘陵の懐深く、平和を満喫していた縣谷(けんこく)。そのただなかで、ある日、腐敗し相好の区別もつかなくなった死体が発見された。他殺であることはまちがいなかったが、被害者の身元は杳としてつかめない。さらに、遡ること五年前、同地で時を同じくして発生し、ともに迷宮入りとなった殺人および失踪事件の存在がクローズアップされるに至って、事件は容易ならざる様相を呈しはじめる……!猶予(いざよい)の谷を舞台に繰り広げられるさまざまな物語は、人々の夢と慟哭を乗せ、バンクス警部をいかなる結末へと導くのか?悲劇が彩る第四弾。 内容紹介より



本書はアラン・バンクス首席警部シリーズの第四作品目です。
五月ののどかなある日、山歩きをしていたハイカーが発見した死体は、刺殺された上に、顔面を潰された状態で、死後数日がたっていると考えられました。その地では、五年前に私立探偵が被害者となった殺人事件と時を同じくした地元の女性の失踪事件が起きていました。今回の事件が過去の事件と関係があるのか、首席警部が捜査を進めると、地元の有力者兄弟、農場経営者、ゲストハウスの主とその妻が容疑者として浮かび上がってきます。物語は、首席警部とゲストハウスの妻の視点で描かれていくのですけれど、後者は幼くして、宗教に厳格な祖母に抑圧的に育てられたために非常に内向的で快楽を罪と信じ込んでいる女性で、暴力的な夫からの虐げられた生活から逃れられない状況に陥っています。そういう人物像を鮮明に描き出しているとことには作者の筆力を感じますが、彼女のもんもんと苦悩する姿が話の流れを若干よどませているような気もしました。主人公がカナダのトロントに出張して、捜査を行うかたわら当地の文化や風俗に触れる場面があり、またカナダ人の目から見たイギリス人の印象も添えられていて面白くもあり、カナダ在住のイギリス人である作者の一面が現れているように思いました。

『罪深き眺め』
『必然の結末』




商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート ドン・ウィンズロウ デイヴィッド・ハンドラー ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント