FC2ブログ

「猫の心を持つ男」マイクル・アレン・ディモック ハヤカワ文庫

2008-04-30

Tag :

☆☆☆

精神科医ケイレブの患者が謎の死を遂げた。警察は自殺と発表するが、そんなはずはないと直感した彼は、独自に調査をはじめる。一方、捜査にあたったシネス刑事はじつはケイレブに殺人の容疑をかけていた。人間を犬型と猫型に分類し、超然と生きる精神科医と、たたき上げの実直な刑事、ふたりはいつしか立場を超えて理解しあうが、時すでに遅く、第二の殺人が……マリス・ドメスティック・コンテスト最優秀作に輝く話題作。内容紹介より



主人公のひとりである精神科医が、人間を猫型と犬型に分類するという疑似科学的な考えを持っていることにきわめて不自然な感じが…。はたしてこのストーリーにそのような設定が必要だったのでしょうか。かえって邪魔な気がするんですけど。だいたい冒頭の夢おちからして作者の意図が理解できません。プロットはしっかりしているのに、変なものを付け加えて作品の価値を落としているような気がします。

ところでそんなことより、わたしがこの作家と作品において一番注目したいのは“駐車(場)”問題です。車をどこどこに駐車したという記述がなんと少なくとも8ページ以上あります。以下、抜粋。
「警官用駐車場の遠い北西の隅に車をとめるしかなかった」(p47)、「通りには駐車スペースがあり、ジャガーをそこにとめても」(p55)、「医者用駐車場に入り、ジャガーを見張れる場所に駐車した」(p97)、「マリーナ・タワーに挟まれた狭い場所に覆面パトカーをとめた」(p112)、「第六管区警察の駐車場に車をとめた」(p153)、「ケイレブがジャガーをアパートメントのひと気のない駐車場に入れたときは」(p172)、
「シネスはガラス・ドアの前の駐車禁止ゾーンに車をとめた」(p230)、「シネスはブロードウェイの消火栓の横に駐車し」(p235)など。
この強迫観念とでもいえるような作者の“駐車”へのこだわりと執着、これはまさしく作者の執筆当時の職業である市営バスの運転手からきているのではないのか、と推測してみたわけです。


猫の心を持つ男 (ハヤカワ・ミステリ文庫)猫の心を持つ男 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1995/02)
マイクル・アレン ディモック

商品詳細を見る

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート ドン・ウィンズロウ デイヴィッド・ハンドラー ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント