FC2ブログ

「沈黙の森」C・J・ボックス 講談社文庫

2008-07-19

Tag : C・J・ボックス

☆☆☆

ワイオミング州猟区管理官ジョー・ピケット。気持ちは優しいが、州知事を偶然検挙してしまうような不器用な男。ある日裏庭で娘と見つけた死体は、かつて彼の銃を奪おうとした密猟者だった。次いでキャンプ場にも二人の死体が……。「新ヒーロー誕生」と全米で絶賛され、主要新人賞を独占した、大型新人登場!  内容紹介より



「猟区管理官、パイプライン、希少動物」の三題噺を書けと言われたら思いつきそうなストレートで分かり易いストーリーと「ワイオミング、家族愛、狩猟、大自然」の言葉が,
西部開拓時代の血が流れるアメリカ人の琴線に触れ「全米で絶賛され」たのでしょうか。日本人のわたしには少し小さくまとまり過ぎたかなと感じますけどね。悪役と対峙するラストシーンは大自然のなかでの決闘場面にすれば盛り上がったのにと思います。

主人公の造形、不器用ながら素朴で純粋、しかし普通の男、その普通ぶりが好印象を与えています。概してアメリカの作家は、自然のなかで生きる男たちをタフで技術的には何でもできるヒーローに描きたがる傾向がありますが、この主人公は動かない標的を撃つのが不得手であったり、銃を簡単に取り上げられてしまって笑い者になったりします。また、自分の職業のせいで妻に負担をかけていることを気にしたり、義理の母親が苦手だったりするなど、決して強い夫ではありません。

さて、特に目に見えて秀でたものがあるわけでもないこんな男と、家柄も良く、美人で頭脳も優秀な女性がなぜ結婚したのだろうか?
主人公ジョーが苦境に陥ったときに妻はこう言う、
「ジョー、あなたはいい人よ。そういう人種の、貴重な生き残りよ。それを忘れないで。あなたみたいな人は、もうあまりいないわ。善良な心の持ち主だし、あなたのモラルは模範となるべきよ。自分がしなければならないことをして。きっとうまくいって、あとで笑って話せるようになるわよ」(p253)

なにか古い気がしないでもないが、西部劇の登場人物のような主人公の雰囲気をよく表している言葉ではあります。



沈黙の森 (講談社文庫)沈黙の森 (講談社文庫)
(2004/08)
C.J. ボックス

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんちゃん1号

  • Author:てんちゃん1号
  • 海外ミステリなどの感想を誤字脱字、表現・文法間違いを交え、思い込みと偏見を持って書いています。そんな素晴らしいブログなのでリンクとか何でもフリーです。異次元、霊界、他惑星からもお気軽にどうぞ。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

ユーザータグ

短編集 ホラー SF クリスマス・ストーリー アンソロジー ルース・レンデル アーロン・エルキンズ スティーヴン・キング キャロリン・G・ハート ドン・ウィンズロウ デイヴィッド・ハンドラー ジョージ・P・ペレケーノス マイクル・クライトン ジョアン・フルーク ローラ・チャイルズ ジョー・R・ランズデール C・J・ボックス ポーラ・ゴズリング ヘニング・マンケル レジナルド・ヒル ジェフリー・ディーヴァー エド・マクベイン ピーター・ラヴゼイ カール・ハイアセン ジェイムズ・パタースン ローレンス・ブロック パーネル・ホール ジル・チャーチル ジェームズ・パターソン S・J・ローザン D・M・ディヴァイン リチャード・マシスン リリアン・J・ブラウン スチュアート・ウッズ ジャネット・イヴァノヴィッチ レスリー・メイヤー ローラ・リップマン レックス・スタウト ジョルジュ・シムノン ジョー・ゴアズ ウィリアム・カッツ マーガレット・ミラー クレオ・コイル ジャック・カーリイ アリス・キンバリー マーシャ・マラー アイザック・アシモフ カーター・ディクスン ヒラリー・ウォー ジョン・ディクスン・カー コリン・ホルト・ソーヤー ルイーズ・ペニー エド・ゴーマン マイケル・ボンド ジェフ・アボット ウィリアム・L・デアンドリア G・M・フォード ジェームズ・ヤッフェ イーヴリン・スミス ロブ・ライアン ポール・ドハティー リタ・メイ・ブラウン フレッド・ヴァルガス キャロリン・キーン アン・クリーヴス オーサ・ラーソン クリスチアナ・ブランド ジョアン・ハリス リン・S・ハイタワー デイヴィッド・マレル サイモン・カーニック スタンリイ・エリン ケイト・ロス ウイリアム・P・マッギヴァーン ジャン=クリストフ・グランジェ レニー・エアース ジョン・クリード ダナ・レオン ドナ・アンドリューズ ファーン・マイケルズ エヴァン・マーシャル コニス・リトル レイ・ハリスン アンドレア・カミッレーリ アンソニー・ホロヴィッツ ジャック・フィニイ ユージン・イジー ビリー・レッツ リック・ボイヤー ウィリアム・ランデイ サキ イーサン・ブラック ジェーン・ラングトン エーリヒ・ケストナー ウォルター・モズリイ ウォルター・サタスウェイト ポール・ドハティ スタンリー・エリン トバイアス・ウルフ 

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

RSSフィード

最近のトラックバック

最近のコメント