FC2ブログ

『哀しきギャロウグラス』バーバラ・ヴァイン(ルース・レンデル) 角川文庫

2020-05-31

☆☆☆

鬱の病を持つ青年ジョー。病院から追い出された上に、里親からも見棄てられ、絶望した彼は遂に自殺をはかる。その命を救ったのは、謎のインテリ青年シャンドー。この時からジョーは、彼の服従者(ギャロウグラス)になることを決意する。今まで愛された経験のないジョーが、初めて出会った「運命の人」であった…。実は、大富豪夫人ニーナの誘拐を、シャンドーは企てていた。その彼に、ジョーは邪険にされ、冷たく利用されても、盲目的に愛を捧げ続ける。しかし事件は意外な展開へ……!無気味とユーモア、欲望と狂気、悲劇と喜劇が交錯する、異色の力作。 内容紹介より



本書は1990年に発表されたバーバラ・ヴァイン名義の四作目の作品にあたります。
愛情のない里親の家庭で育ったジョーは、精神病院を退院させられ、親からも独り立ちするように告げられます。途方に暮れた彼が地下鉄の電車に飛び込みそうになるところをシャンドーと名乗る青年に救われます。定職を持たない彼らは安宿を転々としますが、やがてシャンドーが身代金目的の誘拐事件を企てていることを打ち明けるのです。目当ては元モデルのニーナなのですが、彼女は前夫とともにイタリアで暮らしていた時に誘拐された過去があります。現在の夫は警備会社を営む大富豪で、要塞のように警備を固めた屋敷で暮らしています。物語は大部分がジョーの視点で語られますが、富豪の住み込み運転手ポールの視点も混ざります。ある人物に対して狂気をはらんだ執着心を抱くシャンドーの造形や彼の対して同性愛のような危うさを帯びた(彼本人はそれを否定しながらも)想いを寄せるジョーの心情が物語の奇妙さを際立たせているように見えます。さらにジョーと同じく里子の姉ティリー、この二人には社会病質を思わせるような薄気味悪さを感じさせるところも作者の筆致の冴えを思わせます。終盤の展開はレンデルらしいかなりトリッキーな様相を見せて本領を発揮していますが、ぷつんとぶった切ったみたいな事件の決着の付け方がなんだか不自然な感じもしました。ポールのその後も含めて。

ユーザータグ:ルース・レンデル





商品詳細を見る




テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート ドン・ウィンズロウ デイヴィッド・ハンドラー ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント